fc2ブログ

完敗

0500起床、晴れ。
32012KT 290V360 9999 FEW030 12/M04 Q1019 RMK 1CU030
    北西の風12kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲。
    気温12℃、露点温度4℃ 気圧1019Hp

    予報では終日晴れということだが、北西の空では雲が増えつつある。
    ピーカン予報はハズレるだろう。

    霞橋水位計 +30cm 上昇中
    ん?雨も降っていないのに上昇中??

0600、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
0605、河口現着。

2017103101.jpg
    水位は昨日より10cmほど下がったようだ。
    対岸枝の下にはもう水は無い。
    翡翠の飛来も無いので、止まり木の増設及び移設作業を行った。
    1番枝はそのままに、2,3,4,5番枝を設置、対岸枝は蛇籠へ移設し「蛇籠枝」とした。

0714、本流上のブロックに幼鳥A飛来。
0718、幼鳥は本流上流へ。

0737、本流下流から本流上流に向け翡翠2羽、追尾通過。

0808、CM席から約30m下流右岸に幼鳥A飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1250 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017103103.jpg
0809、幼鳥Aはいったん駐車スペース方向へ飛んだが、すぐに中州水際へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2017103104.jpg
0810、合流点の枯れ竹へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017103105.jpg
0811、枯れ竹から本流へダイブ、採餌失敗して合流点のブロックへ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:500
2017103106.jpg
0814、再び合流点の枯れ竹へ。
0821、本流側へダイブ、採餌失敗してそのまま本流上流へ飛び去った。

0851、本流上のブロックに幼鳥A飛来。
0856、幼鳥Aは本流下流へ飛び去った。

0906、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

0902本流上流から幼鳥A飛来、CM席右側の側道沿いに下流へ飛び去った。

0923、合流点ブロックに幼鳥A飛来。

SS:1/640 F:5.6 ISO:140
2017103107.jpg
0926、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。
SS:1/2000 F:5.6 ISO;560 EV+0.67
2017103108.jpg

0942、本流上流から霞上流に向け翡翠通過。

0951、本流上のブロックに幼鳥A飛来、すぐに本流上流へ飛び去った。

1001、合流点枯れ竹に幼鳥A飛来、すぐに本流上流へ。

1003、本流上流から本流下流に向け翡翠通過。

1045、霞台1堰下の蛇籠に幼鳥A飛来。
    写距離約50m

SS:1/2000 F:5.6 ISO:720 EV-0.33
2017103114.jpg
    食休み中なのか、殆ど動かない。
1058、突然ブロック裏側にダイブ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:450
2017103115.jpg
    ありゃ?ブロック陰から出て来ない・・・
    大物をゲットしてお食事中か?
1059、幼鳥A、再び枯れ草へ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
2017103116.jpg
    この後小一時間待つも動かず・・・

1200、幼鳥Aはまだ動かない。
    本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
モズ♂

2017103102.jpg
眼前を通過するダイサギ(ノートリ)
2017103109.jpg

2017103110.jpg
合流点で泥鰌入れ食いのダイサギ ペア
2017103112.jpg

2017103113.jpg
ホオジロ ペア
2017103111.jpg

今日は爆発すると思ったんだけどなぁ。
参ったなぁ・・・AB(AlmostBouzu)、完敗だぞ・・・
しかも今日は約6時間だぞ・・・こんなに粘ったのにアウト!
粘り負け~(T-T)
こうも負け続きだと、出撃意欲激減だよな・・
それでもやっぱり明日も出撃する俺・・・アホだ・・・

明日の予報は終日晴れ、風弱く気温は6℃くらいまで冷え込むとのこと。

木枯らし1号

0500起床、晴れ。
2017103002.jpg

33021KT 9999 FEW030 16/07 Q0999 RMK 1CU030
     北西の風21kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温16℃、露点温度7℃ 気圧999Hp

    霞橋の水位計は+45cm、変化なし。

2017103001.jpg
    昨夜、水位は最大で1m近くまで上昇したようだ。
    この分だと全止まり木流失は間違い無いだろうなぁ・・・

0605、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0610、河口現着。

2017103003.jpg
    案の定、2,3,4番枝は基礎ピンごと姿を消していた。
    対岸枝のみが、かろうじてブロックの隙間に引っかかっていた。

    水位は+30cmというところか。
    昨日の増水で右岸側が1mくらい削られてしまい、水位上昇と相まって川幅が3mくらい広がったようだ。

    とりあえず1番枝のみ復旧。

2017103005.jpg

0619、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0622、対岸枝に幼鳥A飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017103009.jpg
0623、幼鳥Aは霞上流へ飛び去った。

