HOME>    翡翠

河口最新状況

0440起床、曇り。
2017061591.jpg

07003KT 020V090 9999 FEW010 BKN030 18/15 Q1008 RMK 2SC010 7SC030
    東北東の風弱く、風向不安定 視程10km以上
    雲量2/8、雲高1.000ftの層積雲 雲量7/8、雲高3,000ftの層積雲
    気温18℃、露点温度15℃ 気圧1008Hp
    最新の予報では、8時頃から晴れ間が出てくるとのこと。
0500、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0505、Cポイント現着。

2017061592.jpg

本日の撮影を開始する前に、まずは河口ポイントの最新情報を。

第1堰上は、水は全く流れていない。

2017061597.jpg
堰上の護岸工事はあともう少しのところまで進捗していた。
契約工期は今月いっぱいだ。

2017061593.jpg
第1堰下左岸側の大きく崩落した場所は、元の高さまで埋め戻されていた。
2017061594.jpg
フィールド内は・・・上流側は水の流れは切れていた。
2017061595.jpg
CM席前は僅かに流れがある。
2017061596.gif
第2堰付近で地底に潜った流れが、第1堰下を通過してCM堰前で再び地表に現れたものだ。

この状況では本流からの小魚の遡上は望めない。
河口ポイントが撮影場所として復旧するのは、当分先のことになりそうだ。

    Cポイント現着時、3番枝に幼鳥がパーチしていた。
    だっくがリュックを降ろしたとき、幼鳥は対岸のお休み処へ入った。

0519、お休み処から出た幼鳥は3番枝へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017061501.jpg
    お休み処から出てきたものの、まだ休憩は終わっていなかったようだ。
2017061502.gif

2017061503.gif

2017061504.gif
0526、突然3番枝からダイブ、採餌失敗して本流下流へ飛び去った。
    慌ててレンズを振ったが、フレーミングさえ出来なかった。
    その後1時間半以上翡翠飛来せず。

0705、対岸の枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 EV-0.67
2017061506.jpg
    ダイブする気はあるのだろうが・・・辺りを見回すばかり。
2017061507.gif
    伸びをしたいのはこっちの方だぞ。
2017061508.gif
0722、油断していたら直下にダイブ、微サイズのお魚をゲット。
SS:1/2000 F:5.6
2017061509.jpg

2017061510.jpg
    幼鳥は上流対岸の草へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017061511.jpg

2017061512.jpg

2017061513.jpg

2017061514.jpg
    ダイブするも採餌失敗、対岸の枝へ。
    写距離約40m、追尾は楽勝なのだが・・・どういうわけか離水はピンボケ没。

SS:1/2000 F:5.6
2017061515.jpg

2017061516.jpg
0723、再び対岸の草へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017061517.jpg

2017061518.jpg

2017061519.jpg

2017061520.jpg
    ダイブするも採餌失敗、4番枝へ。
    またしても離水ピンボケ没( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:5.6
2017061521.jpg

2017061522.jpg

2017061523.jpg
0728、4番枝からダイブ、採餌失敗。撮影も失敗(T-T)
0729、幼鳥は対岸の草へ。

SS:1/2000 F:5.6
2017061524.jpg
    ダイブして小魚をゲットし、対岸の枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017061525.jpg

2017061526.jpg

2017061527.jpg

2017061528.jpg

2017061529.jpg

2017061531.jpg
0730、再び対岸の草へ。
0731、採餌失敗して対岸の枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017061532.jpg

2017061533.jpg

2017061534.jpg

2017061535.jpg
0732、また対岸の草へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017061536.jpg

2017061537.jpg

2017061538.jpg
0734、採餌失敗して4番枝へ。
    またしても離水以降全カットピンボケ・・・( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:5.6
2017061541.jpg
0735、対岸の草へ。
    ここら辺りに小魚が密集してるんだろね。

SS:1/2000 F:5.6
2017061542.jpg
0736、小魚をゲットして対岸枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017061543.jpg

