fc2ブログ

辛うじて

0500 起床、晴れ。
30003KT 270V330 9999 FEW030 02/M04 Q1021 RMK 1CU030
    北西の風3kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温2℃、露点温度氷点下4℃ 気圧1,021Hp
    霞橋水位計:67.03m

    さて・・・今日はどうする?
    出撃するか否か・・・
    昨日までボウズ連続10日、このまま2022年を終えるのか?
    せめて、最後の1日くらいはボウズを免れたいよね。
    そのチャンスは今日と明日だけ。

0655、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0700、河口現着。

    河口の外気温は氷点下3℃、流れのないところは結氷
    そしてCM席は霜柱でバリバリ。

    肝心の翡翠はというと・・・・
    一度だけ眼前を通過しただけ。
    よし、今日は少し粘るぞ。

0902、いつもなら撤収している時刻。
    ビビり♂が1番枝に飛来、ダイブして小魚x1尾をゲットし霞上流へ持ち逃げ。

1
2022123001.jpg
2
2022123002.jpg
3
2022123003.jpg
4
2022123004.jpg
5
2022123005.jpg
    枝戻りせずにそのまま持ち逃げされたので、追尾出来ず・・・

0912、ビビり♂が堰下蛇籠枝に飛来。

6
2022123006.gif
7
2022123007.gif
    念入りな羽繕いを終え休憩もとり、さぁこれからダイブだっ!
    と期待したのだが・・・眼前を通過して本流へ。

1000、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥

8
0番枝にパーチするモズ♀
2022123008.jpg
9
すっかりフィールドのアイドルとなったジョビ子
2022123009.jpg
10
2022123010.jpg
11
2022123011.jpg
12
水を飲むために降り立ったイカル
30羽ほどの群れだったが画角に収まらず

2022123012.jpg
13
2022123013.jpg


10日続いたボウズ、やっと終了。
そして、辛うじてボウズのままの越年を免れることが出来た。
それにしても・・・2022年は私の翡翠撮影人生最悪の一年だった。
例年なら340日くらい河原へ通っていたのだが、今年は今日で205日。
それほどまでにフィールドが荒れ、翡翠が飛来しなかったということだ。
さて、来る2023年はいったいどうなるのか?!

あ、その前にあと1日あるか・・・大晦日・・・
気が向いたら出撃しよう。

さて、午後は今年最後の掃除、ベランダを綺麗にしよう。

記録更新中

0510 起床、晴れ。
27003KT 9999 FEW030 04/M02 Q1017 RMK 1CU030
    西の風3kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温4℃、露点温度氷点下2℃ 気圧1,017Hp
    霞橋水位計:67.03m

    昨日までボウズ連続9日。
    これほどまでに翡翠の出が悪いと、早朝から河原へ行こうという気持ちにはなれない・・・
    でも、行かなければ撮れない。
    最悪の西暦2022年の〆は明るく終わりたいからねぇ。

0650、チャリ出撃
    昨日から、機材をSonyRX10mkⅣに変更。
    三脚も、カメラリュックも不要。
    チャリの前カゴにRX10 のカメラバッグを放り込むだけ。
    気分は重いが身もチャリも軽い。
    現像して3300x2200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0700、河口現着。
    日は9時撤収と決めてスタンバイ。
    予想通り、翡翠は全く飛来しない。
    来るのはジョビ子ちゃんだけ。

0856、撤収準備を始めたら、下流0番枝にビビり♂飛来。

1
2022122901.jpg
    しかしフィールドインせず合流点へ。
    合流点付近で採餌失敗して更に下流へ。

2
2022122902.gif

0900、予定通り本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
翡翠の代わりにお魚捕りをするハクセキレイ

3
2022122903.jpg
最近はすっかり居着いてしまったジョウビタキ♀
4
2022122904.jpg
5
2022122905.jpg
6
スマートなジョビ子、時々吃驚するほどデブになる。
2022122906.gif

居残り組からのレポートによれば、0917、そして0950にビビり♂が飛来し
それぞれ1回ずつダイブしてお魚を持ち逃げしたとのこと。
これでボウズ記録は9日で途切れたのだが・・・
撤収後だったので自分のボウズ記録は更新中・・・・(T_T)

西暦2022年も残すところあと2日となった。
最後にまともなダイブの1回くらいは撮りたいものだ。

話は全く変わるが、ヒコーキを買った。

2022122907.jpg
と言っても本物じゃないよ(当たり前!)
MSFS2020フライトシミュレーションで使用する機体だ。
プロペラ機のくせに、最高速度は400ktsも出ちゃう。
現在主に使用しているMB339(イタリア製ジェット練習機)より速い!
HUDやグラスコクピットを装備し、運動性能も非常に高い。
来春にはF4も発売されるというので今からワクワク(^^;)

