fc2ブログ

早朝のみ

0500起床、高曇り。
34003KT 9999 FEW030 SCT070 BKN/// 16/13 Q1018 RMK 1CU030 3AC070
    北の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量3/8、雲高7,000ftの高積雲 雲高20,000ft以上に5/8以上の雲あり
    気温16℃、露点温度13℃ 気圧1018Hp

    今朝も少々肌寒いので、上着1枚着用。
0600、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0605、河口現着。

2017093001.jpg
    今朝も水位は良い塩梅。
    現着時、幼鳥Aは合流点のブロックにパーチしていたが、すぐに本流下流へ飛び去った。

0647、合流点の枯れ竹に幼鳥A飛来。
0649、幼鳥は中州へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1100 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017093003.jpg
0650、採餌失敗。
    続けてダイブ、微サイズのお魚をゲット。

2017093004.jpg
0651、採餌失敗して2番枝へ。
2017093005.jpg
SS:1/1600 F:4.0  ISO:1600
2017093006.jpg
    幼鳥Aはすぐに対岸枝へ。
SS:1/1600 F:4.0 EV-0.33
2017093007.jpg
0653、再び2番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0
2017093008.jpg

2017093009.jpg

2017093010.jpg

2017093011.jpg
    すぐにはダイブせず羽繕い。
2017093012.gif

2017093013.gif

2017093014.gif

2017093015.gif
0654、採餌失敗して河床の石へ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1400
2017093016.jpg

2017093017.jpg
SS:1/1600 F:4.0 1600
2017093018.jpg

2017093019.jpg

2017093020.jpg

2017093021.jpg
SS:1/1600 F:4.0 1400
2017093022.jpg
0655、石の横にダイブして藻エビをゲット。
    幼鳥は1番枝へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:800 EV+0.33
2017093023.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:900
2017093024.jpg
0656、採餌失敗して赤岩へ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1250
2017093025.jpg

2017093026.jpg

2017093027.jpg

2017093028.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1600
2017093029.jpg

2017093030.jpg
    もう一度至近ダイブを期待したが、幼鳥Aは合流点へ。
0658、ブロックからダイブするも採餌失敗、本流下流へ飛び去った。

2017093031.gif

0700、合流点の枯れ竹に幼鳥A飛来。
0701、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0703、本流上流から霞上流に向け翡翠、高速通過。

0719、2番枝に幼鳥A飛来。

SS:1/2000 F:4.0 ISO:1100 EV-0.33
2017093032.jpg

2017093033.jpg

2017093034.jpg

2017093035.jpg
0721、幼鳥Aは中州へ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:400
2017093036.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:450
2017093037.jpg
0723、合流点の枯れ竹へ。
0728、幼鳥Aは本流上でホバリング3回、採餌失敗して本流上流へ飛び去った。

    この後全く飛来せず・・・

1000、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
今日はガビチョウ、クイナ等、いろいろな野鳥が姿を見せた。
でも撮影したのはイソシギのみ。

2017093038.jpg

先日、CM席の傷んだ簡易ブラインド板をプラダンに替えた。
2017093002.jpg
グレーのままで良いと考えていたのだが・・・
本流側からみると・・・えらく目立つ。
近いうちに濃緑色に塗り替える予定。

いつもと違って今朝は早朝の翡翠の出が良かった。
こりゃ大量撮影かなと思ったら・・・朝だけ・・・
その後はさっぱり。
たぶんだっくが撤収した後に大爆発しているんだろうけど(昨日がそうだったらしい)。

明日の予報は終日晴れ、朝の最低気温は13℃まで下がるらしい。

少しずつ

0500起床、概ね晴れ。
2017092901.jpg

28003KT 9999 FEW015 BKN060 BKN080 16/14 Q1011 RMK 1CU015 6SC060 5AC080
    西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高1,500ftの積雲 雲量6/8、雲高6,000ftの層積雲 雲量5/8、雲高8,000ftの高積雲
    気温16℃、露点温度14℃ 気圧1011Hp

    16℃、今季最低気温かな。
    涼しいを通り越してちょっと肌寒い。
    でも今日の予報は終日晴れ、気温は25℃以上になるそうな。

0555、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0600、河口現着。
    先着ANDY氏によれば、ちょっと前に幼鳥が飛来していたとのこと。

2017092902.jpg
    水位は今日もちょうど良い塩梅だ。

0617、2番枝に幼鳥A飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017092903.jpg
SS:1/2000 F:4.0 EV-0.67
2017092904.jpg
0622、ダイブして小魚をゲットし、合流点の石へ。
    2番枝の陰に着水、全く撮影出来ず( ̄△ ̄)
0624、本流上でホバリング、ダイブせずに合流点の枯れ竹へ、そして本流上流へ飛び去った。

