fc2ブログ

今日からまたボランティア

0510 起床、曇。
28004KT 9999 FEW025 BKN030 14/10 Q1023 RMK 1CU025 6CU030
    西の風4kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,500ftの積雲 雲量6/8、雲高3,000ftの積雲
    気温14℃、露点温度10℃ 気圧1,023Hp
    最新の予報では、午前8時ころには下層雲は消滅しそうだ。

0640、出撃。
    現像して2650x1440pix にトリミングし、1500x844pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x844pix表示。
0645、河口現着。

第1ラウンド(0650~0655)
    ♀が飛来して3回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

1
2023103101.jpg
2
2023103102.jpg
3
    小魚と小石を同時ゲット。
2023103103.jpg
4
2023103104.jpg
5
2023103105.jpg
6
2023103106.jpg
7
    小石だけを上手く落下させた。
2023103107.jpg
82023103108.jpg
9
2023103109.jpg
10
2023103110.jpg
11
2023103111.jpg
12
2023103112.jpg
    この後♀は霞第1堰下の川床の石でのんびり食休みに入った。

第2ラウンド(0722~0727)
    ♀が飛来して2回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

13
2023103113.jpg
14
2023103114.jpg
15
2023103115.jpg
16
2023103116.jpg
17
2023103117.jpg
18
2023103118.jpg
19
2023103119.jpg
20
2023103120.jpg
21
2023103121.jpg
22
2023103122.jpg
23
2023103123.jpg

第3ラウンド(0806~0808)
    ♀が飛来して3回ダイブし、小魚x1尾をゲット。

24
2023103124.jpg
25
2023103125.jpg
26
2023103126.jpg
27
    小石をゲット・・・
2023103127.jpg
28
2023103128.jpg
29
2023103129.jpg
30
2023103130.jpg
31
2023103131.jpg
32
2023103132.jpg
33
2023103133.jpg
34
2023103134.jpg
35
2023103135.jpg
36
2023103136.jpg
37
2023103137.jpg
38
2023103138.jpg
39
2023103139.jpg
40
2023103140.jpg
41
2023103141.jpg
42
2023103142.jpg
43
2023103143.jpg
44
2023103144.jpg
    この後すぐに、本流上流へ飛び去った。

    その後は合流点、本流上で頻繁にホバリングしていたが、採餌成功率は低かったようだ。
    また、今日も別個体追尾シーンが良く見られた(本流上)

0910、本日の撮影を終了し撤収。

帰宅してすぐに現像作業に入るのが普通なのだが、今日はその作業は午後回し。

異常なほどに暑かった今年の夏、その暑さの中、公園のベンチ補修作業ボランティアを行ったことは既報のとおり。
フィールド閉鎖の期間と重なったこともあり、そのベンチ補修がストレス解消に一役買ったことも事実。

公園内にはベンチの他にバーゴラが4箇所そしてウッドデッキが2箇所ある。
雨の季節が終わったこともあり、今日からそのウッドデッキの補修(塗装)作業に取り掛かった。

2023103145.jpg
円形のウッドデッキは直径約8m。
塗装を施す前に、まずは水洗いをしなければならない。
高圧洗浄機を使ってササッと、小一時間もあれば終わるだろう。
と見積もったのだが・・・
木1本々々を丁寧に洗っていくと、思った以上に時間を要する・・・
何と・・・2時間半もかかってしまった!


2023103146.jpg
この状態で2日ほど放置すれば乾くだろう。
完全に乾いたら、シーラーを施したりヤスリがけをしたり・・・等の表面処理は一切せずに、塗装する予定。
4~5年後にはマンションの大規模修繕が行われる。
とりあえずそれまで持てば良いので、単なる「防水処理」としての塗装をするだけ。
そしてこの作業が終わったら、背後に見えているバーゴラ(全4箇所)の塗装もしようと思っている。




3日連続

0455 起床、晴れ。

    当初は1~2週間はかかるのではと考えていたが、嬉しい誤算だった。
    約2ヶ月以上の撮影自粛間にうだるような暑い夏は過ぎ去り、季節はすっかり晩秋、絶好の鳥撮りシーズンとなった。
    フィールド復旧作業後、3日連続で翡翠♀が飛来している。
    さて、今日も♀は来てくれるだろうか。

