HOME>    日記

自作珈琲焙煎機のモーター交換

珈琲豆の自家焙煎を始めてからおおかた2年が経過した。
高額な焙煎機は買えないので自作したのだが、その焙煎ドラムの駆動源の「マブチモーター」が悲鳴を上げ始めた。
そりゃそうだろう、もともとそんなものに使われるとは想定していなかっただろうし。

さて、今回は「同期型モーター」を使ってみることにした。
AC電源で作動し、かつ毎分60回転前後のモーター・・・

探してみると、これが結構安価で売られているんだよね。

同期モーター
TYD-50 同期モーター AC 110V 50/60Hz 50-60RPM CW/CCW 4W
お値段何と、1,599円

回転軸に4mmのタップが切ってあるので、ここに駆動用の歯車を取り付ければ良い。
電源は家庭用AC100Vを使用。
オンオフのためにスライドスイッチ(こたつのスイッチのようなもの)を取り付ければ扱いやすくなる。
というわけで用意したものは

DSC05312.jpg
電源用ケーブル 2m
プラグ
中間スイッチ
モーター固定用ステー及びネジ類
ビニールテープ
 しめて1,570円なり。

まずはモーターに駆動用歯車と固定用ステーを取り付けた。

DSC05314.jpg

続いて、電源用ケーブル及びスイッチの取り付け。
DSC05315.jpg

そしてそれを自作焙煎機に取り付ける。
DSC05317.jpg

作業はたったこれだけ。
何の専門的知識も要らない。

さっそく電源を繋いで試運転。



マブチモーター(ギヤで変速)と違って、非常に静かだ。
回転数は55RPM、希望通り!

次回焙煎が楽しみになってきたぞ(#^_^#)

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】