さて今日のお仕事は?
昨日はキッチンのレンジフードを分解、大掃除を行った。
今日はキッチンシンクの鏡面仕上げに取り組む予定。

明日の予報は終日晴れ。

PB 9日目

0450 起床
VRB01KT 9999 FEW030 M00/M07 Q1017 RMK 1CU030
    風弱く風向不定、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温0℃、露点温度氷点下7℃ 気圧1,017Hp
    霞橋水位計:67.03m

    振り返ると、今年は翡翠日誌受難の年であった。
    春先から夏、秋、そして年末に至るまで、翡翠の出は過去最悪。
    2022年も残すところ4日、せめて最後だけは〆を飾って正月を迎えたいものだ。

0645、チャリ出撃
    画像は2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
0655、河口現着

    今日は三脚も持ってきていない。
    カメラリュックも置いてきた。
    持ってきたのはSonyのRX10M4のみ。
    メチャ軽い。

    さて・・・肝心の翡翠だが・・・
    蛇籠枝に2度飛来したものの、眼前を通過して本流対岸で食休みするのみ。

1
2022122801.jpg

    結局一度もフィールドインすることなくPB(PerfectBOUZU) (T_T)

0900、ため息をつきながら撤収。

本日のその他の野鳥
CM席背後に飛来するジョウビタキ♀

2
2022122802.jpg
3
2022122803.jpg
4
2022122804.jpg
5
2022122805.jpg
6
2022122806.jpg
7
2022122807.jpg
8
2022122808.jpg


さて・・・何をしようか・・・

腰痛発生で中止していたキッチンレンジフードの大掃除、取りかかることにしよう。

明日の予報は終日晴れ。

25年ぶり、そして今年最後の焙煎

昨朝・・・ベッドから起き上がれなかった。

44歳、単身赴任先で突然の腰痛発症、約1週間ほど業務に支障が出た。
それまでもほぼ毎年、腰痛を発症していた。
これはいわゆる「職業病」として、半ば諦めていた。

でも「単身赴任」を絶好の機会と捉え、肉体改造に取り組んだ。
3年後に単身赴任を終えるまで毎日、腹筋100回と背筋100回のトレーニングを続けた。
その後約25年、腰痛は発症しなかった。

ところが・・・昨朝、突然の腰痛発症。
腹筋背筋ベルトが弱くなったか・・・
とりあえず痛みがなくなるまでは安静にしておこう。

今朝目が覚めたら・・・
ありゃ?
痛みがない。
ほぼ、普段と変わらない。
昨日の腰痛は、いったい何だったんだ?

さて、腰痛も消えたことだし、本年最後の珈琲豆焙煎を。
焙煎環境

2022122501.jpg

先日作成した「焙煎豆冷却器攪拌装置」の初実戦投入


約1時間半、本年最後の珈琲豆焙煎作業終了。

ありゃ・・・腰の具合が・・・ちょっと重たいような・・・
重たいのはデブってるからか・・・バキッ!!☆/(x_x)

今季一番の冷え込み

0510 起床、晴れ。
31004KT 9999 FEW030 M02/M09 Q1013 RMK 1CU030
    北西の風4kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温氷点下2℃、露点温度氷点下9℃ 気圧1,013Hp
    霞橋水位計:67.03m

    冷えてる~!
    でもありがたいことに、朝の室温は15℃。
    暖房を必要とするほどは寒くない。

0650、チャリ出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0655、河口現着。

    CM席の外気温は氷点下6℃
    流れの無い川面はうっすらと結氷。

2022121902.jpg

第1ラウンド(0732~0733)
    ビビり♂が飛来して1回ダイブし、小魚x1尾をゲット。

2
2022121901.jpg
3
2022121903.jpg
4
2022121904.jpg
5
2022121905.jpg
6
2022121906.jpg
7
2022121907.jpg
8
2022121908.jpg
9
2022121909.jpg
10
2022121910.jpg
11
2022121911.jpg
12
2022121912.jpg
13
2022121913.jpg
    僅か1回のダイブの後、ビビり♂は本流下流へ飛び去った。

