HOME>    翡翠

木枯らし1号



0500起床、曇り。
    北西からの強風が吹き荒れている。
    この分だと雲は吹き飛ばされ、晴れてくるだろう。
    昨夜のお湿りで、路面は僅かに濡れている。
0545、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0550、河口現着。
    強風のためテント撮影は不可能。
    先日用意した簡易ブラインドネットを設営。

2016110951.jpg
    対岸土手上から俯瞰すると・・・
    丸見えじゃん・・・これじゃ隠れてる意味無い?
    でもね、翡翠とCMの間に遮蔽物1枚有れば、それでいいんだ。

2016110954.jpg
    ついでに第一堰付近の被害状況。
2016110953.jpg
    右岸側の魚道は途中で崩落、左岸側の護岸は大きくえぐられた。
    土砂を支えていた矢板が無残な姿を晒している。
    昨夜の僅かな雨で、干上がっていた第1堰上に水が溜まっていた。

2016110952.jpg
    しかしその水は堰下にはほとんど流れ落ちず・・・
    河口は相変わらずの砂漠状態。

2016110955.jpg
2016110956.jpg

0637、上流から本流上流に向け翡翠2羽通過。
    直後、堰下矢板にアル爺飛来。
0641、アル爺、特設枝へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/400 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:600.0(mm)
2016110902.jpg
2016110903.jpg
    アル爺、すぐにダイブしてMサイズのお魚をゲット。
    ISOを変更している間に飛び込まれ、間に合わず(^^;)
    レンズをいい加減に振ってシャッターを切ったら、魚群の上を離水するアル爺がピンぼけていた。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:3200
2016110904.jpg
2016110905.jpg
    アル爺、すぐに飲み込んで本流上流へ飛び去った。

0656、堰下矢板にアル爺飛来。
0657、矢板からダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
0659、採餌失敗して右岸魚道の擁壁へ。
0702、アル爺は上流へ飛び去った。

0703、対岸竹林下にアル爺飛来。
0707、アル爺は堰下矢板へ。
0708、堰下ブロックへ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:2000
2016110906.jpg
0709、採餌失敗。
2016110913.gif
この後アル爺は魚道擁壁へ。
0723、対岸枯れ草へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:2000
2016110915.jpg
0726、枯れ草からダイブ、Lサイズのお魚をゲットして右岸側の藪の中へ。
SS:1/1600 F:4.0
2016110916.jpg
2016110917.jpg
2016110918.jpg
2016110919.jpg
2016110920.jpg
2016110921.jpg

0826、対岸竹林下に♀飛来。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:320
2016110922.jpg
2016110923.jpg
2016110924.jpg
2016110925.jpg
0832、堰下矢板にアル爺飛来。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:800
2016110926.jpg
0836、アル爺、♀を発見し竹林に突進。
    2羽は本流上流へ飛び去った。

0856、特設枝にアル爺飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600 EV-0.33
2016110927.jpg
0857、ダイブして小魚をゲット。
    飛び出しを撮ったら一瞬見失い、何とか離水を撮ったもののその後追尾出来ず(>_<)

SS:1/1600 F:5.6
2016110928.jpg
2016110929.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1400
2016110930.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016110931.jpg
    飲み込んですぐにダイブ、採餌失敗。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2016110932.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016110933.jpg
2016110934.jpg
2016110935.jpg
2016110936.jpg
2016110937.jpg
    続けてダイブ、Lサイズのお魚をゲット。
SS:1/1600 F:5.6
2016110938.jpg
2016110939.jpg
2016110940.jpg
2016110941.jpg
2016110942.jpg
2016110943.jpg
2016110944.jpg
2016110945.jpg
2016110946.jpg
2016110947.jpg
2016110948.gif
    (このGIFは作るのが大変だった!
     風と翡翠の調理で枝が揺れ、トリミングのための明瞭な基準点が無いのだ)
0858、アル爺、完食して対岸枯れ草へ。食休みか?

SS:1/1600 F:5.6
2016110949.jpg
0903、アル爺、堰下の矢板へ。
SS:1/1600 F:5.6
2016110950.jpg
    この後アル爺は右岸側の藪へ。

0910、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
堰上からアプローチする鴨ペア。
背後のブロックにはアル爺がパーチしている。

2016110907.jpg
2016110908.jpg
2016110909.jpg
2016110910.jpg
2016110911.jpg
2016110912.jpg
遙か上空でホバリングするチョウゲンボウ
2016110914.gif

堰上から僅かに流れ落ちた水で、水位は数センチ回復。
しかしこれも明日になれば・・・更に低下・・・厳しい状況は続く。

今日は木枯らし1号が吹いたとのこと。
富士の風下側では空気の流れが大きく乱れていた。
Fuji CAT(Fuji Clear Air Turbulence)が発生しているんだろうな。

2016110957.gif

明日の予報は終日晴れで風は穏やか。
テントを設営出来そうだ。
水があればの話だが・・・

この記事のトラックバックURL

http://duck29.blog57.fc2.com/tb.php/2528-5b78aa0c

コメント

だっくさん、こんにちは
昨晩の雨が僅かに恵みの雨になりましたね^^
対岸からのCM席、ほんと丸見えなんですね~
きっとカワセミも丸見えだよ~って言っているかもしれませんね(笑
しかし同じ条件なのにこれほど撮れるとは流石ですね~
私は新たなレンズが気になり集中力が欠けてました(反省です)
今週はもう一度雨が降るそうなので水位復活期待します^^
ASKさん、こんにちは
厳しい状況が続きますねぇ・・・
毎日薄氷を踏む思い・・・いくら頑丈な薄氷でもそろそろペキペキっと割れてしまいそうですよ(笑)
雨期まで何とか現状維持してくれると良いのですが・・・
こんばんは~。
写真からだっくさん達のご苦労、痛いほど感じられます。この状況でもカワセミさんが飛来してくれるので助かりますね。
お魚叩きのgif、良い感じの仕上がりですね~。gif編集はだっくさんの右に出る人は居ないでしょうね!
かんばんやさん、こんばんは。
良いときもあれば悪い時もある。
判っちゃ居るんですが・・・ちょっと酷すぎですよね~。
良い写真が撮れないので、GIFで目一杯誤魔化しています(笑)
こんばんは
酷い自分の画像を観て居たら眠くなりました
今日は、見逃し、よそ見、設定ミスと三悪が出ました
でも、その中から比較的に酷くない画像を探していたら
見つからなくて、眠くなってきました~
今日の富士のGIF、抜群ですね~お家から観た富士?
だとすれば、羨ましい限りです~
今日は残業したけど、成果なし~でした。
アップは明日になるでしょう(泣)
鳥飼人さん、こんばんは。
今日は初っぱなから撮り逃し、ミス連発でした。
翡翠画像だけでは日誌が成立しそうになかったので、富士GIF(ベランダから)、そして河口周辺画像を加えました~(^^;)
粘ったのに飛来が無かったのは残念でしたね。
この強烈な寒さの中、薄い幕一枚で頑張る皆さんに脱帽です。
吹きっさらしでは、ストーブの効力も期待できないですものね。
アルジーが元気に活動してくれるのが唯一の救いです。
CATについて勉強しました。またひとつ賢くなった気分です。
富士GIF…これって立派なタイムラプスですよね。
センセ、おはようございます。
昨朝の風は強烈でした~、寒いの何のって。
ストーブ?全く役に立ちません!

富士CATのGIFですが、D4Sのタイムラプス撮影でとっても簡単に出来ちゃいます。ただ・・・風が強かったので三脚が揺れ・・・やっぱりトリミングで苦労しています(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】