0631、対岸竹林に幼鳥C飛来。

SS:1/1250 F:5.6
2017103010.jpg
0633、直下水際にダイブ、採餌失敗して竹林下ブロックへ。
SS:1/1250 F:5.6
2017103011.jpg

2017103012.jpg
0634、対岸枝へ。
SS:1/1250 F:5.6
2017103013.jpg
    すぐにフレコンバッグへ、そして対岸蛇籠の枯れ草へ。
SS:1/1600 F:4.5
2017103014.jpg

2017103015.jpg

2017103016.jpg
    そしてすぐにまたフレコンバッグへ。
SS:1/1250 F:4.5
2017103017.jpg
0635、フレコンバッグの陰にダイブ、採餌失敗。
    続けてまたフレコンバッグの裏側にダイブ、採餌失敗。
0638、幼鳥Cは霞上流へ飛び去った。

0645、渡河は危険なので、対岸グラウンド側からアプローチして止まり木を立てることにした。
    止まり木2本と固定用資機材を車載し対岸へ。

    対岸土手から中州へ降り立ち、2、3番枝を復旧。
    対岸枝も立て直した。
2番枝

2017103006.jpg
3番枝
2017103007.jpg
対岸枝
2017103008.jpg
    作業を終えてCM席へ引き返すとき、霞第1堰から下方を撮影。
    川の水は轟轟と音を立て水飛沫を上げ流れていた。

2017103004.jpg
    各枝復旧後のフィールドの様子。


0728、蛇籠の枯れ草に幼鳥A飛来、すぐに霞上流へ飛び去った。

0744、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

    この後1時間半、全く飛来せず。
    9時前、皆さん公園へ転戦。

    風は更に強まり、これ以上ここに留まるのは危険と判断、撤収準備に取りかかった。
0917、翡翠のけたたましい鳴き声に振り返ると・・・
    2番枝に幼鳥Aがパーチしていた。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:400 EV±0
2017103022.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:360
2017103023.jpg
0918、幼鳥Aはフレコンバッグへ。
    かなり空腹のようで、必至に魚を探していた。

2017103024.gif
0919、見辛いのだろうか、フレコンバッグ上段へ移動。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:450
2017103025.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:220
2017103026.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017103027.jpg
0923、3番枝へ。
    強風に煽られながら何とか着枝。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017103028.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017103029.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017103030.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017103031.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2017103032.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:450
2017103033.jpg

2017103034.jpg

2017103035.gif
    強い北風、そして足の下は激流、これじゃ採餌出来んよ。
    幼鳥Aは蛇籠の枯れ草へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017103036.jpg
0927、フレコンバッグへ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:100
2017103037.jpg
    すぐに水際にダイブ、藻エビをゲットしてブロックへ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017103038.jpg

2017103039.jpg

2017103040.jpg

2017103041.jpg

2017103042.jpg

2017103043.jpg
0928、幼鳥Aは立て直した対岸枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:360
2017103044.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:320
2017103045.jpg
    この後幼鳥Aは対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
中州を走るクイナ

2017103018.jpg
翼を水洗いした後天日干しするカワウ
2017103019.gif



キセキレイ
2017103021.jpg

今日は撮影は期待して居らず、増水による被害からの復旧作業が主目的だった。
常連さん達の協力でフィールドは無事復旧。
そしてついでに幼鳥A、Cも顔を出してくれ、とりあえずの水絡みも見せてくれた。

これで文句を言っちゃいけないよな。
文句言わないよ。
でもさ、明日からガッツリサービスして欲しいよな(^^;)

気象庁は、本日東京地方で木枯らし1号が吹いたと発表した。
強い北風だったが、それほど冷たくはなかったように思う。

明日の予報は終日晴れ、強風も収まるようだが・・・今季1番の冷え込みになりそうだ。

台風22号接近中

0455起床、雨。
2017102901.jpg
36006KT 4500 -RA BR FEW001 SCT002 BKN015 13/12 Q1016 RMK 1ST001 3ST002 7SC015
    北の風6kts、視程4500m 雨及びモヤ
    雲量1/8、雲高100ftの層雲 雲量3/8、雲高200ftの層雲 雲量7/8、雲高1,500ftの積雲
    気温13℃、露点温度12℃ 気圧1016Hp

    霞橋の水位計は+35cm、上昇中を示している。

    最新の予報では、これから今夜半にかけて南岸を台風22号が通過、それに伴い約150mmほどの雨が降るとのこと。
    こんな状況では出撃しても撮影は出来そうにない。
    でも、こんな状況にも関わらず出撃する人が居るんだよな・・・
    ということは、パラソルの設営、湯茶接待・・・う~ん・・・行かざるを得ない・・・

