FC2ブログ
HOME>    翡翠

ついに寿命?

0500 起床、曇り。
01004KT 8000 FEW015 BKN025 BKN045 14/12 Q1009 1CU015 5CU025 5SC045
    北の風4kts、指定8,000m
    雲量1/8、雲高1,500ftの積雲 雲量5/8、雲高2,500ftの積雲
    雲量5/8、雲高4,500ftの層積雲
    気温14℃、露点温度12℃ 気圧1,009Hp
    霞橋水位計:67.04m

    昨夜の段階での予報では今日は晴れのハズだった。
    このところ、天気誤報ばかり。

0545、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0550、河口現着。

第1ラウンド(0616~0618)
    かっぱくんが飛来して2回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

1
2021033101.jpg
2
2021033102.jpg
3
2021033103.jpg
4
2021033104.jpg
5
2021033105.jpg
6
    かっぱくん、2尾目は給餌咥えし、本流上流へ飛び去った。
2021033106.jpg

第2ラウンド(0620~0629)
    ♀が飛来して3回ダイブし、小魚x3尾をゲット。

7
2021033107.gif
8
2021033108.gif
9
2021033109.gif

第3ラウンド(0642~0643)
    かっぱくんが飛来して3回ダイブし、小魚x1尾をゲット。

10
    嘴には土が付着している。
    巣穴、まだ完成していないのか?

2021033110.jpg
11
2021033111.gif
12
2021033112.gif
13
    自分はまだ1尾も食べてないのに、給餌咥えして霞上流へ飛び去った。
2021033113.jpg

第4ラウンド(0705~0707)
    かっぱくんが飛来して2回ダイブし、小魚x1尾をゲット。
    かっぱくんはその1尾も、給餌咥えして本流上流へ運んでいった。

第5ラウンド(0735~0747)
    かっぱくんと♀が飛来。
    かっぱくんは2回ダイブして小魚x1尾をゲットし、すぐに霞上流へ飛び去った。
    ♀は12回ダイブし、小魚x2尾と海老x1尾をゲット。

14
2021033114.gif
15
2021033115.gif
16
    かっぱくんが居なくなると、別♂がちょっかいをだしに来る。
2021033116.jpg
17
2021033117.jpg
18
2021033118.jpg
19
2021033119.jpg
20
2021033120.jpg
21
    あんまりしつこいと嫌われるんだけどね。
2021033121.jpg
22
2021033122.jpg

第6ラウンド(0813~0821)
    かっぱくんが飛来して5回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

23
2021033123.gif
24
2021033124.gif

第7ラウンド(0836~0839)
    かっぱくんが飛来して3回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

25
2021033125.gif

第8ラウンド(0851~0901)
    ♀が飛来して5回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

26
2021033126.gif
27
2021033127.gif

0915、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
合流点付近に現れたクイナ
ちょっと遠すぎるよ。

28
2021033128.jpg
29
2021033129.jpg

今日は交尾も給餌もなく、特異な事象は無かった。

いや、有った。

2021033130.jpg

何のことは無いごく普通の画像だが・・・
最下部が黒くなっている。
これはおそらく、シャッタースリットの動作とCMOSの画像転送が同期していないのだろうと思われる。
また今日も、連写画像の明るさが一定にならず暴れた。
原因はシャッタースリットの通過時間(つまりSS)が一定で無いためだろう。

帰宅後、シャッター時間の計測をしてみた。
高速連写時、シャッター時間は0.080~0.086秒、不安定な状況だった。
シャッター速度のブレは、およそ±30/1000程度、つまり誤差が±3%もあることになる。
簡易計算なので正確ではなく、実際にはもっと大きいかも。

D4Sを購入してから7年が経過し、シャッター回数は135万回を超えた。
約40万回のときにオーバーホールをしたので、それから95万回、整備することなく使用してきた。
これはさすがにちょっと・・・・D4Sにもキツかったかも。
ついに・・・寿命か?

ここで今後どうするかの選択肢は2つ。
1 D6 に買い換える(下取りを考慮しても約60万円の出費)
2 D4Sをオーバーホールする(約8万円の出費)

自分の技量、欲求その他熟考し、2を選択。
今オーバーホールしておけば、まだ5年以上使えるだろう。

明日は所用のため、鳥撮りはお休み。
関連記事

コメント

だっくさん、こんばんは
今日は給餌交尾が無く、ちょっと残念でしたね
恐らく近場でやっていると思うのですが2羽のタイミングが悪いんですかね
最下部が黒い・・、これ言われないと絶対分かりませんね、他の画像にもありましたか?
選択肢ですが、D5はダメなんですかね?D6が出たのでちょっと安いカモ?
明日は桜カワセミ狩りでお休みしますね~
ASKさん、こんばんは。
どうも新機材には食指が動かなくて・・・
翡翠撮影を止めるまで、D4Sで行くつもりです。
いまO/Hしておけば、暫くは大丈夫でしょうし。
私も明日は超多忙でお休みです。
95万回…気が遠くなる数ですね。ノーメンテでこれだけ動く。
ニコンの良心を感じます。
α7Ⅲは1万回から5万回で幕が破損する事例が多発し
集団訴訟になっているというのに!!
いやはや、恐れ入りました。
ニコンはカメラ事業を止める確率が最も低い企業と思われますので
このまま使い続けられますね。
センセ、こんばんは。
NIKONでは、D4以前の機種についてはメンテナンスの対象外となりました。
ということは、D4Sもあと2年以内には対象外・・・
ということで今回が最後のO/Hとなります。
これ以降100万回頑張ってもらわねば!(^^ゞ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】