FC2ブログ
HOME>    翡翠

辛うじて

0440起床、概ね晴れ。
22004KT 200V260 9999 FEW030 SCT150 05/M01 Q1012 1CU030 4AC150
    南西の風4kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量4/8、雲高15,000ftの高積雲
    気温5℃、露点温度氷点下1℃ 気圧1012Hp
    霞橋水位計:+5cm

    霞橋の水位計が、やっと平常値に近づいた。

    昨日は止まり木に1回飛来したのみ、ボウズを喰らった。
    今日も何だかヤな予感が・・・(^^;)

0600、出撃。
    現像して2100x1400pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0605、河口現着。
    先着の3名がフィールドの準備を整えていた。

    今日は川の中程に止まり木1本を増設。
    枝の呼び名を、下流から順に1~5番とすることにした。
    このため、従来の4番枝は3番枝に、対岸枝は5番枝と名称変更。

2019031601.jpg
0650、5番枝にBiBi太郎飛来。
2019031602.jpg
0651、直下水溜まりにダイブし、水棲昆虫をゲット。
    その後はノンビリ休憩。

2019031603.gif
0701、BiBi太郎は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0721、本流上流から霞上流に向け翡翠通過。

0722、霞上流から5番枝に翡翠飛来、すぐにまた霞上流へ。

0728、霞上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0734、下流右岸ブロックにBiBi太郎飛来。
0737、ダイブしてLサイズのお魚をゲット。

2019031604.jpg

2019031605.gif

2019031606.jpg
0744、ブロック陰にダイブして特大サイズのお魚をゲット、5番枝へ。
2019031607.jpg
    10cm近くある大きなお魚・・・食べられるんだろうか。
    この後BiBi太郎はこのお魚を咥えたまま、霞上流へ飛び去った。

0749、霞上流から本流対岸ブロックへ、翡翠2羽通過。
    この後1羽は本流上流へ、もう1羽は下流へ飛び去った。

0800、下流右岸ブロックに別個体飛来。

2019031609.jpg
0801、ダイブして小魚をゲット。
2019031608.gif
0802、下流右岸ブロック付近でホバリング、ダイブせず。
0803、別個体は本流上流へ飛び去った。

0804、本流対岸ブロックにBiBi太郎飛来。
    BiBi太郎、すぐに1番枝へ。
    ここからテレコンTC14Ⅲ使用。

2019031610.jpg
0805、2番枝へ。
2019031611.jpg
0806、3番枝へ。
2019031612.jpg
0807、小魚2尾同時ゲットして2番枝へ。
2019031613.jpg

2019031614.jpg

2019031615.jpg

2019031616.jpg

2019031617.jpg

2019031618.jpg
    あ!1尾落下。
2019031619.jpg

2019031620.jpg
0809、小魚をゲット。
    離水~2コマ、ピンボケ没。

2019031621.jpg

2019031622.jpg

2019031623.jpg

2019031624.jpg

2019031625.jpg

2019031626.jpg
    あ!
    また落っことしちまった!

2019031628.gif
0817、霞上流から本流上流に向け別個体通過。
    BiBi太郎迎撃、本流上流へ。

0838、5番枝にBiBi太郎飛来。
    TC14Ⅲを取り外し、500mmで撮影。

2019031635.jpg
0839、下流右岸ブロックに別個体飛来。
2019031636.jpg
0840、BiBi太郎スクランブル発進。
    2羽は本流上流へ飛び去った。

0848、対岸土手越えで翡翠飛来、霞上流へ。

0907、対岸土手越えで翡翠飛来、U-ターンして再び本流上流へ。

0923、5番枝にBiBi太郎飛来。

2019031637.jpg
0926、対岸土手の枯れ枝へ。
    巣穴掘り・・・までは至らず。

2019031638.jpg

2019031639.jpg

2019031640.jpg

2019031641.jpg

2019031642.jpg
0927、BiBi太郎は霞上流へ飛び去った。

0959、下流右岸ブロックにBiBi太郎飛来。
1006、ブロック付近で2段ホバリング、ダイブせず。

2019031643.gif

2019031644.gif
1010、ホバリングの後採餌失敗、河床の石へ。
    そしてすぐに本流下流へ飛び去った。

1011、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

1020、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
1番枝にパーチするヒヨドリ。TC14Ⅲ使用。