0600、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0605、河口現着。

2017102902.jpg
    フィールド内の水位は昨日より10cmほど上昇していた。
    そのため、対岸枝直下にも僅かながら流れが出来ていた。
    時折雨脚は強まり、眼前の流れは非常に速く、翡翠の飛来は期待できそうに無い。

0626、本流ブロックに幼鳥A飛来。
0630、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0654、本流ブロックに幼鳥A飛来。
0655、幼鳥AはCM席直前を通過し、霞上流へ飛び去った。

0728、対岸枝に幼鳥C飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/640 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017102904.jpg
    直下水面を見つめお魚を探しているが・・・見つからないようだ。
SS:1/800 F:4.0
2017102905.jpg

2017102906.jpg
0729、幼鳥Cは上流側のフレコンバッグへ。
SS:1/1250 F:4.0
2017102907.jpg

2017102908.jpg

2017102909.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1100
2017102910.jpg
    そしてすぐに左岸蛇籠の枯れ草へ。
SS:1/1000 F:4.0 ISO:1600
2017102911.jpg
    幼鳥が余りにも黒いので、目を離すとどこに居るのか判らなくなってしまう(^^;)
SS:1/1250 F:4.0
2017102912.jpg

2017102913.jpg
0730、幼鳥Cは合流点の枯れ竹へ。
0731、本流にダイブしたようだが不明、本流上流へ飛び去ったようだ。

0734、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。
    直後、合流点に幼鳥A飛来。
0735、幼鳥Aは本流対岸の木の中へ。

0800、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ダイサギ(ノートリ)

2017102903.jpg

約2時間の間にフィールド内の水位は約10cmほど上昇した。
止まり木を退避させるかどうか迷ったが、渡河は危険と判断し、退避を断念した。
明日には全ての止まり木が流失しているかも・・・

今日も側道沿いの水路では翡翠が飛び回っていた。
側道での撮影も考えたが・・・
道路上に三脚を設置しての撮影は通行の邪魔になるので如何なものか。

明日の予報は終日晴れ、北風が若干強めのようだ。

PB

0455起床、曇り。
35003KT 9999 FEW020 SCT050 BKN180 12/10 Q1026 RMK 1CU020 4SC050 7AC180
北の風弱く、視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 雲量4/8、雲高5,000ftの層積雲 雲量7/8、雲高18,000ftの高積雲
    気温12℃、露点温度10℃ 気圧1026Hp

    霞橋水位計は+25cm、変化なし。

    朝からどんよりとした曇り空、今日は全く撮れそうな気がしない。
    それでも出撃。
    というか、他にすることないんだよね・・・
0600、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
0605、河口現着。

201710281.jpg
    水位は昨日より15cmくらい低下し、中州は上流側へ更に成長していた。
    対岸枝直下には既に水はなく・・・3番4番枝もむなしく陸地に取り残されていた。

0624、合流点に幼鳥飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/500 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1100 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
201710282.jpg
0625、幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0713、合流点に幼鳥飛来、すぐに本流上流へ飛び去った。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
201710283.jpg

0715、本流上流から幼鳥A飛来、眼前を通過して霞第1堰下ブロックへ。
0716、幼鳥は目の前を通過し、本流上流へ飛び去った。

0722、本流下流側のブロックに幼鳥飛来。
0725、幼鳥は本流上流へ。

0805、幼鳥Aが上流側フレコンバッグに飛来。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:800
201710284.jpg
0807、幼鳥Aは眼前を通過し、本流上流へ飛び去った。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1250
201710285.jpg

0829、本流下流のブロックに幼鳥飛来、すぐに本流下流へ。
    その後1時間半、全く飛来せず。

1000、本日の撮影を諦め退散。

このところ撮影は下り調子、ついに完全ボウズを喰らってしまった。
先日の台風22号でフィールド内の地形が大きく変わってしまったのがその原因と思われる。
次の大雨は・・・来春以降だろう。
ということで、これから半年くらいの間は、ここでの撮影は非常に厳しいと思われる。
他に撮影場所を開拓しないと。

ヒマな時間、側道沿いにぶらぶらとお散歩。
側道沿いの水路には小魚がたくさん泳いでおり、翡翠が茂みからダイブを繰り返していた。
こんなところで採餌してるんだなぁ・・・これじゃフィールドに来ないハズだ。

今夕から明日いっぱいは台風22号の影響により雨が予報されている。
前回ほどの大雨にはならないだろうが、念のため1番枝だけは回収しておいた。
(対岸枝は・・・渡河できず回収を断念)