0644、4番枝にえらく真っ黒な幼鳥が飛来。
    初顔だな。女の子?
    このくらい幼いと、嘴の下が紅くても♀とは限らない。もう少し成長しないと確定じゃないんだよね。

SS:1/2000 F:4.0 EV±0
2017092905.jpg

2017092906.jpg
    すぐに対岸のFCBへ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:560
2017092907.jpg
0646、直下水際にダイブ、採餌失敗して対岸枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017092908.jpg

2017092909.jpg

2017092910.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:500
2017092911.jpg
0648、水際で水棲昆虫?をゲットして中州の石へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:900
2017092912.jpg
SS:1/2000 F:5.0 ISO:800
2017092913.jpg
    採餌失敗。
SS:1/2000 F:5.0
2017092915.jpg

2017092916.jpg

2017092917.jpg

2017092918.jpg

2017092919.jpg

2017092920.jpg
0649、石の隙間でチマチマダイブ、採餌失敗。
    続けてダイブ、また採餌失敗、合流点のブロックへ。

2017092924.gif
    幼鳥、1番枝へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1600 EV+0.67
2017092925.jpg
    カメラマンと目が合ったのか、すぐに合流点ブロックへ。
SS:1/2000 F:5.0
2017092926.jpg
0650、ブロック下にダイブ、微サイズのお魚をゲット。
2017092927.gif
0651、幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0708、合流点のブロックに幼鳥A飛来。
0711、幼鳥Aは2番枝へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000 EV+0.33
2017092929.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:720
2017092930.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:560 EV-0.33
2017092931.jpg
0713、ダイブするも採餌失敗、4番枝へ。
    ちゃんと追尾したつもりなんだけど、全コマピンボケ・・・( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:5.6 ISO:450
2017092932.jpg
0714、幼鳥Aは合流点の枯れ竹へ。
0716、合流点で3連続採餌失敗。
0717、再び枯れ竹へ。
0720、合流点のブロックへ、そしてすぐにまた枯れ竹へ。
0721、合流点でホバリング、ダイブせず中州先端へ。
0722、本流上でホバリング。
0728、採餌失敗。
    続けてダイブ、採餌失敗して合流点のブロックへ。
0732、本流上でホバリング、採餌失敗して本流下流へ飛び去った。

0822、本流下流から霞上流に向けて翡翠通過。

0851、霞上流から2羽飛来、本流上で追いかけ回して本流上流へ。

0853、2番枝に幼鳥A飛来。

SS:1/3200 F:6.3 ISO:500 EV-0.67
2017092937.jpg
    何処かで食事を済ませ、食休みのようだ。
SS:1/2500 F:6.3 EV-0.33
2017092938.jpg
    幼鳥Aは固まって動かなくなってしまった。
    動かない動画(^^;)


    固まってから約20分経過、ノビ1回目。
2017092939.gif
    また暫く固まって、ノビ2回目。
2017092940.gif
    アタマかいかい
2017092941.gif

2017092942.gif
    そしてノビ3回目。
2017092943.gif
    そろそろペレットを吐くだろうと思っていたら
SS:1/2500 F:6.3
2017092944.jpg
0928、採餌失敗して河床の石へ。
    緊張の糸が切れて追尾出来ず(T-T)

SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017092945.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:360
2017092946.jpg
0929、中州浅瀬でホバリング。
2017092947.gif
    採餌失敗。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:450
2017092948.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:400
2017092949.jpg

2017092950.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:320
2017092951.jpg
0930、採餌失敗。
2017092952.gif
SS:1/2500 F:6.3
2017092953.jpg
    直後、合流点に別個体出現。
    幼鳥Aスクランブル発進、本流上を追いかけ回し、更に霞上流へ。

1000、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
アオアシシギ
河口では初見。

2017092933.jpg

2017092934.jpg

2017092935.jpg
奥に居るイソシギの2倍くらいのサイズだった。
2017092936.jpg

今日は朝から出が良いので爆発するかと期待したのだが・・・
確かに長居してくれたけど・・・
期待した連続ダイブは無し。
そして数少ないダイブチャンスは枝陰だったり岩陰だったり・・・
そして更に少ない撮影可能ダイブは・・・ミスで撮り損ない・・・あぅ・・・