0640、出撃。
    現像して2650x1440pix にトリミングし、1500x844pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x844pix表示。
0645、河口現着。

    あらら・・・
    既に常連さんがズラリ、スタンバっていた。
    長く待たされた皆さん、気合入ってるね~。

0722、さっそく♀が1番枝に飛来。
    しかし♀はダイブすることなく、すぐに霞川上流へ飛び去った。

第1ラウンド(0803~0812)
    ♀が飛来して2回ダイブし、小魚x2尾をゲット。
    まずは2番枝上でペレット吐出、そしてダイブ。

1
2023103001.jpg
2
2023103002.gif
3
2023103003.jpg
4
2023103004.jpg
5
2023103005.jpg
6
2023103006.jpg
7
2023103007.jpg
8
2023103008.jpg
9
2023103009.jpg
10
2023103010.jpg
11
2023103011.jpg
12
2023103012.jpg
13
2023103013.jpg
14
2023103014.jpg
15
2023103015.jpg
16
2023103016.jpg
    ペレットを出したのだから、2尾と言わずに3尾、4尾、いっぱい食べれば良いのにねぇ。
    そして、出来れば1、2回、採餌失敗してくれても良いのになぁ。

第2ラウンド(0834~0835)
    ♀が飛来して1回ダイブし、小魚x1尾をゲット。

17
2023103017.jpg
18
2023103018.jpg
19
2023103019.jpg
20
2023103020.jpg
21
2023103021.jpg
22
2023103022.jpg
23
2023103023.jpg
24
2023103024.jpg
25
2023103025.jpg
0835、カスミ上流から水路方向へ別個体通過。
    ♀はすぐにスクランブル発進し、水路方向へ飛び去った。

0858、左石に♀飛来。
0859、2番枝へ。
    ダイブするかと思いきや・・・♀は合流点へ、そして本流上でホバリング3回の後、本流上流へ飛び去った。

26
2023103026.jpg
27
2023103027.gif

第3ラウンド(0940~0941)
    ♀が飛来して2回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

28
2023103028.jpg
29
2023103029.jpg
30
2023103030.jpg
31
2023103031.jpg
32
2023103032.jpg
33
2023103033.jpg
34
2023103034.jpg
35
2023103035.jpg
36
2023103036.jpg
37
2023103037.jpg
38
2023103038.jpg
39
2023103039.jpg
40
2023103040.jpg
41
2023103041.jpg
42
2023103042.jpg
43
2023103043.jpg

0945、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の飛びモノ
CM席頭上に飛来し、暫しの間こちらを監視していたドローン
ここはビルマ基地近傍であり、ドローンの飛行は許可されないハズなのだが・・・

44
2023103044.jpg

今日も期待通り♀が飛来してくれた。
このまま連日飛来記録を更新し続けてくれると良いのだが。

明日の予報は終日晴れ。

雷雨?

0530 起床、曇り。
27005KT 9999 TS FEW015CB BKN025 15/11 Q1009 RMK 1CB015 7CU025 FBL TS 15KM N MOV NE
    西の風5kts、視程10km以上 雷雨
    雲量1/8、雲高1,500ftの積乱雲 雲量7/8、雲高2,500ftの積雲
    北15kmにある積乱雲は北東へ移動中

    ベランダに出てみたが、雨は一滴も降っていなかった。

0635、出撃。
    現像して2650x1440pix にトリミングし、1500x844pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x844pix表示。
0640、河口現着。

0821、合流点に翡翠♀飛来。
    ♀は眼前を通過して霞上流へ。

1
2023102801.gif

0846、2番枝に♀飛来。
2
2023102802.jpg
3
2023102803.jpg
4
2023102804.jpg
5
2023102805.jpg
6
2023102806.jpg
7
2023102807.jpg
8
2023102808.jpg
9
2023102809.jpg
10
2023102810.jpg
11
2023102811.jpg
12
0848、♀は小魚を咥えたまま本流上流へ飛び去った。
2023102812.jpg