2019031630.jpg
コジュケイ親子
2019031631.jpg

2019031632.jpg

2019031633.jpg

2019031634.jpg

昨日よりはマシとは言え、今日もパッとしなかった。
辛うじてボウズを免れた・・・そんな感じ。

N氏からTC14Ⅲをお借りして使用してみたが、取り付けた状態でのピント微調整を行う必要があるようだ。

明日の予報は終日晴れ。
花粉飛ぶ飛ぶ~(T^T)
関連記事

コメント

新しい枝の番号、いま暗記中です(笑)
昨日よりは幾分上向いたんですね。丸坊主って滅多になかったですよね。
将軍様と親分のW効果はすごいモノがあります。
ロクヨンはテレコンつけると扱いがタイヘンですけど、ゴーヨンやヨンニッパは
いいかもしれませんね。
だっくさん、こんにちは
今日は辛うじてのダイブでしたね、川には3Lサイズのお魚が
ウヨウヨ出始めたので、これからの動きが予想できないです
ただ救いは別個体が明らかに混ざっているのでタイミングよく
来て欲しいものですね
センセ、こんにちは。
昨日よりは「マシ」なだけで、決して「上向き」ではないような・・・(T^T)
例年、春から初夏にかけては厳しい鳥撮りとなり、転戦、流浪の旅が始まるんですよね・・・
テレコンはAFに影響ないと思っていたのですが、やはりAF微調整が必要のようです。
ASKさん、こんばんは。
あんなデカいの食われたら・・・手も足も出ませんよね。
当方の食堂では猫も見向きもしないような料理しか提供していませんしねぇ(^^;)
それよりも、そろそろペアリングに精を出してもらわんことには・・・。
こんばんは、お疲れ様でした。
ゴーヨン+テレコン絶賛キャンペーン中の私です(^^;
ゴーヨン単体でもキレが良いのでトリミングしても全然OKですが、700mmで撮れた時は自己満足度がアップします。
AF微調整とのことなので、バッチリ決まると良いですね。
春から初夏は覚悟しておく必要がありそうですね。
KTYMさん、こんばんは。
残業組にはまたしても大きなプレゼントが・・・と期待したのですが、邪魔が入ってアウトだったんですね(T^T)
これから暫くは厳しい季節に突入しますので、情報収集して転戦も有りと思いますよ。
じつは、だっくさんがクルマを動かした瞬間に河口ブロックに飛来したんですよ。
そして、そこでダイブしてから2番枝に来たのでショータイムが始まるはずだったんですが・・・(^^;
別個体とBiBiの登場タイミングがズレることを願っておきます。
きーじぇいさん、あらら・・・そうでしたか。
誰かが帰ると翡翠が来る・・・そんなことが不思議なくらい有るんですよね(^^;)
別個体とのバッティング、これはもう手の施しようがありません。
同時に2羽を見ることが出来た!と喜びましょう(^^;)
だっくさん、こんにちは
どちらかというと、だっくさんの早帰りは正解と言っていいでしょう
ビビが来た時は、そうは思わなかったんですけどね~(角曲がり)
終わってみれば、カメラは無駄撃ち八王子でしたよ。
このところ、隔日で爆発が起きているような気がします
明日はダメと言う事ですが~老体に鞭打って出撃します。
鳥飼人さん、こんばんは。
私の「撤収、見切りの判断」は、その日の飛来状況を勘案してのものではないのです。
要するに自分が「疲れた」、または「帰宅後に所要がある」かどうかで決めています。
ということで、「だっくさんが帰った後ね~!」ということが度々発生するのはやむを得ません。
でも・・・結構高打率ですよね(^^;)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】