HOME>    機材

レンズリュック

600mmレンズを収納運搬するために使用していたロープロ600AW2がくたびれ、その代替としてレンズコート社のリュックを購入したことについては、過去にブログに記述してある。
その「絶対買ってはいけないリュック」だが、だからといってそう簡単に買い換えるというわけにもいかない。
何だかんだ手を加え、約4ヶ月無理して使い続けてきた。
しかし・・・やっぱりどうにもならん。

というわけで、ロープロ600AW3を購入した。
通常なら3万円前後なのだが、アマゾンで20%オフで販売されていたので 21,620円で購入した。

20170113138.jpg
中は600AW2と殆ど同じ。
20170113139.jpg
蓋の裏側にあったメモリーカード入れは若干の形状変更が行われていた。
20170113140.jpg
何のために使うのか不明な小さなベルト4本とその袋がついていた。
20170113141.jpg
早速現有機材を収納、その他に必要な小物類を取り付け収納した。
右側にはロープロの小物入れを取り付け、その他に防寒衣やテントペグ等を収納。

20170113142.jpg
左側にもロープロの小物入れと、ホワイトガソリンタンク用ポケットを取り付け、テントペグを収納。
20170113143.jpg
ロープロ600AWは蓋を大きく開いたとき、その蓋が地面に接してしまう。
どろんこになる場合も考えられるのだ。
その対策として、蓋に紐を取り付けた。

20170113144.jpg
これで蓋は常に宙に浮いている状態となる。

さて「絶対に買ってはならないリュック」とふたつ並べて見たが・・・
その大きな違いにすぐに気付くだろう。

20170113145.jpg
それはショルダーハーネスの開き方。
ロープロのハーネスは大きく開き、かつ上方につり上げられている。
それに比しレンズコート社のリュックのハーネスはだらしなく垂れ下がり、開き方も少ない。
この差は、背負いやすさの違いに直結する。
ロープロの場合は片手を通した後にもう片方に腕を通しやすいが、レンズコート社のリュックは・・・腕は通らない。
つまりレンズコート社のリュックは、制作者が使用試験をしていないということ。
よくもまぁこんなものを売るもんだと呆れる。

ロープロ600AWは2個目の購入だが、やはり「売れてるもの」は「良いモノ」なんだと改めて認識。
明日から実戦投入。

コメント

こんにちは
だっくさん、今日はまだ記事アップなしですか?
良かったのか悪かったのか気になります。
バッグ、良いの買いましたね~古いの下さい!
黒い袋に紐が付いているのは三脚用ではないのですか。
新しいバッグで、鳥撮り~良いなァ~
鳥飼人さん、こんにちは~。
今日の成果ですか?
それはこれからアップします。
旧いリュック、色々と不具合がありますよ。
それをご理解した上であれば、お渡ししますけど。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】