ここ数日に比べれば、少しずつではあるが翡翠の出は良くなっているような気がする。
明日こそは連続ダイブ、見事なパフォーマンスを披露して欲しいものだ。
あ、いや、そんなに一気になじゃなくていいや、少しずつでいいから(^^;)

明日の予報は明け方は雲が多めだが、終日晴れ。

熱収縮

先日、ロードスターのラジエター部スポンジを交換した。
作業は完璧に終了と思っていたのだが・・・
今朝ボンネットを開けてみたら・・・

DSC03974.jpg
何と・・・
貼り付けたウレタンが収縮し、隙間が出来ていた。
中央部で約6mm、バンパー部との間は約3mm。
コレじゃ何のために交換したのか・・・意味がなくなってしまった。
原因はラジエターの熱と思われる。

ということで、エプトシーラーを購入(約800円)し、張り替え作業を行った。

DSC03981.jpg
作業は至って簡単。
ラジエターのブレ止め2ヶ所を外しラジエターを若干後ろに倒したのち、エプトシーラーを貼り付けた。

DSC03984.jpg

DSC03991.jpg
隙間は完全にふさがった。
さて、このスポンジは熱には大丈夫なのだろうか・・・。

秒間10コマ

0500起床、雨。
02004KT 4000 -SHRA BR FEW002 BKN003 BKN006 18/17 Q1002 RMK 1ST002 5ST003 6ST006
    北の風弱く視程4000m、雨及びモヤ
    雲量1/8、雲高200ftの層雲 雲量5/8、雲高300ftの層雲 雲量6/8、雲高600ftの層雲
    気温18℃、露点温度17℃ 気圧1002Hp

    関東南部では大雨による被害も出ているらしいが、ここビルマ地方は小雨。
    気温が低く肌寒さを感じさせるが、何と熱中症の警戒情報が発令されている。
    最新の予報では雨は間もなく上がるものの、昼前後にまた降るとのこと。

0600、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0605、河口現着。

2017092801.jpg
    水位は昨日より+15cmと言ったところか。
    この後8時半頃まで水位は上昇したが、その後は徐々に下降した。

2017092802.gif

    今朝も昨日同様、全く飛来せず。
    川の水はそれほど濁ってはおらず、採餌には問題無いハズなのだが・・・

0720、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

0849、2番枝に幼鳥A飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:5.6 マニュアル露出 ISO:560 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017092803.jpg
0851、採餌失敗。
    レンズの振りを制御出来ず、撮影も失敗。
0852、幼鳥Aは中州付近の岩へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017092804.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017092805.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017092806.jpg
0853、微サイズのお魚をゲット。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2017092807.jpg

2017092808.jpg

2017092809.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017092810.jpg
    幼鳥はこの後合流点の枯れ竹へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600 EV+0.67
2017092811.jpg
0855、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0912、2番枝に幼鳥A飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:640 EV-0.33
2017092812.jpg

2017092813.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017092814.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017092815.jpg
0917、採餌失敗。
SS:1/2500 F:5.6
2017092816.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017092817.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2017092818.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2017092819.jpg

2017092820.jpg

2017092821.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017092822.jpg

2017092823.jpg

2017092824.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017092825.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017092826.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017092827.jpg

2017092828.jpg
    続けて2番枝からハイジャンプアップダイブ、採餌失敗。
    一瞬にしてファインダーから消失、全く対応出来なかった。
    幼鳥Aは対岸枝へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2017092829.jpg
    採餌失敗しているので次のダイブを期待したのだが・・・
0923、幼鳥Aは合流点のブロックへ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:280
2017092830.jpg
    そして本流を下っていった。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

今日はD4Sの撮影速度を秒間10コマにセットした。(昨日までは秒間11コマ)
僅か1コマの違いだが、随分と遅く感じられる。
0917のダイブでは、離水から枝戻りまで全く見失うことなく追尾出来た。
この1コマの差は大きい。
コレで満足出来たので、これ以上粘らずに引き上げた。

明日の予報は終日晴れで、明け方の気温は15℃以下になるとのこと。
秋が一気に深まるのか。

シートカバー補修

MAZDA Roadster(NB6C)のシートは数年前に穴が空き、専用設計のシートカバーを被せた。
カバーのお値段は当時2万円以上・・・。
今度はそのカバーに穴が・・・
カバーそのものを買い換えるのはもったいないので、部分補修してみることに。
準備したのは

DSC03969.jpg
お値段518円。
これで治りゃ言うことなし(^^;)
早速、シートに貼り付けてみた。
もちろん、汚れを拭き取り脱脂してから貼り付けた。

DSC03965.jpg

DSC03966.jpg
補修したかどうかが判らないくらい綺麗に・・・なんて無理っ!
要するに穴がふさがって、剥がれなきゃいいのよ(^^;)