明日は鳥撮り出来そうにないのでお休みの予定。

AB(AlmostBOUZU)

0455起床、晴れ。
25002KT 9999 FEW/// 09/07 Q1021
    西の風弱く視程10km以上 晴れ
    高層に僅かに雲あり
    気温9℃、露点温度7℃ 気圧1021Hp

    見事に秋晴れ。
    でもこのお天気も今日までで、明日からまた台風の影響を受けるらしい。

    霞橋水位計は+30cmを示し、変化なし。

0550、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0555河口現着。

2017102702.jpg
    水位は昨日より約10cm低下、中州が更に巨大化している。
    気持ちの良い青空だ。

2017102703.jpg
    CM席の気温は摂氏7℃、寒っ!
2017102701.jpg
    翡翠の鳴き声すら聞こえないので、湯を沸かし珈琲を準備。

0620、本流上流から霞上流に向け翡翠通過。

0621、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0629、本流上流から本流下流に向け翡翠通過。

0634、幼鳥が合流点の枯れ竹に飛来。
    枝被りで殆ど見えず。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:500 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017102705.jpg
0636、本流にダイブし、そのまま本流上流へ飛び去った。

0644、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

    直後、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

0746、堰下ブロックに幼鳥飛来。
0747、幼鳥は、本流下流へ飛び去った。

0831、対岸枝に幼鳥C飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017102706.jpg
0832、幼鳥Cは合流点の枯れ竹へ。
0833、本流にダイブして水棲昆虫?をゲットし、本流下流へ飛び去った。

0836、合流点右岸に幼鳥C飛来、本流にダイブするも採餌失敗、戻りホバ。

2017102707.gif
0837、本流にダイブ、採餌失敗して戻りホバ。
0838、また採餌失敗、戻りホバ、そして本流下流へ飛び去った。

0841、合流点枯れ竹に幼鳥C飛来。
0843、本流にダイブして水棲昆虫をゲットし、本流上流へ飛び去った。

0847、対岸枝に幼鳥C飛来。

SS:1/2000 F:5.6
2017102708.jpg

2017102709.gif
0849、幼鳥Cは4番枝へ。
    タダでさえ黒いのに、逆光で真っ黒・・・

SS:1/2000 F:5.6 ISO:900 EV+1.0
2017102710.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600 EV+1.33
2017102711.jpg
    幼鳥Cはすぐに合流点枯れ竹の裏側へ。
0850、本流上でホバリング、採餌失敗。

2017102712.gif
0851、幼鳥C刃本流を下っていった。

0859、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

0905、4番枝に幼鳥A飛来。
    随分と待たせたな・・・ちゃんと仕事しろよっ!

SS:1/1600 F:5.6 EV+1.0
2017102714.jpg

2017102715.jpg
0906、幼鳥Aはダイブせず、本流下流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:5.6 EV+1.33
2017102716.jpg

0921、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0950、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

1030、本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
キセキレイ

2017102704.gif
モズ♂
彼は最近別♂と付き合っているようで、フィールド内で♂2羽、仲良く遊んでいる・・・ひょっとしてLGBTか?

2017102713.jpg
セグロセキレイ
2017102717.jpg

今日も待たされ続け、そして待ちぼうけ・・・
台風一過の爆発は僅か1日のみ、あとは・・・毎日がほぼボウズだ・・・
明日からはまた台風の影響を受け天候は下り坂。
毎日こんな調子だとストレスも貯まるし疲れは取れないし・・・
う~ん・・・参ったなぁ。

明日の予報は朝のうちは曇りでその後は雨。

寒っ!

0455起床、晴れ。
26003KT 9999 NSC 09/08 Q1020
    西の風3kts、視程10km
    NSC 気温9℃、露点温度8℃ 気圧1020Hp

    METARの中にNSCという言葉が出てきた。
    これは No Significant Change の略で、特に変化なしという意味という場合、
    または Nil Significant Cloud の略で、5000ft以下に雲がなく、かつ重要な対流雲がないとき
    のどちらかを意味している。
    要するに晴れてるってこと(^^;)

    霞橋の水位計は

2017102601.jpg
    +30cmで変化なしとのこと。

0550、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0555、河口現着。

2017102603.jpg
    河口の水位は昨日に比し20cmほど下がり、目の前に巨大な中州が出現した。
2017102602.jpg
    気温は摂氏7.5度・・・寒っ!