第2ラウンド(0843~0844)
    ビビり♂が飛来して1回ダイブし、小魚x1尾をゲットしてかすみ上流へ。

14
2022121914.jpg
15
2022121915.gif

    貧果なので0930まで粘ることに。

0908、1番枝にビビり♂飛来。
    しかし、絶妙なタイミングで対岸に散歩人来襲(T_T)
    ビビり♂は0番枝へ、そして合流点の柳へ。
0920頃、Lサイズのお魚をゲットしたビビり♂は本流対岸のお休み処へ。
    嗚呼・・・終わった・・・

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥(写距離約7m)

16
CM席背後に飛来したジョウビタキ♀
2022121916.jpg
17
2022121917.jpg
18
2022121918.jpg
19
カワセミの影響か、ダイブして採餌しようとするセグロセキレイ。
2022121919.gif


さて今日の家事は・・・
そうだ、浴室天井と壁の接合部に出現した僅かな黒カビ、これを退治しなければならないのだった。
よ~し、気合い入れて頑張るぞ~。

用意するものは
キッチンハイター、ドメストと刷毛
そして処理後の拭き取り用ウエスとバケツ。

2022121920.jpg

2022121921.jpg
黒カビを直撃するのはハイター、そしてハイターが垂れないようにし更に打撃力を増加させるためにドメストを加える。双方とも塩素系だから混ぜてもOK。

よ~く目をこらすと、壁や天井の隅に微少な黒点が見える。
これが黒カビの卵だ。
黒カビがくっきりスッキリ目立つようになってからでは遅い。
奴らの力がまだ弱いうちに叩く。

2022121922.gif
浴室の隅から隅まで、刷毛を使って徹底的に攻撃を加える。
2022121923.gif
この後約30分ほど経過してから戦果確認。
そして最後は戦場を洗浄バキッ!!☆/(x_x)
よく絞った雑巾で拭き取り、浴室換気扇または乾燥機を作動させて作戦終了。

明日の予報は終日晴れ。
明朝の冷え込みも厳しく、CM席はバリバリに凍結するだろう。

珈琲豆冷却器

焙煎した直後の豆の温度は約210℃くらい。
この状態のまま自然冷却させると豆の焙煎は進んでしまい、意図せずに深煎りになったりする。
これを防ぐため、自作の冷却器を使用する。
構造は簡単で、豆を放り込む容器の下にファンを取り付け、空気を強制循環させることによって冷却する。
2年前の夏に自作した冷却器


性能的には十分満足しているのだが、たったひとつ、欠点がある。
それは、豆を手動で攪拌しなければならないことだ。
1回の焙煎だけなら、焙煎し終えた豆を冷却器の中に投入して攪拌することには何の問題も無いのだが
何度も焙煎を繰り返す場合には・・・攪拌している時間が無くなってしまうのだ。

その問題を解消すべく、攪拌の自動化を考えていた。
アタマの中ではその形はほぼできあがっていたのだが・・・・

そしてやっと、重い腰を上げ、自動攪拌装置の自作に手を付けた。
仕組みは簡単で、従来の冷却器の上にモーター駆動の攪拌フィンを取り付けるだけ。
とりあえずダンボールを使ってサクサクッと作ってみた。

COOLER03.jpg
モーターは、自作焙煎機制作初期に準備したものを使用。

もちろんコレは作業工程上の単なるモックアップに過ぎない。
このような構造で作り進めばなんとかなると思われたので、設計図を作成した。

COOLER01.jpg

COOLER02.jpg

まさかダンボールで製品化するワケにはいかないので、ホームセンタで材料を調達。
購入したものは、攪拌装置を支えるためのアルミ板と、その他細々とした金具類や小ねじ類。

COOLER06.jpg
しかし、厚さ5mmのアルミ板は結構高価だし、切削も容易ではない。
ということで購入したこの板は、耐熱樹脂をアルミ膜でサンドイッチしたもの。

準備した工具類は

COOLER07.jpg
この他にホールソー、ヤスリ、ドライバー等々。

さっそく設計図に従って板を切り出して・・・と言いたいところだが、直径10mmの穴を60個も開けるなんて容易じゃ無い。
ということで、直径22mmの穴を20個開けることにした。(単に、22mmのホールソーしか持っていなかっただけ)
板に穴の位置等を卦書く。