それにしても、20年ちかく経過すると、クルマのあちこちにガタが来るというか、劣化、おんぼろになってくるわなぁ。

○○さんが帰った直後

0500起床、概ね晴れ。
2017092701.jpg
29005KT 9999 FEW030 SCT/// 19/17 Q1013 RMK 1CU030
    西北西の風5kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 20,000ft以上に僅かに雲あり。
    気温19℃、露点温度17℃ 気圧1013Hp
    予報では下り坂、次第に雲が増え、夜には雨になるとのこと。

0600、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0605、河口現着。
    CM席では先着CMがファインダーを凝視していた。
    翡翠が来ているようだ。
    ちょっと離れた場所にロドスタを止めた。
    直後、翡翠は飛び去ったようだ。

2017092702.jpg
    ここ数日雨が降っていないにも関わらず、フィールドはちょうど良い水位を維持している。
    機材をセットしスタンバイ。
0607、先ほどの幼鳥が本流上でホバリングをしていた。

2017092703.gif
    この後幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0649、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0705、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0742、対岸枝に幼鳥A飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:4.0 マニュアル露出 ISO:400 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017092704.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100 EV-0.33
2017092705.jpg
    どこかで食事を済ませて食休みのようだ。
0751、幼鳥Aは上流へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017092706.jpg

2017092707.jpg
    と思ったらダイブしちゃった・・・( ̄△ ̄)
    採餌失敗して中州側の河床の石へ。

SS:1/2000 F:5.6
2017092708.jpg

2017092709.jpg

2017092710.jpg

2017092711.jpg

2017092712.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017092713.jpg
0751、石の向こうにダイブして水棲昆虫?をゲットし、対岸枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017092714.jpg

2017092715.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017092716.jpg

2017092717.jpg
0753、幼鳥Aは合流点のブロックへ。
0757、再び対岸枝へ。

SS:1/2000 F:5.6
2017092718.jpg
0759、幼鳥Aは霞上流へ飛び去った。

0800、霞上流から本流下流に向け翡翠2羽通過。

0815、合流点のブロックに幼鳥A飛来。
0816、採餌失敗。
0818、幼鳥Aは合流点の枯れ竹へ。
0820、対岸枝へ。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:800 EV±0
2017092720.jpg
0821、けたたましく鳴きながら3番枝へ。
SS:1/2500 F:6.3
2017092722.jpg

2017092721.jpg

2017092723.jpg
    さぁ!至近ダイブだっ!
0822、合流点に別個体出現、幼鳥Aはスクランブル発進して合流点へ。
    2羽は合流点付近でドッグファイト、別個体は本流下流へ逃げ去った。
    幼鳥Aは1番枝下流側のブロックへ。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017092726.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017092727.jpg
0825、採餌失敗して2番枝へ。/span>
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017092728.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017092729.jpg

2017092730.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017092731.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100
2017092732.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1250
2017092733.jpg
0829、中州付近の石へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2017092734.jpg
    幼鳥Aはすぐに合流点の枯れ竹へ。
0830、合流点のブロックへ。
0832、ブロックからダイブし水棲昆虫?をゲット、霞上流へ飛び去った。

0833、幼鳥Aが対岸枝に戻ってきた。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017092735.jpg
0841、幼鳥Aは霞上流へ飛び去った。

0847、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

0853、合流点の枯れ竹に幼鳥A飛来。
0854、中州先端の砂上へ。
0856、本流にダイブして小魚をゲット。
0857、また後魚をゲット。
0902、幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0914、本流下流から霞上流に向け翡翠2羽通過。

1002、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。
    その後1時間半、全く飛来せず。

1130、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ガビチョウ

2017092719.jpg

いやぁ、参ったな。
内容的にはボウズだ。
少ないダイブ撮影チャンスを悉く撮り損なった。
緊張感の欠如が原因だが、それ以前に撮影に対する意欲が欠如しているぞ。

このところ、「○○さんが帰った直後に幼鳥飛来!」というパターンが続いていたのだが・・・
今日は来場者が多かったにも関わらず、○○さんが帰っても翡翠は来なかった・・・

西から低気圧が接近中。
湿った南風が吹き込み、今夜半から明日にかけてはかなりの雨が降るらしい。

CM席ブラインド板補修。

0500起床、晴れ。
VRB02KT 9999 FEW020 SCT030 19/17 Q1015 RMK 1CU020 3CU030
    風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 雲量3/8、雲高3,000ftの積雲
    気温19℃、露点温度17℃ 気圧1015Hp

    すっかり秋の空、今日も気持ち良く撮影するぞ~!
    と意気込むのだが・・・
    このところ河口の翡翠の出は極めて不調だ。
    先週まではそれなりに好調だったのだが、いったい何がどう変わったんだろう。

0555、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0600、河口現着。

2017092601.jpg
    このところ雨が降っていないにも関わらず、水加減はなかなか良い塩梅だ。
    三脚を立て、カメラを載せてファインダーを覗いた時・・・
0603、ファインダーに幼鳥Aが飛び込んできた。
    こりゃさい先が良いぞ!

