FC2ブログ

床上浸水

0450起床、晴れ。
15006KT 090V180 9999 FEW030 SCT150 BKN/// 24/20 Q0985 RMK 1CU030 3AC150
    南東の風6kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量3/8、雲高15,000ftの高積雲
    高度20,000ft以上に雲量5/8以上の高層雲あり
    気温24℃、露点温度20℃

    霞橋水位計:+45cm

    ベランダから見下ろす霞川の水位は+10cmほど。
    台風24号により暴風警報が発令され、大荒れ・・・となるハズだったのだが・・・
    周りを見渡しても、まるで何事も無かったかのように静穏。

    この分だと、河口には何の被害もなく、即撮影出来るかも!

0545、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0550、河口現着。

    げげっ・・・

2018100101.jpg
    強風により、ブラインドフェンスの一部が破損。
    霞川河口の水位は2mくらい上がったようで、CM席も床上浸水。

2018100103.jpg
    河口の水位は+1mくらいで、撮影どころではない。
2018100102.jpg
    このまま放置するわけにもいかず・・・
    小一時間かけて復旧。

2018100104.jpg
    復旧作業間、数回、翡翠が通過した。
    撮影機材は車載のままなので、撮影出来ず。

    止まり木は・・・
    合流点の枝は流失を免れていた。

2018100107.jpg
    フィールド内を良く見ると・・・
    2番枝もその頭を水面に出していた。

2018100108.jpg
    その他の 1、3、4、5番枝は、どうなっているのか判らなかった。

    作業を終えて、機材をセットしスタンバイ。
    しかし・・・翡翠の姿をみることは無かった。
2018100105.jpg



0800、本日の修復作業を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
本流で大きな魚をゲットしたカワウ

2018100109.jpg

2018100110.jpg
どんなに大荒れになろうがやってくるカルガモ
2018100111.jpg

昨夜半の強風でキンモクセイの花はすっかり落ち、オレンジ色の絨毯になっていた。
2018100106.jpg
う~ん・・・トイレの芳香剤(^^;)

明朝までに果たして水位は下がるだろうか・・・
本流の水位が下がらないことにはどうにもならない。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】