FC2ブログ
HOME>    日記

温泉旅行初日

帰省間、9月19~21日の2泊3日、母、姉、姪と4人で温泉旅行に出かけた。
初日は 実家→余市ニッカウヰスキー→ニセコ温泉

まずは余市のニッカウヰスキー酒造見学。
ここはNHK朝ドラ「まっさん」で一躍有名になったニッカウヰスキー醸造所で、現在も酒造所として稼働中。
敷地内は整然と整備され、観光客への展示に驚くほどの力を注いでいた。

細かな説明は・・・よく解らないので、とりあえず画像の列挙。
2018091928.jpg
RITA HOUSE は奥様のリタさんのお部屋と思われがちだが、実際にはうぃすきー作りの研究室として使われていたとのこと。
2018091919.jpg
創業者の「まっさん」こと、竹鶴政孝氏の像。
2018091920.jpg
石炭による直火炊きで上流釜を暖めている。
これは世界でもここだけなんだって。石炭で加熱することで、より重厚でこくのある原酒が出来るんだそうだ。
蒸留とは、水とアルコールの沸点の差を利用して、アルコールと香味成分を取り出す作業のことで、この工程を2度行いモルトを作る。

2018091914.jpg
出来上がったモルトは樽詰めされ、ひたすら熟成。
モルト(原酒)は、最初は無色透明で、熟成されることによりあの「ウィスキーの琥珀色」になるんだって。

2018091921.jpg
醸造所内の展示用施設と、とってもシックなバー。
こんな雰囲気のところでじっくりと飲みたいよね。

2018091923.jpg

2018091926.jpg

2018091925.jpg
観光施設のメインの建物。
ここでは皆さん期待の「無料試飲」が出来る。

2018091927.jpg
平日にもかかわらず、観光客で溢れていた。
試飲所は大勢の観光客で賑わい、もの凄いペースで大量のウイスキーが消費されていた。

2018091907.jpg
すっごく良い香りがするので飲みたかったんだけど・・・
ドライバーなので飲めず(涙)

醸造所を後にして、今夜の宿、ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の笙 へ。
宿の詳細は公式ホームページを参照されたい。
宿泊プランは「温泉露天風呂付きスイート、特選和食膳」を選択。

とりあえず部屋の様子をざっと紹介。
ドアを開けると長い廊下。
一番奥はトイレ、その手前はクローゼット等。

               2018091951.jpg
リビングルーム。広さは10畳ほどだろうか。
2018091944.jpg

2018091945.jpg
ベッドルーム
こちらも約10畳ほどの広さ。

2018091943.jpg
パウダールーム
浴衣だけではなく館内着その他、アメニティグッズも良く整えられていた。

               2018091946.jpg
温泉露天風呂
               2018091947.jpg
広さは、2人でゆったり入れる程度。
残念なのは眺望。目の前は原生林で、他に何も見えない。
ここから羊蹄山が一望出来る・・・んだったら最高なんだけどねぇ。

2018091948.jpg

食事は館内の食事処で。
メニュー

2018091929.jpg
料理はとっても美味しく、約2時間かけて完食、大満足。
2018091931.jpg
2018091935.jpg
2018091939.jpg

館内にある大浴場は・・・それほど大きくもなく、ごく普通の温泉、という感じ。
部屋の露天風呂の方がとっても快適、気持ち良かった~。

明日に続く。
関連記事

コメント

だっくさん、露天ぶろ付きスイートそして得選和食膳、凄い!奮発しましたねぇ。
久しぶりの親孝行ですものね。
お姉さま、姪御さんもうれしかったでしょうね。
運転手さん、お疲れ様でした。
ところで、だっくさんはお酒飲めるんでしたっけ?

覚えていますか?昔、わさび山荘で、わさびさんと私、「泡盛」なんかおお酒飲んで、わさびさんがびろびろ
になっちゃったことがありましたね(笑)
テディさん、こんにちは。
年に1度の親孝行なので奮発しました。
テディさんのセレブぶりには遠く及びませんけどね。

私は・・・ほぼ上戸です。年にビール1杯も飲んでいませんよ。
でも20代、若い頃はかなり飲みました。ボトル1本あけちゃうなんてことも(^^;)

そうそう、わさび山荘でそんなこともありましたね~懐かしいなぁ。
わさびさん、今頃は天国でベロンベロンになるまで飲んでるんだろなぁ(^^;)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】