2017061544.jpg

2017061545.jpg

2017061546.jpg

2017061547.jpg

2017061548.jpg

2017061549.jpg

2017061550.jpg

2017061551.jpg

2017061552.jpg

2017061553.jpg

2017061554.jpg

2017061555.jpg

2017061556.jpg
    すぐにまた対岸の草へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017061557.jpg

2017061558.jpg

2017061559.jpg
0738、採餌失敗して4番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017061560.jpg

2017061561.jpg

2017061562.jpg

2017061563.jpg

2017061564.jpg

2017061565.gif
0742、またまた対岸の草へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017061566.jpg
    この後ここで食休みに入ったようだ。
0805、突然飛び出して2段ホバ、ダイブして小魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
    撮影はしたが、遠くて解像せず没。

0808、上流から幼鳥飛来、対岸のお休み処へ。

0812、お休み処から出た幼鳥は、対岸水際の岩へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017061568.jpg
0814、幼鳥は対岸土手を越え、北方向へ飛び去った。

0900、対岸の草に幼鳥飛来。
    先ほどの個体と同一化どうかは不明。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600
2017061571.jpg
0901、水際の岩陰にダイブ、採餌失敗。
    石にピントを取られてピンボケ(T-T)

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017061572.jpg

2017061573.jpg
    すぐにまた対岸の草へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600
2017061574.jpg
0902、小魚をゲットして3番枝へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017061575.jpg

2017061576.jpg

2017061577.jpg

2017061578.jpg

2017061579.jpg

2017061580.jpg

2017061581.jpg
    この後暫し、廻りを見回していた。
    至近ダイブを期待したのだが・・・

SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017061582.gif
0917、幼鳥は上流側対岸の草へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600
2017061583.jpg

2017061584.jpg

2017061585.jpg
0924、採餌失敗して4番枝へ。
SS:1/2500 F:6.3
2017061586.jpg

2017061587.jpg
0925、幼鳥は対岸お休み処の藪の中へ。

0937、幼鳥、藪から出て2番枝へ。

SS:1/2500 F:6.3
2017061588.jpg
0940、採餌失敗して1番枝へ。
SS:1/2500 F:6.3
2017061589.jpg
2017061590.jpg
    この後幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0945、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
セグロセキレイ幼鳥

2017061567.jpg
大きなヤマベをゲットしたササゴイ
2017061505.gif

予報より少し遅れたが9時頃からは少しだけ陽射しが。
Cポイントは木陰なので暑さは感じない。
CM席は狭く、4人が目一杯というところか。
背後は崖で、のんびり休息するスペースも無い。
こうしてみると・・・河口のCM席ってもの凄く恵まれた環境なんだよな。
その河口ポイントが現在は無残な状況・・・
梅雨だというのに雨は降らず・・・
一日も早く、何とか元の河口に戻って欲しい。

明日の予報は、風弱く昼過ぎまで晴れ。

コメント

長い長い追尾!楽しそうですねえ。
この場所は河口復活までのあいだ、相当活躍してくれそうです。
素晴らしい!
ところで、あの渇水はいったいどうしたことでしょうか。
雨が降らなくても、霞川が干上がることはなかったですよね?
いったいあの水はどこに行ってしまったのでしょう。
センセ、こんばんは。
上流側を見てきたのですが、霞川の水は第2堰までは来ています。
2堰から水がこぼれ落ちて・・・いないんです。
つまり、第2堰で地下に浸透し、その一部がフィールド内に出てきているということだと思います。
河川工事が終わって元の状態に戻るかというと・・・ちょっと・・・危ない気もします。困ったものです。
おはようございます
昨日、アップが遅かったので寝てしまいました。
でも、今観てそこそこ撮れて居るので安心しました。
先日、MKDさんが、Cポイント行ってみたいが
危ないようなので様子をみたいと仰っていました。
こちらは危険は別に気にしないのですが、定員が
少ないので、常連さんに楽しんで貰えたらと思っています。
また今日も、成果を楽しみにしています!
鳥飼人さん、こんにちは。
今日はNKMR氏と2人、CポイントCM席整地及び拡張作業で大汗をかきました。
結果、最大収容人員7名、足元も大丈夫になりましたよ。
感謝してご来場下さい(^^;)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】