HOME>    日記

珈琲自家焙煎機2号

自作第1号の自家焙煎機、大きな問題は無い・・・のだが・・・
時折、焼きムラが発生する。
ハッキリとした原因は解らないが、焙煎機のドラムが四角柱のため、中での生豆の転がりが均一にならないのではと思っている。
やはり「ドラム」は円柱だよな。

というわけで、ホームセンタで資材を調達してきた。

まずはドラム。

20151113003.jpg
これはシンクのストレーナ内に設置する「ゴミ受け」。
ステンレス製でちょうど良い大きさのものをゲット。
ドラムの蓋は

20151113004.jpg
これもストレーナに取り付けて野菜くずを集めるためのもののようだ。

その他はドラムの回転軸となる8mmロングボルトやネジ類

20151113001.jpg
そして回転軸受けとして使うLアングル材。
20151113002.jpg

以上のパーツをチャチャッと組み立てると、はい出来上がり!
8方向から見ると

20151113005.jpg
20151113006.jpg
20151113007.jpg
20151113008.jpg
20151113009.jpg
20151113010.jpg
20151113011.jpg
20151113012.jpg

う~む、我ながら良く出来たぞ(笑)

さぁて、その焼き具合はどうか?
というわけでコレから珈琲豆を煎ってみよう\(^o^)/

※さっそく、自作焙煎機2号を使って生豆を焙煎してみた。

自作1号機では一度に100g以下の生豆の焙煎しか出来なかったが、2号機はサイズアップし、200gの焙煎が可能となった。
また、焙煎中の生豆はドラムの回転に従って全体が流れるように転がり、均一に焙煎出来るようになった。
焙煎完了してから2時間ほど間を開けて、珈琲を淹れてみた。
結果は・・・

   美味いっ!

やっと、希望の味が出たっ!\(^o^)/

この記事のトラックバックURL

http://duck29.blog57.fc2.com/tb.php/2073-6f74de4b

コメント

だっくさんは器用ですねぇ~。
2号機でレベルアップですね!
この形なら豆も上手く転がりますね。
一杯頂きたい位ですなぁ~!!
かんばんやさん、こんばんは。
先ほど煎ってみました。
思っていた以上に上手く煎ることができました~\(^o^)/
でも・・・材料費で4000円近く掛かっちゃいました(^^;)
こんばんは
う~む、素晴しい!
RX100このところ大活躍ですね~
写りも悪くないです~
後はピントが中心に合っていますから
そこんとこ気をつけながら撮りましょう。

新型自家焙煎機~これも良さげですね(^^:)
鳥飼人さん、こんばんは~
そこなんです、そこ!
RX100での撮影で一番困ってるとこ!
ピントの位置を任意に選べないんです~!(やり方が解らない)
明日、その辺りを教えてくださいよね~。

焙煎結果は・・・そりゃもう!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
コーヒーを飲まないのでよくわからないのですが、
ビンゴマシンのごとく、回しながらガスコンロで燻すわけですかね?
想像するだけでいい匂いがしてきそうですが。
ところで、ガスは燃えるときに水蒸気も一緒にでますよね。
七輪とか炭で焙煎するとさらに美味くなったりするのでしょうか。
センセ、おはようございます。
ガス台の上でクルクル回しながら、燻すというより焼くんですよね~。ドラムの回転が遅すぎると焦がしちゃいますし、速すぎると遠心力が作用して焼きムラが出来ますし、結構難しいんですよ(笑)
水蒸気、よくご存じですね~そうです、炭火焼きはまさにそこを狙っているんです。でもガス焼きでも豆の温度は200℃以上になりますから、水分の問題は無いんですけどね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】