復活の兆し?

0430起床、弱い雨。
04004KT 010V070 9999 -RA FEW010 BKN015 BKN030 20/18 Q1009 RMK 1ST010 6SC015 7SC030
    北東の風4kts、風向は010~070°で変化 視程10km以上
    雲量1/8、雲高1,000ftの層雲 雲量6/8、雲高1,500ftの層積雲
    雲量7/8、雲高3,000ftの層積雲
    気温20℃、露点温度18℃ 気圧1009Hp

    霞橋水位計:+5cm

    夜半に7~8mm程度の雨が降ったようだ。
    裏の河原へ降りたところで、幼鳥を撮影出来る可能性は低いだろう。
    ということで、今朝は河口ポイント、旧CM席で状況を観察してみよう。

0510、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0515、河口現着。

2018061003.jpg
    久しぶりの河口、何だかとっても落ち着くなぁ(^^;)
2018061002.jpg
    以前設置しておいた止まり木は昨夜の雨でなぎ倒されていた。
    とりあえず1~3番枝を設置。

2018061001.jpg
    CM席からの距離は
    1番枝:22m
    2番枝:12m
    3番枝: 8m

0521、2番枝に♀飛来。

2018061004.jpg

2018061005.jpg

2018061006.jpg

2018061007.jpg
0523、1番枝へ。
2018061008.jpg
    そしてすぐに合流点右岸側のブロックへ。
2018061009.jpg
    朝一の用足し、気持ち良くブリっ!(^^;)
2018061009.gif
0524、岩陰にダイブして藻エビをゲット。
2018061010.jpg
0525、♀は本流の左枝へ。
0626、本流側にダイブするも採餌失敗、本流右枝へ。
0527、♀は本流下流へ飛び去った。

0530、霞川上流から翡翠飛来、合流点岩陰にパーチ(見えず)。
0531、翡翠は本流上流へ飛び去った。

0547、霞川上流から♂飛来、2番枝に瞬パーチした後、合流点右岸のブロックへ。

2018061011.jpg

2018061012.jpg
0548、先ほど♂がパーチしたブロックに幼鳥飛来。
2018061013.jpg
    もうちょっと近づいて並んでくれると嬉しいんだけどねぇ。
    被写界深度内に入らないので、2枚合成。

2018061014.jpg
0549、♂は本流上流へ飛び去った。
    直後、幼鳥も♂の後を追って本流上流へ飛び去った。

0554、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0729、本流下流から翡翠飛来、フィールド内で右旋回して対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0800、本日の状況観察を終了、全ての止まり木を回収し撤収。

思いがけずの3羽飛来、これは復活の兆しか?
CM席前の川底には小魚は殆どいない。
小魚さえ戻ってくれば、以前のように撮影出来るようになるだろう。

今夕から明日の夕刻までの間、台風5号の接近で大荒れになりそうだ。
梅雨前線を刺激することにより、かなりの雨量が見込まれる。
この雨で川底がリセットされれば良いのだが。

明日の予報は北の風が強めで終日雨。
出撃は見合わせる予定。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】