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥

13
シメ
2023102814.jpg
14
ホオジロ
2023102815.jpg
15
キセキレイ
2023102816.jpg

復旧作業を終えたばかりのフィールドにも関わらず2日連続で翡翠♀が飛来してくれたことは、今後のフィールドでの撮影にとっては明るいニュースだと捉えている。
環境は大きく変わったが、三人寄れば文殊の知恵、皆で知恵を出し合ってより良い環境作りに精進したい。

一ヶ月ぶりのフィールド

0500 起床、晴れ

    今日は一ヶ月ぶりの鳥撮り。
    といっても、フィールドの復旧作業がメインで、その後時間があれば撮影。
    しかし、フィールド整備をした直後に翡翠が飛来する可能性は極めて低いのだが。

0645、出撃
0650、現着
0650~0730 フィールド復旧作業

    その後は・・・思ったとおりで翡翠は寄り付かず。
    本流との合流点付近でしきりにダイブを繰り返す翡翠は見えるものの、遠すぎて撮影できず。

0842、CM席右側のブロックに♀非来。
    この時、合流点には別個体が居たため、♀はかなり警戒しているようだった。

1
2023102701.jpg
2
0843、1番枝へ。
2023102702.gif
3
    別個体への警戒は解いていない。
2023102703.jpg
4
2023102704.jpg
5
0853、ダイブするも採餌失敗。
2023102705.jpg
6
2023102706.jpg
7
2023102707.jpg
8
    その後もダイブしようとするのだが、狙いが定まらず行ったり来たり。
2023102708.gif
9
0901、工事業者から車両移動の要求があったためカメラ席から離れたら・・・
    翡翠は驚いたためか飛び去ってしまった。

2023102709.jpg
0910、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥

10
対岸土手上のモズ♀
(当初この対岸土手は掘削されるハズだったのだが、ほぼ原型を保ったまま残置された。

2023102710.jpg
11
1番枝下の川床にやってきたセグロセキレイ
2023102711.jpg

復旧作業完了当日に翡翠のダイブを撮影できるとは期待していなかったし、心の準備も出来ていなかった。
そのため撮影結果はブレブレ(泣)
でも、久しぶりに仲間と会話を楽しむことが出来たので全てOK!

明日以降、工事業者の邪魔をせぬように留意しながらのんびりと撮影を楽しみたい。


河川工事完了

長らくお待たせしましたm(_ _)m

10月25日、霞川河口周辺の河川改修工事が終了しました。
10月26日、工事機材等の撤収が計画されています。
10月27日以降、撮影環境の構築作業を行います。

10/25 現況

DSC09234.jpg

DSC09236.jpg

以前とは大きく変わってしまいましたが、以前のように楽しく撮影出来る環境にしていきましょう。

河口の様子

1週間ぶりに河口の様子を見てきました。

CM席からの全景

2023102101.jpg

釣り人が来ていましたが、こんな状態じゃバスなんて釣れるわけがありません。
そうそうに退散したようです。

2023102102.gif

CM席は変化無し
2023102103.jpg
背後は・・・酷い荒れようですが変化なし
2023102104.jpg
スコップも盗まれていません。
2023102105.jpg
川床の様子
2023102106.jpg
水深はどこも5cm程度
2023102107.jpg

2023102108.jpg
晩秋から春にかけての渇水期は、川の中央辺りに生け簀を作るのが良いかも
2023102109.jpg
合流点付近からの本流の眺め
2023102110.jpg
プレハブ前の日程表記には変化はありませんでした。
2023102111.jpg
霞川を遡っていくと、第2堰下流側に堆積した土砂を地ならしして川床を平にする作業が行われていました。
2023102112.jpg

2023102113.jpg

2023102114.jpg

カメラ席周辺の工事が完了しているなら撮影を再開できるのでは・・・と思ったのですが・・・
霞川上流側で川床工事をやっている限り川の水は濁っているでしょうから、フィールド再開はできそうにありません。

最近は閉じこもり

先日のトイレ水洗レバーの補修、今のところ全く問題なく動作中。
正規の部品を購入して交換すれば良いのだが、20数年も前のものとなると・・・入手困難。
よく似たものをネットで見つけた。

