fc2ブログ
HOME>    翡翠

18%グレーカード



0530起床、曇り。
予報では午前中は晴れ間が出て、午後は曇り、夕刻には雨になるかもとのこと。
今日は、先日入手したグレーカードを使ってマニュアルホワイトバランスを取得し、撮影に臨む。
なかなか雲が取れず、明るくならない。
朝の連ドラが始まったころ、やっと晴れ間が広がってきた。
0755、出撃。

撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
画像はクリックで1500x1000pix表示。

0805、河原現着。
    まずはホワイトバランスを取得。
    使用したのは

2012022262.jpg
    厚紙の1面を灰色に塗っただけのカード、これが1000円以上する(^^;)
    D3の場合、WBにPREを選択した後、WBボタンを長押しすることで、取得モードに入る。
    グレーカードをレンズの前にかざしシャッターを切れば完了。

0834、♀3飛来。

NIKON D3+AFS NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:5.0 絞り優先AE ISO:400 EV±0 スポット測光 焦点距離(mm),600.0
2012022201.jpg
0839、2番から4番へ枝写り。
    飛び出し連写3枚中1,2枚目合成。

SS:1/3200 EV-0.67
2012022204.jpg
    3枚目。
2012022205.jpg
    4番枝からダイブし、Mサイズのお魚をゲット。
    飛び出し連写3枚中の1枚目。

SS:1/1250
2012022209.jpg
    2,3枚目合成。
2012022211.jpg
    離水1番枝戻り3枚中の1枚目。
SS:1/1600
2012022212.jpg
    2,3枚目合成。
2012022214.jpg
    完食後水浴び1回、対岸へ。

0940、♀3飛来。

SS:1/3200
2012022215.jpg
0944、下流水路側にダイブし、Lサイズのお魚をゲット。
    離水連写3枚。

SS:1/2500
2012022217.jpg
2012022218.jpg
2012022219.jpg
    1番枝で完食後、対岸へ。

1002、♀3飛来。
1003、2番枝からダイブしてMサイズのお魚をゲット。
    2番枝飛び出し連写2枚合成。

SS:1/4000
2012022222.jpg
    離水1番枝飛びつき連写7枚中の1枚目。
SS:1/2500
2012022224.jpg
2~4枚目合成。
2012022225.jpg
5~7枚目合成。
2012022230.jpg
SS:1/2000
2012022231.jpg
    完食後、下流へ飛び去った。

1015、ダイサギがお魚5匹を同時ゲット。
    このうち3匹落とし、2匹を食べた。
    嘴を突っ込めばこのくらい捕れる、それほどお魚が多いということだ。

2012022232.jpg
1051、カメラマン席頭上の桑枝にムクドリがパーチ。
    写距離約5m、ノートリ。

2012022233.jpg

1100、急に雲が増え、青空は隠れてしまった。

1138、♀3飛来。随分と間が空いたなぁ。
1143、2番枝からダイブするも採餌失敗。
    飛び出し連写3枚中の1,2枚目合成。

SS:1/3200
2012022235.jpg
    3枚目。
2012022237.jpg
    離水連写3枚。
SS:1/2000
2012022239.jpg
2012022240.jpg
2012022241.jpg
    水路枝にパーチ。
SS:1/2000
2012022244.jpg
1144、ダイブするも採餌失敗。
SS:1/2000
2012022245.jpg
SS:1/1250
2012022246.jpg
1148、下流橋下にダイブし、Mサイズのお魚をゲット。
SS:1/2000 F:5.0
2012022247.jpg
    下流コースロープで完食後、2番枝へ。
    飛びつき。

SS:1/4000
2012022248.jpg
1150、Mサイズのお魚をゲット。
    離水連写3枚。

SS:1/2500 F:5.6
2012022249.jpg
2012022250.jpg
2012022251.jpg
    1番枝で完食後、対岸へ。

1220、♀3飛来。
1226、ダイブするも採餌失敗。
    離水連写7枚中の3,4枚目。

SS:1/3200
2012022254.jpg
2012022255.jpg
1229、採餌していないのに対岸へ。

1237、♀3飛来。2番枝飛びつき。

SS:1/2000
2012022257.jpg
    水路枝にパーチ。
SS:1/1250
2012022258.jpg
1237、水路枝からダイブしてMサイズのお魚をゲット。
    離水連写2枚。

SS:1/2000
2012022259.jpg
2012022260.jpg
SS:1/1250
2012022261.jpg
1238、水路枝からダイブしMサイズのお魚をゲット。
    そのまま対岸へ持ち去った。

    空はどんどん雲が厚くなり、暗くなってきた。
1250、本日の撮影を終了し撤収。

グレーカードを使用してのマニュアルホワイトバランス・・・
う~ん、その違いが判らない(^^;)
太陽高度、被写体の位置、光の当たり方等々、ホワイトバランスは常に変化する。
屋外で野鳥を撮影する場合は、AWBを使用するのが無難のようだ。

しかしながら、「わからん!」では済まされないので・・・

AWB と MWB の画像を比較してみる。
まずは晴天時。

231_3288AWB.jpg
左側の「AUTO」では色温度は5K。
自動の方が若干寒色系で、マニュアルの方が実際の見た目に近い。

次は曇天時。

231_3375AWB.jpg
これははっきりとした差が出た。
曇天ですっきりしないはずなのに、自動の方はまるで晴天のよう。
マニュアルの方は、明らかに「曇り空で~す!」という色をしている。

つまり、フィールドでもグレーカードを使ってのWB取得はそれなりに効果がある、ってことなのか?
本来は、グレーカードを翡翠の横に置いて、「はい、目線ちょーだいね~♪」と言いながら撮るのが正しい撮り方。
でも、光線の具合が大きく変わらないのであれば、今日のような取得法でも問題ないのかもしれない。

明日の予報は終日雨。以前ならテントを張って撮影したものだが、明日はお休み(笑)




※資金運用状況(閲覧希望者はパスワードを請求して下さい。)
2/22 ¥10,490
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://duck29.blog57.fc2.com/tb.php/667-b4594735

コメント

おお深みのある色だなあと感心していたら、管理人自ら
「違いが分からない」と聞いてガックリ…。気分的なもんですか。
いい色だとおもいますけど。
WBは取得するものじゃなくて、記憶から自分で再現するものだと
いうのをどこかで読みました。わかるような分からんような。
センセ、こんばんは~
色の世界は深いですなぁ(どちらの色も)(^^;)

「記憶色」というのがありますよね。
だっくなんて、帰宅したらもう、色なんか忘れちまってます。記憶にありません!(^^;)
こんばんは
なるほど~AWBとMWBの違いが良く分りました~
してみると、ホワイトバランスって大事なんですね~
これで、最近の画像が安定している秘密が1つ分りました~

えっ?明日は何ですって?聞こえませんでした…^▽^
鳥飼人さん、こんばんは~
RAW撮影していれば、WBは後で何とでもなります。
でもそれが大変なんです。
WBの組み合わせは無限にあるといっても過言ではありませんからね~。
というわけで、撮影現場で適正WBが取得出来るのであればこれに越したことはありませ~ん。
明日・・・雨ですよ、一日中。
テント張ってやりますかね(。_・☆\ バキ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】