COOLER08.jpg

COOLER09.jpg
そして切り抜く。
COOLER10.jpg

COOLER11.jpg
概ねの形になってきたので、モーター、攪拌フィン取り付け部や固定用足等を取り付け、冷却器に載せて確認する。
COOLER13.jpg

COOLER14.jpg



よし、これでどうにかなりそうだな。
ということで、肝心要の攪拌フィンを取り付けてみた。

COOLER17.jpg
フィンには、5mm厚のゴム板を使用した。

そして動作確認。



先日焙煎した珈琲豆を使用し、攪拌装置の動作最終確認をしてみた。



全く問題ないようだ。

珍しく連続ダイブ

0515 起床、晴れ。
VRB01KT 9999 FEW030 02/M03 Q1015 RMK 1CU030
    風弱く風向不定、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温2℃、露点温度氷点下3℃ 気圧1,015Hp
    霞橋水位計:67.03m

    冷え込んでいる。
    それでも暖房も要らずに生活出来る環境に感謝。
    河原はそういうワケには行かない。
    久々にハクキンカイロを準備。

0645、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0650、河口現着。
    河口の外気温は氷点下3℃

2022121600.jpg
    CM席を歩くと、霜柱がバリバリと音を上げる。

    外気温同様、鳥撮りも寒い・・・・
    翡翠は一向に姿を見せない。
    ひょっとしたら今日はボウズか?

    でもダイジョブ!

0819、ビビり♂が1番枝に飛来し、8回ダイブして小魚x5尾をゲット。

1
2022121601.jpg
2
2022121602.jpg
3
2022121603.jpg
4
2022121604.jpg
5
2022121605.jpg
6
2022121606.jpg
7
2022121607.jpg
8
2022121608.jpg
9
2022121609.jpg
10
2022121610.jpg
11
2022121611.jpg
12
2022121612.jpg
13
2022121613.jpg
14
2022121614.jpg
15
2022121615.gif
16
2022121616.gif
17
2022121617.jpg
18
2022121618.jpg
19
2022121619.jpg
20
2022121620.jpg
21
2022121621.jpg
22
2022121622.jpg
23
2022121623.jpg
24
2022121624.jpg
25
2022121625.jpg
26
2022121626.jpg
27
2022121627.jpg
28
2022121628.jpg
29
2022121629.jpg
30
2022121630.jpg
31
2022121631.jpg
32
2022121632.jpg
33
2022121633.jpg
34
2022121634.jpg
35
2022121635.jpg
    5尾も食べたのだから、1時間以上食休みだろう。
    (ところが実は・・・約30分後にまた飛来してダイブ、採餌したそうな)

0830、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥

36
CM席背後に飛来したジョビ子
2022121636.gif
37
2022121637.jpg

ビビり♂、いつもは2回か3回ダイブして飛び去るのだが・・・
今朝は何と8回もダイブ、しかも5尾完食。
よほど空腹だったのだろう。
毎日このくらいの連続ダイブをしてくれるとありがたいのだがねぇ。

午後はお買い物。
趣味で珈琲豆の焙煎をしているが、焙煎後の豆を急速冷却するための自作冷却器に
電動攪拌機能を付加しようと計画中。
その材料を購入のため、ホームセンタへお買い物へ行く予定。

6機編隊飛行

今日は休鳥日のため、7時過ぎまで朝寝坊。

朝寝坊の理由は・・・夜更かし。

実は昨夜、真夜中までMSFS2020で飛んでたんです。
しかも6機の大編隊!
超ベテランさん達にお付き合いいただいてたっぷり楽しみましたよ~。
(足引っ張り放しだったけどね)
午後9時半から11時半過ぎまで約2時間のフライト動画、最後はフィルム切れ。
さすがにそんな長い動画はマズイので、あちこち削って端折って・・・
それでも52分!

ま、適当にすっ飛ばして見てくださいね。

messageImage_1671029202054.jpg
messageImage_1671029251575.jpg



明日の予報は終日晴れ。
早朝の河原は氷点下になりそう。

持ち逃げ

0450 起床、晴れ。
VRB02KT 9999 FEW030 03/01 Q1005 RMK 1CU030 A2968
    風弱く風向不定、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温3℃、露点温度1℃ 気圧1,005Hp
    霞橋水位計:67.03m

    冬晴れ、大気の透明度が上がり、富士がくっきりすっきりと見える。

0640、チャリ出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0650、河口現着。

第1ラウンド(0744~0745)
    ビビり♂が飛来して2回ダイブし小魚x2尾をゲット。

1
2022121401.jpg
2
2022121402.jpg
3
2022121403.jpg
4
2022121404.jpg
5
2022121405.jpg
6
2022121406.jpg
7
2022121407.jpg
8
2022121408.jpg
9
2022121409.jpg
10
2022121410.jpg
11
2022121411.jpg
12
2022121412.jpg
13
2022121413.jpg
14
2022121414.jpg
    2尾目は本流対岸のお休み処へ持ち逃げ。