    寒いのは気温だけじゃなかった。
    この後2時間以上、翡翠の鳴き声すら聞こえなかった。

0809、下流側右岸に幼鳥飛来。
    これは・・・久しぶりの幼鳥Cかな。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/640 F:5.6 マニュアル露出 ISO:280 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017102604.jpg
SS:1/640 F:5.6 ISO:320
2017102605.jpg
    この後幼鳥Cは駐車スペースの側道へ。
    先日の増水で側道に取り残された水たまりにダイブしたように見えたが、その後グランド方向へ姿を消した。

SS:1/640 F:5.6 ISO:280
2017102606.jpg
    そしてすぐに対岸枝へ。
SS:1/640 F:5.6 ISO:800
2017102607.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017102608.jpg
0811、中州水際にダイブして小魚をゲット。
    AFは中州の石に引っ張られピンボケ・・・(T-T)

SS:1/1600 F:5.6
2017102609.jpg

2017102610.jpg

2017102611.gif

2017102612.jpg
0819、水棲昆虫をゲットして対岸ブロックへ。
SS:1/1600 F:5.6
2017102613.jpg

2017102614.jpg

2017102615.jpg
    ありゃ・・・落っことしちまった・・・(T-T)
SS:1/1600 F:5.6
2017102616.jpg
    すぐにダイブして無事回収。
SS:1/1600 F:5.6
2017102617.jpg

2017102618.jpg

2017102619.jpg

2017102620.jpg

2017102621.jpg

2017102622.jpg

2017102623.jpg

2017102624.jpg

2017102625.jpg

2017102626.jpg
    そして再び対岸枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2017102627.jpg
    直下にダイブ、藻エビをゲットして対岸ブロックへ。
SS:1/1600 F:5.6
2017102628.jpg

2017102629.jpg

2017102630.jpg

2017102631.jpg

2017102632.jpg
0820、対岸フレコンバッグへ、そしてすぐに対岸蛇籠の草へ。
SS:1/1000 F:5.6
2017102633.jpg
SS:1/1250 F:5.6
2017102634.jpg
0823、フレコンバッグの隙間にダイブ、採餌失敗して4番枝へ。
SS:1/1250 F:5.6 ISO:1000
2017102635.jpg
SS:1/1600 F:5.0 ISO:1250 EV+0.67
2017102636.jpg
0824、幼鳥Cは上流右岸側方向へ姿を消した。

0841、合流点の砂浜に幼鳥A飛来。

SS:1/1600 F:5.0 ISO:280 EV-0.33
2017102637.jpg
    水際にダイブ、採餌失敗して枯れ竹へ。
0842、枯れ竹から本流へダイブ、採餌失敗。
0843、幼鳥Aは対岸枝へ、そしてすぐに霞上流へ飛び去った。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017102638.jpg

2017102639.jpg

2017102640.jpg

2017102641.jpg

0844、霞上流から本流上流に向け幼鳥A通過。

0951、下流から幼鳥A飛来、眼前を通過して蛇籠の草へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:800 EV+0.33
2017102644.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100
2017102645.jpg
SS:1/800 F:5.6 ISO:1600
2017102646.jpg
    すぐにフレコンバッグの隙間にダイブ、藻エビをゲット。
SS:1/800 F:5.0 ISO:640
2017102647.jpg
0952、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0955、本流上流から本流下流に向け翡翠通過。

1005、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

1022、本流上流から本流下流に向け翡翠通過。

1024、本流下流から本流上流に向け翡翠2羽通過。

1027、3番枝に幼鳥A飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:800 EV±0
2017102653.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017102654.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800 EV-0.33
2017102655.jpg
1030、幼鳥Aは本流下流へ飛び去った。

1035、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
アオサギ

2017102650.jpg

2017102651.gif

2017102652.jpg
付近のグラウンドにアプローチしていたドクターヘリ
SS:1/2000 F:5.6 ISO:360 EV+1.0
2017102642.jpg
SS:1/200 F:9.0 ISO:100
2017102643.jpg
SS:1/160 F:18.0 ISO:110
2017102648.jpg
この機体はマクダネルダグラス社製のMD900 エクスプローラー。
一般的なヘリコプターと違って尾部にローターが無い(NOTAR)。
メインローターによって生じる半トルクは尾部からジェットエンジンの排気を排出することで打ち消している。
テレビドラマ「コードブルー」に登場している。
尾部にローターが無いため、キャビン後部クラムシェルドアからのストレッチャー搬出入の安全性が高い。

今朝は寒かった・・・
今季一番の冷え込み。
そして鳥撮りの成果も寒かった・・・
明日の予報は終日晴れ、更に2度くらい冷え込むんだって。

水位下がらず?

