FC2ブログ
HOME>    翡翠

令和2年後半戦スタート

0355 起床、雨。
31004KT 5000 -SHRA BR FEW004 SCT006 BKN010 22/22 Q0999 1ST004 3ST006 5CU010
    北西の風4kts、視程5,000m 雨及び靄
    雲量1/8、雲高400ftの層雲 雲量3/8、雲高600ftの層雲
    雲量5/8、雲高1,000ftの積雲
    気温22℃、露点温度22℃ 気圧999Hp
    霞橋水位計:67.24m

    う~ん・・・やっぱり水位は下がらなかった。
    というより、昨夜より15cmも上がっとるやん!
    これじゃ復旧は不可能。
    ということで、LINEで知らせて二度寝。

0500、再び起床、曇り。
    どうしようかね。
    もう、掃除するところなんて殆ど無いよ。
    あるとすれば・・・洗濯機の分解清掃くらいか?

0550、あまりにも退屈なので、ちょいと様子見に河原へ。
    現像して2100x1400pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0555、河口現着。
    当然のことながら、フィールドの復旧作業は不可能。
    1,2番枝にはゴミが絡まったまま。

0702、本流対岸ブロックに幼鳥飛来。
    幼鳥はブロックから水浴び6回ののち、本流上流へ飛び去った。

0710、1番枝に幼鳥飛来。
    参ったなぁ・・・テレコン付けっぱなしだった・・・(T^T)

1
2020070101.jpg
2
2020070102.jpg
0711、1番枝陰の水際にダイブしてエビをゲットし、水際の石へ。
    AFがメチャ遅くて、全く撮れず(T^T)

3
2020070103.jpg
0712、幼鳥は再び1番枝へ。
4
2020070104.jpg
5
2020070105.jpg
6
2020070106.jpg
0714、また1番枝陰にダイブしてエビをゲット。
7
2020070107.jpg
8
2020070108.jpg
    1番枝着時、足を滑らせて顎を強打。
9
2020070109.jpg
10
2020070110.jpg
11
2020070111.jpg
    また1番枝陰にダイブ、採餌失敗して2番枝へ。
12
2020070112.jpg
13
2020070113.jpg
0715、水際にダイブしてエビをゲット。
    テレコン装着のため、ピントが全く戻って来ない(T^T)

14
2020070114.jpg
15
2020070115.jpg
    幼鳥は堰下ブロックへ。
0717、下流ブロックへ。
    そしてその後、本流下流へ飛び去った。

0729、♂が合流点の柳に飛来。
0733、本流上流から幼鳥2羽飛来、1羽は0番枝へ、もう1羽は0番枝下のブロックへ。
    ブロック手前の草被りでピントも合わず。

16
2020070116.jpg
17
2020070117.jpg
0734、ブロックの幼鳥は0番枝へ。
    そしてすぐに、2羽は下流のブロックへ。

18
2020070118.jpg
19
2020070119.jpg
20
2020070120.jpg
21
2020070121.gif
22
2020070122.jpg
0737、合流点の流木に♂飛来。
0739、ブロックの幼鳥2羽、合流点の流木へ。

23
2020070123.jpg
24
2020070124.jpg
    一番左橋が♂成鳥。
    この時、合流点の柳の木にも翡翠飛来(たぶん成鳥)。
    ということで、この瞬間、フィールドには4羽の翡翠が居た。

25
2020070125.jpg
0748、幼鳥1羽は本流対岸へ。
    残る2羽は下流ブロックへ。

26
2020070126.gif
27
2020070127.jpg
28
2020070128.jpg
29
2020070129.jpg
30
2020070130.jpg
0749、本流下流から別の翡翠2羽、霞上流に向け通過。
0752、下流ブロックの幼鳥は本流上流へ。
    直後、♂成鳥も本流上流へ飛び去った。

0802、合流点の柳に幼鳥2羽飛来。
0804、柳から1羽が飛び出し、もう1羽が追尾。
    先に出た幼鳥、水遁の術で追尾をやり過ごし、2羽ともに水路方向へ飛び去った。

31
2020070131.gif

0809、下流ブロックに♂成鳥飛来。
0812、♂は水浴び4回の後、本流下流へ飛び去った。

0900、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
イソシギ

32
2020070132.jpg
33
2020070133.jpg


まさか、いきなり至近枝に飛来するとは思わなかった・・・
そのためテレコン(x1.4)を装着したまま・・・
光量不足の環境下でテレコンを装着すると、AFの速度はガタ落ちになる。

その後テレコンを取り外したら・・・
今度は翡翠達は遙か彼方の合流点付近に飛来するばかり。
う~ん、またまた裏目に出た。

それでも、こんな状況で翡翠を撮影出来ると思っていなかったので・・・うれぴぃっ!(^^;)
令和2年後半戦初日は、まずまずの成果。
至近ダイブは全く追尾出来ずだけど、それはテレコンのせいにしておこう。

明日の予報は日中は晴れ。
久々の「梅雨の晴れ間」だ。
しかし今夜半から明日の明け方にかけ、強い雨雲が通過しそうだ。
おそらく、明朝のフィールド復旧作業も諦めねばならないだろう。
関連記事

コメント

だっくさん、こんにちは👋😃
あまり期待せずに出撃したのに、終わってみれば大量撮影~
まさか幼鳥が~と思いましたが、実際の画像を観て得心~
可愛らしい幼鳥の至近止まりモノも良いですし~止まり損った
枝のシーンも良かったです。この記事を観て、明日は大勢の
カメラマンが河口に集まる事でしょう。でも復旧作業無しは
寂しいですね~明日はお天気も良さそうと言うのに~
あまりの嬉しさに、イソシギをイカルチドリと間違えてる(^^:)
鳥飼人さん、こんばんは。
人間、欲を持ってはいけない、ただ無心で待てば良い、ということなのでしょう。
来るものは来るし、来ないものは来ない、ただそれだけです。

ん?イソシギ?
あ・・・スズメの仲間でしたっけね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】