第2ラウンド(0842~0844)
    ビビり♂が飛来して2回ダイブし、小魚x2尾をゲット。

15
2022121415.jpg
16
2022121416.jpg
17
2022121417.jpg
18
2022121418.jpg
19
2022121419.jpg
20
2022121420.jpg
21
2022121421.jpg
22
2022121422.jpg
23
2022121423.jpg
24
2022121424.jpg
25
2022121425.jpg
    2尾目はかすみ上流へ持ち逃げ。
26
2022121426.gif

    2尾しか食べていないので、30分もすればまた飛来するだろう。
    とりあえず9時半まで待ってみよう。

0930 本流対岸のお休み処でのんびりしているビビり♂を発見。
    見えるところに居られちゃ撤収するワケにはいかんわなぁ・・・
    う~ん・・・10時までは待ってみるか。

第3ラウンド(1000~1001)
    ビビり♂が10時丁度に飛来して1回ダイブし、小魚x1尾をゲットしてかすみ上流へ持ち逃げ。
    離水時ピンぼけで、その後追尾出来ず。

1005、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等

27

2022121427.jpg
28
C-2
2022121428.jpg
29
CM席背後に飛来したジョウビタキ♀
2022121429.jpg
30
2022121430.jpg
31
2022121431.jpg

ダイブ回数が少ないと失撮確率が急上昇。
もともとが愚鈍なのだから、こればかりはどうしようもない。
それに加えて今日は3ラウンドともに持ち逃げ。
ビビり♂よ、食い逃げなんかせずにもう少し落ち着けよ。

さて、午後は何をしようか。
家事は・・・今日はほぼ無し。

ってことは、やっぱりMSFS2020での飛行訓練か?
(昨夜は現役時代の教官とともに訓練中、ベテランSIMMER 4名が飛来して華麗な演技を披露してくれた。
 あまりのレベル差故、まともに付いていくことも出来ず(T_T)・・・
 精進が足りない、訓練が足りない、センスも足りない・・・)

messageImage_1670939813141.jpg

messageImage_1670939854939.jpg

messageImage_1670939870350.jpg

messageImage_1670939934852.jpg

messageImage_1670939948430.jpg

messageImage_1670939989954.jpg

明日の予報は終日晴れ、ガッツリ冷え込みそうだ。
絶好の鳥撮り日和になりそうだが、休鳥日のため出撃せず。

いきなり低調食い逃げ

0510 起床、晴れ。
VRB01KT 9999 FEW030 05/00 Q1017 RMK 1CU030
    風弱く風向不定、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温5℃、露点温度0℃ 気圧1,017Hp
    霞橋水位計:67.03m

    昨日は鳥撮りをお休みしたのだが、フィールドはそれなりに賑わったようだ。
    今日もそのおこぼれを頂戴出来るか?

0640、チャリ出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0650、河口現着。

    河口外気温1℃、ほぼ無風なのでさほど寒くは無い。
    寒いのは翡翠の出・・・
    
0722、ビビり♂が蛇籠枝に飛来。
    時々水面を見るが何もせず。
    ペレット吐出待ちか?

1
2022121201.jpg

    約15分ほどのんびり休憩したのち、本流上流へ飛び去ってしまった。

0742 ビビり♂が左石に飛来、2回ダイブして小魚x2尾をゲット。

2
2022121202.gif
3
2022121203.jpg
4
2022121204.jpg
5
2022121205.jpg
6
2022121206.jpg
7
2022121207.jpg
8
2022121208.jpg
9
2022121209.jpg
10
2022121210.jpg
11
2022121211.jpg
12
2022121212.jpg
13
2022121213.jpg
14
2022121214.jpg
    ビビり♂は小魚を咥えたまま、霞上流へ飛び去ってしまった。
    たった2尾で持ち逃げ、満腹か?
    さんざん待たせた挙げ句にそれはないよな・・・

    その後2時間近く待つも飛来せず。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥

15
月に雁ならぬ「月に鴨」
2022121215.jpg

昨夜、MSFS2020にて他流試合。
というか、一生懸命練習している人達の邪魔をしちゃった・・・というのが正解かも(^^;)
かなりのベテラン3人組のアクロバット練習に割り込んで遊んで貰った。



さて、ササッと家事を片付け、午後はやっぱり飛行訓練かな。


明日の予報は、午前中は雨で午後は晴れ。
雨量は多めになりそう。
出撃予定時刻に雨が降っていたら、出撃は見合わせる。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】