FC2ブログ
HOME>    日記

主夫奮闘記(浴室編その2)

浴室床部分の白斑については主夫奮闘記(浴室編)で状況及び処置をお伝えした。
それで作業は完了するハズだったのだが・・・
その白斑は床だけではなく、浴槽飾り板にまで及んでいた。

見ない振りをすれば良かったのだが・・・
それが出来ないきまじめな私・・・バキッ!!☆/(x_x)

浴室はこんな感じ。

bath005.jpg
このグレーの飾り板がかなり傷んできたのだ。
取り外しは、ネジ2ヶ所を緩めるだけ。

bath001.gif

取り外して磨いて塗装すれば完了!
簡単\(^o^)/
まずは取り外した飾り板を洗浄、乾燥。
そして脱脂して塗装。
もともとグレー(素材色)なんだけど、我が家にはグレーの塗料は無い。
有ったのは茶色。
んじゃ、茶色でもOKじゃん!

ということでとりあえず塗装してみた。

bath002.jpg
ラッカースプレーをサッと一拭き・・・じゃ塗れないんだよね。
天気の良い日に、2時間くらい間を開けて4回重ね塗り。

bath013.jpg
無風状態を確認し、丁寧に丁寧に塗装。
bath014.jpg

bath015.jpg
塗装後の表面をよく見ると・・・
スプレー噴射孔から噴霧された塗料が「ダマ」となって・・・

bath017.jpg
これは噴霧直後に糸状になって塗装面に吹き付けられたもの。
bath018.jpg
これをすぐに拭き取るのは禁物。
とにかくこの状態で3日間乾燥させた。
そして、1000番及び1500番の耐水ペーパーで水研ぎ。


更に2日間乾燥待ち。
乾燥したら、フッ素クリアコート塗装。

bath023.jpg

これで24時間乾燥させれば作業完了。
と言いたいところだが、フッ素クリアコートスプレーでは光沢は出ない。
ということで、更に2日間乾燥させ、7500番及び9800番のコンパウンドで仕上げ研磨。



以上で飾り板の修復再塗装作業は完了。
さっそく取り付けてみる。

bath024.jpg

う~ん・・・
やっぱり、オリジナルのグレーの方が合ってるみたいだなぁ・・・
果たしてカミさんは何て言うか・・・
塗り直しだと・・・また2週間近くかかるんだけど・・・汗(^^;)
関連記事

コメント

なかなか高級感のある感じでイイと思います。
ピアノブラックも合いそうですね。僕なら梅の香巻の
カッティングシートを貼ります(爆)
こういうの楽しいです。リフォーム業者に頼むと
えらいお金がかかりますものね。
センセ、こんばんは~。
自前リフォーム、出来はどうでもいいんです(いや、出来も大事ですが)。
要するに、その時間を如何に楽しむか、そこがポイントなんですよね~。
で、これを赤の他人に依頼されたら・・・
やっぱり、普通のリフォーム業者さん並みのお値段を請求すると思います(^^;)

※カミさん、色の違いに気付きませんでした・・・違和感無しってことなんでしょうかね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】