0450起床、雨。
35006KT 9999 -SHRA FEW030 BKN080 BKN120 11/09 Q1019 RMK 1CU030 5AC080 7AC120
    北の風6kts、視程10km以上、雨
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8、雲高8,000ftの高積雲 雲量7/8、雲高12,000ftの高積雲
    気温11℃、露点温度9℃ 気圧1019Hp

    寒っ!
    気温は昨日より低く、そして明日、明後日はもっと下がるらしい。
    霞橋の水位計は+40cm、変化なし。
    水位がなかなか下がらない。

0600、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0605、河口現着。

2017102501.jpg
    河口の水位は昨日より20cmくらい下がっただろうか。
    というより、中州がドド~ンとせり上がってきたような感じだ。
    以前は、上流側のフレコンバッグは水面から1mくらいの高さがあった。
    ところが今は川底に砂利が堆積し、フレコンバッグがほぼ埋まってしまっている。
    眼前の河床も1m以上盛り上がり、霞川の流れはこちら岸に寄ってしまった。
    昨日立てた止まり木のうち3番枝は、今は中州の真ん中に立っていた・・・
    流れは速く、止まり木位置の修正は不可能。

    こんな天気だというのに、CMさんの出は良い。

2017102502.jpg

0607、対岸枝に幼鳥A飛来。
NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/160 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017102503.jpg
0610、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0628、再び対岸枝に幼鳥A飛来。

SS:1/800 F:4.0 EV-0.67
2017102504.jpg
0632、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

    翡翠の出は良い・・・と思ったのは大間違い・・・
    その後は全く飛来せず、鳴き声も聞こえず2時間以上経過・・・

0845、霞上流から翡翠飛来、フィールド内でU-ターンして再び上流へ。

0848、対岸枝に幼鳥A飛来。

SS:1/800 F:4.0 ISO:500
2017102507.jpg
0850、ペレット吐出。
2017102508.gif
     どこかで白身魚をしっかりと食べているようだ。
0851、3番枝へ。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:1600
2017102509.jpg
    すぐに4番枝へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1100
2017102510.jpg
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1400
2017102511.jpg
0852、枝裏岩陰にダイブ、採餌失敗。
    当然撮れないと思い真面目に追尾せず・・・あとで確認したところ、着水点は見えていた・・・(T-T)
    幼鳥Aはこのあと霞上流へ飛び去った。

0855、幼鳥Aが対岸枝に戻ってきた。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:1600
2017102512.jpg
0856、4番枝へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:900
2017102513.jpg
    ダイブを期待したが、この後すぐに本流上流へ飛び去った。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1100
2017102514.jpg

0943、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0945、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0951、合流点の枯れ竹に幼鳥A飛来。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:560
2017102517.jpg
0952、中州先端、河床の石へ。
    そしてすぐに本流上流へ飛び去った。

0955、幼鳥Aが2番枝に飛来。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:1250
2017102518.jpg
    すぐに飛び出し、急流の上でホバリング、ダイブせずに枝戻り。
    ホバリングはピント合わせられず。

SS:1/2500 F:5.0 ISO:1600
2017102519.jpg

2017102520.jpg

2017102521.jpg
0956、急流にダイブして小魚をゲットし、4番枝へ。
    離水、AFは背景に貼り付き撮れず(T-T)

SS:1/2500 F:5.0 ISO:1100
2017102522.jpg

2017102523.jpg
SS:1/2500 F:5.0 ISO:1600
2017102524.jpg

2017102525.jpg
0957、小魚をゲットして対岸のブロックへ。
SS:1/2500 F:5.0 ISO:1400
2017102526.jpg
SS:1/2500 F:5.0 ISO:1600
2017102527.jpg

2017102528.jpg

2017102529.jpg

2017102530.jpg

2017102531.jpg

2017102532.jpg
SS:1/2500 F:5.0 ISO:900
2017102533.jpg

2017102534.jpg
SS:1/2500 F:5.0 ISO:720
2017102535.jpg
SS:1/2500 F:5.0 ISO:900
2017102536.jpg
SS:1/2500 F:5.0 ISO:800
2017102537.jpg
0957、幼鳥Aは本流下流へ飛び去った。

1000、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

1001、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

1003、対岸竹林下ブロックに幼鳥A飛来。

SS:1/2500 F:5.0 ISO:1600
2017102538.jpg
    幼鳥Aは4番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2017102539.jpg
    さぁ!飛び込め~っ!
1004、幼鳥Aは霞上流へ飛び去った。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017102540.jpg

1005、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

1015、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

1039、合流点に幼鳥A飛来。
    すぐに枯れ竹へ移動し、ペレット吐出。

2017102542.gif
1042、幼鳥Aは対岸枝へ。
    ペレットを出したんだもの、あとは採餌しかないよな。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017102543.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017102544.jpg
1044、幼鳥Aは対岸のブロックへ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017102545.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017102546.jpg
    この後すぐにフレコンバッグへ。
1045、フレコンバッグからダイブ、小魚をゲット。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017102547.jpg

