FC2ブログ
HOME>    翡翠

ボウズ雨

0410 起床、雨。
VRB01KT 9000 -SHRA FEW004 SCT009 OVC012 20/19 Q1012 2ST004 3ST009 8CU012
    風弱く風向不定、視程9,000m 雨
    雲量2/8、雲高400ftの層雲 雲量3/8、雲高900ftの層雲
    雲量8/8、雲高1,200ftの積雲
    気温20℃、露点温度19℃ 気圧1,012Hp
    霞橋水位計:67.15m

    予報では雨脚は次第に強まるとのこと。
    下層雲ベッタリで雨、こんな日は出撃したくない・・・(T^T)

0510、出撃。
    現像して2100x1400pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0515、河口現着。
    もちろん誰も来ていない。
    翡翠も来ていない。
    大型パラソル1基設営してスタンバイ。

0618、本流上流から下流に向け翡翠通過。

0733、合流点に幼鳥2羽飛来、すぐに本流下流へ。

0735、本流上で幼鳥がホバリング、ダイブせず水際の流木へ。
0736、幼鳥別個体も流木に飛来。
    写距離約90m

1
2020071801.jpg
    この後1羽は本流上流へ。
    もう1羽は眼前を通過して霞上流へ。

2
2020071802.jpg

0750、合流点に幼鳥飛来。
    本流でホバリングを繰り返していた。
0755、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0804、本流上流から下流に向け翡翠2羽追尾通過。

0805、合流点に幼鳥が戻ってきたが、暫くしパーチしていたものの本流上流へ飛び去った。

0825、釣り人が合流点にやってきたが、糸を垂れるわけでもなくフィールド内をウロウロ。

0830、本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
上空を通過するカワウ

2020071807.gif
ササゴイ
SS:1/2500 F:5.6 ISO:3200 EV±0
2020071803.jpg
D4Sでは、ISOはせいぜい1600までだが、暗かったので3200まで上げた。
サムネイルではノイズの状態はよく判らないので、顔の部分を拡大。

2020071804.jpg
写距離は約12mと近いのに、目の部分はピン甘のように見える。
これをTopaz DeNoise AIでノイズ処理すると・・・

2020071804N.jpg
暗部があまり無い画像なのでノイズの減少は判然としないが、目の部分を見ると・・・
潰れていた眼球輪郭線が復活しているのが判る。
このTopaz DeNoise AIを使うことにより、今までは諦めていた「ISO:3200」が使えそうだ。

結局雨は降り止まず、河口の水位は上昇中。
雨、そしてボウズ・・・(T^T)

さて・・・午後は何をしようか。

このところ、ロードスターのオーディオの調子がイマイチ。
BOSE SoundSystemを搭載しているのだが、ドアスピーカの音にビビりが発生している。
ヒマなので、ドア内張を外してスピーカーの状況を確認し、可能であれば修理してみよう。

予想する原因は、コーン紙のスピーカフレームからの剥離。
そうであれば、スピーカを取り外し、コーン紙とフレームを柔軟性のある接着剤で接着すればいい。

まずはドアの内張剥がし。
ロドスタのドアは、3本のカークリップと3本のネジ(ボルトx2、タッピングスクリューx1)で固定されている。

2020071821.jpg
ドライバーさえ有れば、簡単に取り外すことが出来る。

ドアスピーカは4本のタッピングスクリューで固定されている。

2020071822.jpg
スピーカケーブルのカプラを外してドアからスピーカを取り外す。
2020071823.jpg
コイル部の剥がれ、外れの有無を確認、問題無し。
2020071824.jpg
あらまぁ、国産車なんだけどスピーカはメキシコで組み立てられたんだね~。
次に、コーン紙とフレームの接合部を確認。

2020071825.jpg

2020071826.jpg
う~む・・・問題は無いようだ。

となると原因は?
原因不明のまま、全てを元通りに組み上げて作業完了。
電源をオンにしてCDを再生してみると・・・
ありゃ?
左ドアスピーカのビビり音は無くなってるようだ。
ひょっとすると、スピーカ取り付け用タップスクリューの締め込みが甘かったのかも。
右側のドアも確認すべきなのだが、すっかりやる気を無くして作業終了(^^;)

ロードスターは、ドア内部に侵入した雨水でスピーカのコーン紙がボロボロになりビビり音が発生する・・・というのが「あるある」なんだけど、我がロドスタのスピーカは雨水の影響を全く受けていなかった。

全ての家事、階段トレーニングも終えたので、いつものように異機種編隊飛行訓練。

2020071832.jpg

2020071831.jpg
リーダー(H-125)はウイングマンのことを何も考えてくれず、合図も無しにGearDown その他諸元を変更するので、ついていくのがやっと(^^;)


明日の予報は終日曇り。
梅雨はまだまだ明けそうにない。
関連記事

コメント

こんにちは、だっくさん
ここに来れば多かれ少なかれ、可愛い幼鳥に遇える率が高いです。
Topaz DeNoise AIは勉強になります~ノイズ処理半端ない!
ロドスタの故障、良くなって良かったですね~
だっくさんは、ホビーの天才だ~っ!
鳥飼人さん、こんばんは。
今日は一人静かに幼鳥三昧・・・という腹づもりだったのですがねぇ・・・
見事に振られました。
雨脚は次第に強まり、釣り人にも邪魔をされ、モチベフルダウンでの撤退でしたよ。
こんな日は他の事で気を紛らわさねばと、ろどすた遊びでした。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】