暑くなる前に

0410起床、高曇り。
VRB02KT 9999 FEW030 BKN180 25/22 Q1015 RMK 1CU030 5AC180
    風弱く風向不定、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8、雲高18,000ftの高積雲
    気温25℃、露点温度22℃ 気圧1015Hp

    霞橋水位計:-1cm

    陽が昇るに連れ、高層雲はどんどん消散していく。
    今日は暑くなりそうだぞ。
    気温が上がると翡翠の活性は極端に低下する。
    いつも思うことだが、こう暑い日は早朝にサクサクっと・・・

0505、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0510、河口現着。

2018071101.jpg
    CM席の外気温は23℃、木陰は心地良い。

    現着時、2番枝に幼鳥がパーチしていたが・・・
    ロドスタのドアを開けた途端に何処かへ飛び去ってしまった。

0531、2番枝に♂飛来。

2018071102.jpg

2018071103.gif
0531、対岸水際に超高速ダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
    追尾し遅れて離水撮れず。

2018071104.jpg

2018071105.jpg

2018071106.jpg

2018071107.jpg

2018071108.jpg

2018071109.jpg

2018071110.jpg

2018071111.jpg

2018071112.jpg

2018071113.jpg

2018071114.jpg

2018071115.jpg
0532、♂はお魚を給餌咥えし、霞上流へ飛び去った。
2018071116.jpg

0540、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0541、4番枝に♂飛来。

2018071117.jpg

2018071118.gif
0542、♂は本流下流へ飛び去った。

0556、本流下流から本流上流に向け翡翠2羽追尾通過。

0618、1番枝に♂飛来。

2018071119.jpg
0619、♂は2番枝へ。
2018071120.jpg

2018071121.gif

2018071122.gif

2018071123.gif

2018071124.gif

2018071125.jpg
0624、♂は合流点付近でホバリング、ダイブせずに本流下流へ。

0644、♂が合流点付近でホバリング、ダイブせずに合流点の砂利へ。
0645、♂、またホバリング、ダイブせずに合流点の枝へ。
0647、またまたホバリング、ダイブせずに2番枝へ。

2018071126.jpg
    対岸水際へ超高速ダイブ、Mサイズのお魚をゲットして1番枝へ。
    今度は撮ったぞ!
    と思ったんだけど・・・着水から枝戻りまで全コマ、ぴんぼけ・・・(T^T)

2018071127.gif
0648、♂はお魚を給餌咥えして霞上流へ飛び去った。
2018071128.jpg

0732、合流点の枝に幼鳥飛来、すぐに本流下流へ。

0735、本流上流から下流に向け翡翠通過。

0744、4番枝に♂飛来。

2018071129.jpg
0745、♂はCM席左側の樹上へ。
0745、本流上流から♀と幼鳥飛来。
    ♀は左岸水際の石へ。

2018071130.jpg
    左樹上の♂は左岸水際(♀より5m下流側)へ。
2018071131.jpg
    幼鳥は1番枝へ。
2018071132.jpg

2018071133.jpg
0746、♂は霞上流へ。
    そして対岸土手を回り込んで合流点の枝へ。
0747、♀は本流上流へ。
    幼鳥、♂も本流上流へ飛び去った。

0752、2番枝に♂飛来。

2018071134.jpg

2018071135.jpg
0753、対岸水際へ超高速ダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
    またしても全カットぴんボケ・・・・(T^T)

2018071136.gif
0754、♂はお魚を給餌咥えして霞上流へ飛び去った。
2018071137.jpg

0759、右岸の石に幼鳥飛来。
2018071138.jpg
0802、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0809、4番枝に♂飛来。

2018071139.jpg

2018071140.gif
0810、♂は2番枝へ。
2018071141.jpg

2018071142.jpg
    この後♂は本流下流へ飛び去った。

0814、対岸土手越えで翡翠飛来、本流下流へ飛び去った。

0823、4番枝に♂飛来。

2018071143.jpg
    ♂はすぐにCM席左樹上へ。
2018071144.jpg
0828、♂は本流下流へ飛び去った。

0900、外気温が30℃に達したので、本日の撮影を終了し撤収。

気温が上がり始める午前8時頃を過ぎると、野鳥全般の活性が極端に低下する。
そりゃそうだよな、こんなクソ暑い日に、羽毛ジャケット着たまま飛び回りたくないわな。

今日はナイスなダイブが3回有ったというのに、悉く撮り損なってしまった。
ヤツのダイブ、恐ろしく速い。
いや、追尾、レンズの振りが恐ろしく遅いのかも・・・(T^T)
最近、どんどん下手くそになっていく。
反射神経なんてぇもんが、殆ど無くなってきたような気がする・・・

明日の予報は、yahooWeatherでは終日雨、WeatherNewsでは曇り時々晴れ。
いずれも、最高気温は30℃に達しないんだとか。

自作珈琲焙煎機のモーター交換

珈琲豆の自家焙煎を始めてからおおかた2年が経過した。
高額な焙煎機は買えないので自作したのだが、その焙煎ドラムの駆動源の「マブチモーター」が悲鳴を上げ始めた。
そりゃそうだろう、もともとそんなものに使われるとは想定していなかっただろうし。

さて、今回は「同期型モーター」を使ってみることにした。
AC電源で作動し、かつ毎分60回転前後のモーター・・・

探してみると、これが結構安価で売られているんだよね。

同期モーター
TYD-50 同期モーター AC 110V 50/60Hz 50-60RPM CW/CCW 4W
お値段何と、1,599円

回転軸に4mmのタップが切ってあるので、ここに駆動用の歯車を取り付ければ良い。
電源は家庭用AC100Vを使用。
オンオフのためにスライドスイッチ(こたつのスイッチのようなもの)を取り付ければ扱いやすくなる。
というわけで用意したものは

DSC05312.jpg
電源用ケーブル 2m
プラグ
中間スイッチ
モーター固定用ステー及びネジ類
ビニールテープ
 しめて1,570円なり。

まずはモーターに駆動用歯車と固定用ステーを取り付けた。

DSC05314.jpg

続いて、電源用ケーブル及びスイッチの取り付け。
DSC05315.jpg

そしてそれを自作焙煎機に取り付ける。
DSC05317.jpg

作業はたったこれだけ。
何の専門的知識も要らない。

さっそく電源を繋いで試運転。



マブチモーター(ギヤで変速)と違って、非常に静かだ。
回転数は55RPM、希望通り!

次回焙煎が楽しみになってきたぞ(#^_^#)

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】