FC2ブログ
HOME>    翡翠

お休み処

0545起床、晴れ。
23003KT 200V270 9999 FEW030 SCT/// 02/M04 Q1015 RMK 1CU030
    南西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温2℃、露点温度氷点下4℃ 気圧1015Hp

    霞橋水位計:+10cm変化なし

    今朝も良く晴れて冷え込んでいる。
    少しはお湿りが欲しいところなんだが。

0650、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0655、河口現着。

2017121601.jpg

0718、A枝に主飛来。
NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017121602.jpg
    来るなりのんびり羽繕い。
2017121603.gif
0725、左枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1400
2017121604.jpg
    主は辺りを見回したが、ダイブする気配は無い。
    一瞥して「何だ、魚居ないじゃん!」と言ったような・・・
0727、A枝へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000 EV+0.33
2017121605.jpg
SS:1/1600 F:5.0 ISO:1600
2017121606.jpg
    そして水路方向へ飛び去った。

0742、主、再びA枝に飛来。

SS:1/1600 F:5.6 EV±0
2017121607.jpg
    枝上で暫し休憩。
2017121608.gif
0748、右ブロックへ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2017121609.jpg
0749、再びA枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017121610.jpg

2017121611.jpg
    枝上でまた暫し休憩。
0758、ブロック左側にダイブするも採餌失敗。

SS:1/2000 F:5.6
2017121612.jpg

2017121613.jpg

2017121614.jpg

2017121615.jpg
    主、右枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017121616.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017121617.jpg
    そしてすぐに左枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017121618.jpg

2017121619.jpg

2017121620.gif
0803、水際の岩へ。
    うんちか?それともペレット?

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017121621.jpg
    この後主は、CM席の背後を通って水路方向へ飛び去った。

0823、A枝に主飛来。

SS:1/2000 F:5.6 EV+0.33
2017121622.jpg
0825、主は水路方向へ飛び去った。

0829、左枝に主飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2017121623.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:500
2017121624.jpg
    この後のんびりと羽繕い。
2017121625.gif

2017121626.gif

2017121627.gif

2017121628.gif

2017121629.gif

2017121630.gif

2017121631.gif

2017121632.gif
0840、A枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017121633.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017121634.jpg
0842、主は本流下流へ飛び去った。

0851、主、再びA枝に飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017121635.jpg
0852、ダイブして水棲昆虫をゲット。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2017121636.jpg

2017121637.jpg

2017121638.jpg

2017121639.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017121640.jpg

2017121641.jpg

2017121641.jpg

2017121642.jpg
0854、主は水路方向へ飛び去った。

0905、A枝に主飛来。

SS:1/2000 F:6.3 ISO:900 EV±0
2017121643.jpg
0908、微サイズのお魚をゲット。
    せっかくのダイブなのに全コマ ピン甘(T-T)

SS:1/2000 F:6.3 ISO:450
2017121644.jpg
SS:1/2000 F:6.3 ISO:400
2017121645.jpg
SS:1/2000 F:6.3 ISO:320
2017121646.jpg

2017121647.jpg

2017121648.jpg

2017121649.jpg
SS:1/2000 F:6.3 ISO:640
2017121650.jpg

2017121651.jpg
SS:1/2000 F:6.3 ISO:1000
2017121652.jpg
0909、右枝へ。
SS:1/2000 F:6.3 ISO:360
2017121653.jpg
SS:1/2000 F:6.3 ISO:500
2017121654.jpg
0915、またA枝へ。
    右枝から至近ダイブを期待したんだけどなぁ。

SS:1/2000 F:6.3 ISO:1000
2017121655.jpg
0916、主は右ブロックへ。
0917、本流下流へ飛び去った。

0931、A枝に主飛来。

SS:1/2000 F:6.3 ISO:900
2017121656.jpg
0932、対岸の樹上へ。
0935、主は水路方向へ飛び去った。

0945、本日の撮影を終了し撤収。

今日は所用のため、若干早上がりした。

近い枝まで飛来してくれるものの、飛び込んでくれない。
お魚居ないんだから仕方ないけどねぇ。
主はフィールドに来る時間以外は水路でのんびりしていることが多い。
水路には伏流水が流れており、本流よりも水温が高い。
そして海老や小魚がウジャウジャ居る。
すぐ近くを通行人が通ることを除けば、翡翠にとっては天国みたいなところだ。
翡翠だけじゃない、バンもクイナも、そして鴨やオナガまでが集まっている。

本流の水位は更に下がり、水温も低下。
これじゃダイブしてくれと願うこと自体が無理だよな。
採餌場所じゃなく、お休み処になっちゃった・・・
でもまぁ、ダイブは無いものの、のんびり休憩してくれるだけでも有り難く思わなくちゃな。

明日の予報は終日晴れ、北西の風が若干強めのようだ。

関連記事

コメント

こんばんは、だっくさん
最近の鳥撮りはカワセミ探しが多くて良い運動になります。
僕らはきっと皆健康になりますよ~(^▽^)
でももう少し水位が上がらない事には、カワセミの
至近ダイブも望めませんね。
それと、あの裏側にダイブするの止めて貰いたいですね。
ボクは明日出撃予定なのに、今日中にアップはムリです~
どうしよう~~~(;´・ω・)
鳥飼人さん、こんばんは。
今日中にアップ出来ない?
ということは・・・私が帰った後に大量撮影されたのでしょうかね?
やっぱり10時35分?(^^;)
こんばんは~。
河川工事はもう終わったのですか?お魚が居ないのはその影響なんでしょうかね。
川は増水などの影響で状況がすぐに変わってしまうのが辛い所ですね。良い時はめちゃくちゃ良くなるし・・・暫くの間我慢の日々、なんでしょうか・・・
だっくさん、こんばんは
PBでなくてホットしました、そこそこ楽しめている様ですが
4番ダイブは無かったようですね
時系列にgifも入り出の様子が良く分かりました^^
しかし10時半以降のショットどうだったんですかね?
かんばんやさん、おはようございます。
河川工事は極めてのんびり、ゆっくりやっています。
朝の工事開始時刻は9時過ぎ、10時の休憩もしっかりとっていますよ。たぶん3月までかかるのでしょう。
工事区域、つまり以前のCM席前には驚くほどの小魚がいます。
水温、そして川底の形や藻の状況で小魚の居着く場所が変わるんでしょうね。
ASKさん、おはようございます。
PBは無いのですが、AB状態が続いていますよ・・・
大量の小魚がいれば飛来するのでしょうが、餌が少なく、かつカメラマン大勢がガヤガヤと談笑しているのですから、寄りつかなくて当然かと思います(^^;)
10時半以降・・・どうだったんでしょうかねぇ。
なるほど、彼らは水路で餌取りをしてるんですね。
だっくさんがその理由を分析されてますが分かりやすいです。
僕が翡翠だったら、ずっと水路にいることでしょう(笑)
今日は風が強いですが、調子はいかがだったでしょうか。
センセ、こんにちは。
今日は全くダメダメでした。
9時過ぎから強風が吹き始めたので、早々に撤収です。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】