2017102548.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017102549.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017102550.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017102551.jpg

2017102552.jpg

2017102553.jpg

2017102554.jpg

2017102555.jpg

2017102556.jpg

2017102557.jpg

2017102558.jpg

2017102559.jpg

2017102560.jpg

2017102561.jpg
1046、幼鳥Aは霞上流へ飛び去った。

1050、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
カルガモペア

2017102505.jpg
大きなウグイをゲットしたアオサギ
2017102506.jpg
ドジョウをゲットしたモズ♂
2017102515.jpg
この後ドジョウを竹林まで運んだのだが・・・落としてしまい回収できず。
対岸枝でガックリ肩を落とすモズ♂  逃がした泥鰌は大きかった・・・(^^;)

2017102516.jpg
2番枝にパーチするセグロセキレイ
2017102541.gif

大雨でリセットされたかと期待したのだが、相変わらず翡翠の出は良くない。
せめて、もう少し早めに飛来して欲しい。
フィールド内、川の流れは大きく変わり、今後どのような展開をするのか全く検討もつかず。

明日の予報は終日晴れ、明け方の気温は8℃くらいまで下がるそうだ。

床上浸水



0450起床、高曇り。
34011KT 9999 FEW030 BKN/// 14/04 Q1018 RMK 1CU030
    北の風11kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上の雲
    気温14℃、露点温度4℃ 気圧1018Hp

    台風一過の秋晴れ、ピーカンになるハズだったのだが・・・
    どうやら既に天候は下り坂のようだ。

    午前5時現在の霞橋水位計は、+50cm、変化なしと表示。

2017102401.jpg

    今日は、水位が下がっていればフィールドの復旧作業を行うつもりなのだが・・・。
    撮影は・・・無理だろうなぁ。

0555、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0600、河口現着。

2017102402.jpg
    今回の大雨で河口の水位は過去に経験の無いほど上昇していた。
    川幅は約3mほど広がり、中央に大きな中州が出現。
    合流点側の中州は1m以上盛り上がっていた。
    対岸土手を見てみると・・・

2017102403.jpg
    少なくとも2mは上昇したようだ。
    そのためカメラ席も水没。
    床上約20cmほどの浸水となった。
    資材庫の中にも川水は浸入し、収納してあったヤカンその他は泥だらけ。
    まずはCM席の清掃、そして収納資機材の洗浄作業を行った。

    清掃作業が一段落したので、次に止まり木の復旧作業に着手。
    ウェーダーを着用して川に入るが・・・
    流れが速く危険な状態だ。
    上流側から入水し中州に辿り着き、約30分かけて全ての止まり木を復旧させた。

0701、本流下流から上流に向け翡翠2羽通過、直後U-ターンして2羽は本流下流へ。
    とりあえず翡翠の生存は確認出来た。

0747、合流点本流側の草に幼鳥飛来、すぐに本流下流へ飛び去った。

0835、合流点の流木に幼鳥A飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2500 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1100 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017102405.jpg
0837、右岸側で採餌失敗。
2017102406.gif
0844、幼鳥Aは本流を下っていった。

0904、合流点の草に幼鳥A飛来。
0905、本流にダイブするも採餌失敗。
0906、合流点左岸側枯竹へ。
0907、本流にダイブ、採餌失敗して対岸竹林下のブロックへ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017102407.jpg
0908、竹林下の岩陰にダイブ、採餌失敗。
0909、幼鳥Aは先ほど立てた対岸枝へ。

SS:1/2500 F:5.6  ISO:180 EV-0.33
2017102408.jpg
0910、採餌失敗。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:450
2017102409.jpg

2017102410.jpg

2017102411.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2017102412.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:400
2017102413.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:360
2017102414.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:320
2017102415.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:280
2017102416.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:320
2017102417.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:280
2017102418.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:250
2017102419.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:280
2017102420.jpg
    続けてダイブ、またまた採餌失敗。
    対岸枝からの飛び上がりを撮ったら直後にファインダー内で見失い・・・
    次に捕捉出来たのは着枝寸前(T-T)

2017102421.gif
0911、また採餌失敗。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:320
2017102422.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:400
2017102423.jpg

2017102424.jpg

2017102425.jpg
    幼鳥Aは2番枝へ。写距離12.5m
SS:1/2500 F:6.3 ISO:560
2017102426.jpg
0912、中州水際にダイブして小魚をゲット。
SS:1/2500 F:6.3
2017102427.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017102428.jpg

2017102429.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:450
2017102430.jpg