TOTOレバーハンドル

形はそっくり(一部色が違う)なのだが、サイズが判らない。
お値段は4千円弱。これが使えるのなら、交換しておくのがBETTERなんだよな。
ということで、現在 TOTO に部品の在庫状況と互換性の問い合わせをしているのだが・・・
以前、同様の問い合わせをしたときは
「お客様で取り付けされた場合には動作の保証ができませんので、個人には販売しておりません。
 お近くの水道工事業者様を通じてご依頼いただけますようお願い致します」との回答だった。
たぶん今回も同様の回答が来るんだろうなぁ。

今朝目を覚ましたら、今度は何やら、ハンディーモップの柄の部分が折れたとのこと。

IMG_0475.jpg

買いなおしても数百円?
朝のコーヒーも飲んでないのに、修理作業したくないなぁ・・・と思いつつ。
接着剤による接続を試みるも失敗。
強度が必要な部分なので、金属製の芯を通すしか無いだろう。
ということで、3mmの貫通穴を開け、45mmのビスで固定して作業完了。

IMG_0477.jpg
見た目はイマイチだが、強度はバッチリ。
そしてやっと朝のコーヒーにありつけた。

その後はとくにすることもないのでYOUTUBE三昧。
そして昨夜のフライトの動画処理。



あっ、この動画ね、50分くらいあるから。
長いから、4倍速で見たほうが・・・あ、見ないほうがいいかも。


※びっくり! TOTOから返事が来た。
正規品はお値段4000円、税込み4400円で送料が550円ということで、5000円ほどで買えるとのこと。
また、私が見つけた「よく似たもの」(ホームセンタでも購入可能)については互換性があり、使えるとのこと。
2年半前とは対応がえらい違いだなぁ・・・。
ということで、いずれ正規品または互換品と交換しようと思う。

深夜の緊急作業

昨夜の出来事
さてそろそろWebで飛ぼうかと思っていたときのこと・・・

トイレから悲痛な叫び声が・・・・

何と、水が出ないとのこと。
どうやらタンク内の水栓レバーが壊れたようだ。
こんなとき、皆さんはどうする?
24時間対応の業者さんに電話?
アレって、めっちゃお高いよ。

もちろん電話なんかしない。
自分で直す。
元栓を締めて中を覗くと、弁を引き上げるためのチェーンが外れている。
というより、そのチェーンを引っ掛けてあるレバー部分が破断していた。
こんなのはね、原理さえ判ってりゃ修復は難しくは無い。

破断したパーツはもう使えないので、ジャンク箱から鉄片を引っ張り出して部品作成に取り掛かる。
現物合わせしながら金切鋏で切り出し、約30分ほどで部品完成。
あとはその部品を取り付けて動作確認。

何でも屋だっくさんの総作業時間は約1時間。
本来ならステンレス材を使用すべきなのだがあいにく鉄片しか無く、数年のうちに錆びてまた再発するだろうな。

作業終了後、深夜零時までお遊び(^_^;)


秋深まり

朝から雨。
その雨の中、防火訓練。
管理組合の副理事長を仰せつかっているのでサボるわけにはいかない。

午後は打って変わって秋晴れ。
ちょっとお散歩してその後は昨夜の動画処理。
だっくは3番機位置。動画撮影は3番機コクピットから。


河口の様子

1週間ぶりに加工の様子を見てきた。

合流点付近

2023101401.jpg
CM席からの眺め
2023101405.jpg

2023101406.jpg

2023101407.jpg

2023101408.jpg
河川内からの眺め
2023101410.jpg

2023101411.jpg

2023101412.jpg

2023101413.jpg

2023101414.jpg

2023101415.jpg
川の中は翡翠の採餌に最適な小魚がいっぱい。
2023101416.jpg
CM席内ロッカーその他は無事
2023101417.jpg

2023101422.jpg
CM席背後の林の中にあったロッカーの様子。
最奥のロッカーは解錠されていたが中身には被害は無かったようだ。

2023101418.jpg
とりあえず施錠。
2023101419.jpg
左側のロッカーは中身が掻き出され散乱していた。
2023101420.jpg

2023101421.jpg

工事日程は11月21日までとなっている。
あと一ヶ月ちょっとの辛抱。

せっかくの治水工事も、数年も経てば元の木阿弥。
税金投入の意味があるのかどうか・・・
(土木業者にカネを回すという意味はあるのだろうが)

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】