2017102431.jpg
0913、2番枝から飛び降り、ブレーキホバ。
2017102432.gif
     ダイブせずに枝戻り。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017102433.jpg

2017102434.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017102435.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:360
2017102436.jpg
    すぐにダイブし直し小魚をゲット。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017102437.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017102438.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017102439.jpg
0914、ちょいと大きめのお魚をゲットして河床の岩へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100
2017102440.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017102441.jpg

2017102442.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017102443.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017102444.jpg
    ここでは調理不可と判断したのか、お魚を咥えて対岸枝へ。
SS:1/2500 F:6.3
2017102445.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017102446.jpg
    そして時間を掛けてじっくり調理。
    何だかとっても嬉しそうだった(^^;)

2017102447.gif
    完食、水浴びもせずに食休みかな。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017102448.jpg
0918、突然のダイブ、採餌失敗。
    慌ててレンズを振って何とか間に合った・・・
    それにしても・・・まだ喰うつもりなのかよ・・・

SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2017102449.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:450
2017102450.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:560
2017102451.jpg

2017102452.jpg
    続けてダイブ、小魚をゲット。
    ちゃんと捉えたつもりだったんだけどピンボケ(T-T)
0919、採餌失敗。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017102453.jpg

2017102454.jpg

2017102455.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017102456.jpg
    どうやら今度はホントに食休みに入ったようで、枝上で固まってしまった。
0933、突然ダイブして小魚をゲット。
    急いでレンズを振ったが、離水間に合わず。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100
2017102457.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017102458.jpg

2017102459.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017102460.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100
2017102461.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017102462.jpg
0936、幼鳥Aは上流右岸側の藪の中へ。
    さすがに今度は本気モードの食休みだろう。
    撮影枚数も多くなり、これから更に1時間も待つ気にもなれず・・・

0950、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
合流点のアオサギ

2017102404.jpg

今日の主目的は被害復旧。
大増水だったにも関わらず被害は最小限で済み、止まり木の復旧作業も何とか出来た。
これで十分満足して撤収するところだったのだが、思いもよらず幼鳥の連続ダイブ\(^o^)/
久しぶりの撮影で勘が鈍っていたものの、気負うことなく撮影を楽しむことが出来た。

今回の大雨が、今までの不調をリセットしてくれたのだと良いのだが。

明日の予報は曇り時々雨で、寒い一日になりそうだ。

21号通過中

0605、台風21号が直上を通過中。
31021G33KT 3000 SHRA FEW003 SCT005 BKN008 17/16 Q0970 RMK 1ST003 3ST005 5ST008
    北西の風21kts、瞬間最大33kts 視程3000m 雨
    雲量1/8、雲高300ftの層雲 雲量3/8、雲高500ftの層雲 雲量5/8、雲高800ftの層雲
    気温17℃、露点温度16℃ 気圧970Hp

    かなりの強風が吹いているが、西の空が明るくなってきており、青空も見え始めている。

2017102301.jpg
    霞橋の水位計は+1.5m、上昇から降下に転じたようだ。

    河口、CM席は水面から2m弱、たぶん大丈夫だとは思うが・・・

    間もなく雨も上がり天候は急速に回復するだろう。
    フィールドの復旧作業は明日を予定。

※以下はMTDK氏撮影画像を転載
  フィールド管理人のHSB氏、巡回中(^^;)

2017102312.jpg

2017102311.jpg

2017102305.jpg

2017102302.jpg

2017102303.jpg

2017102304.jpg

2017102309.jpg

2017102306.jpg

2017102307.jpg

2017102310.jpg

台風21号接近中

0750起床、雨。
    いつもは午前4時~5時の間に起床している。
    8時前まで朝寝坊したのって・・・何年ぶりだろう。
    台風21号接近中、鳥撮りなんか出来やしないんだから、いいか。

    で・・・その台風21号なんだけど・・・
    ん?
    窓の外を見ると・・・そんなに大荒れじゃないぞ。
    霞川の水位計は

2017102201.jpg
    +40cm、上昇中。
    ベランダから見下ろす霞川は・・・

2017102202.jpg
    確かに増水、濁流と化していた。
2017102203.jpg
    それでも、昨夏の台風災害ほどの増水ではない。
2017102204.jpg
    21号の最新情報を見ると・・・
    ありゃ?まだ沖縄の東方なんだ・・・

2017102205.jpg
    しかも予想進路は・・・
    ビルマ川河口直撃コース・・・
    これからなんだな・・・

    あ、投票してこなくちゃ。

明日の予報は明け方まで大荒れ、昼前から晴れ。
明日中の河口被害復旧は無理のようだ。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】