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017092605.jpg
    と言っても・・・まだ暗いんだよな・・・
    弩アンダー設定で無理矢理SSを上げてるけど・・・
0604、幼鳥Aはダイブして水棲昆虫?をゲットし、河床の石へ。
    もちろん、撮れるワケがない(T-T)

SS:1/1600 F:4.0 EV-0.33
2017092606.jpg
0606、藻エビをゲット。
SS:1/1600 F:4.0
2017092607.jpg

2017092608.jpg

2017092609.jpg

2017092610.jpg
    この後フィールドには陽が射しはじめ、急速に明るくなってきた。
    ところが・・・幼鳥Aは固まったまま、全く動かない・・・

SS:1/1250 F:4.0 EV+0.33
2017092611.jpg
    動かない幼鳥を動画撮影してみた・・・(^^ゞ

    結局幼鳥Aはこの岩の上で28分間、固まっていた。
    そしてペレット吐出。
    要するに食休みしてたのね・・・。

2017092612.gif

2017092613.gif
    やっと動き出した。
SS:1/1250 F:4.0
2017092614.jpg
0634、岩からダイブしてMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流下流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1100
2017092615.jpg

2017092616.jpg

2017092617.jpg

    今日は凄いぞ。
    現着と同時に翡翠飛来、その後30分以上、出ずっぱりだ!(動かなかったけど・・・)(^^ゞ
    こりゃ大量撮影になりそうだな。

    ところが・・・その後が続かない。
    待つこと1時間半近く・・・

0754、合流点のブロックに幼鳥飛来。
    ん? いつもの幼鳥と違うぞ・・・どうやら♀のようだ。
0801、ブロックからダイブ、採餌失敗。

2017092620.gif
0802、また採餌失敗。
2017092621.gif
    この後フラフラと飛びながらフィールドインしたのだが・・・
    対岸枝付近まで来たもののU-ターン、中州の石へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:800 EV-0.33
2017092622.jpg
    ♀の姿をみるのは久しぶり。
    やはり紅をさした♀は綺麗だねぇ。
    この後♀は中州の石の隙間でチマチマダイブ。
0803、採餌失敗。
0805、微サイズのお魚をゲット。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:560
2017092623.jpg
0807、採餌失敗。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:500
2017092624.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:450
2017092625.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:400
2017092626.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:450
2017092627.jpg
0808、小魚をゲット。
SS:1/2500 F:5.6
2017092628.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:500
2017092629.jpg

2017092630.jpg
    幼鳥♀は対岸枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017092631.jpg
    続けてのダイブを期待したものの・・・
    ♀はすぐに本流上流へ飛び去ってしまった。

    そしてこの後2時間半以上・・・翡翠の鳴き声ひとつ聞こえず・・・。
    大した成果なく、引くに引けず・・・

1030、見通し暗く、皆さん撤収。
    ANDY氏、NKMR氏、そしてだっくの3人が居残り。
    ANDY氏はCM席ブラインド板補修用品調達のため中座。
    ブラインド用の合板が劣化しボロボロになっていたのだ。

1039、2番枝に幼鳥A飛来。
    このところ、誰かが帰ると翡翠が来る・・・そんなパターンが続いている(^^ゞ

SS:1/2500 F:5.6 ISO:720 EV+0.33
2017092632.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017092633.jpg
1042、採餌失敗して河床の岩へ。
    翡翠をドットファインダーの中央に載せようとして躊躇し、離水撮り損なう。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:800 EV-0.33
2017092634.jpg

2017092635.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017092636.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2017092637.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:450
2017092638.jpg
    直後、幼鳥Aは霞上流へ飛び去った。

1044、幼鳥Aが対岸枝に戻ってきた。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:250
2017092639.jpg
1045、対岸枝から舞い上がりホバリング、ダイブせずに枝戻り。
    AFが背景に引っ張られるのは間違いなく、AFボタンを押さずにシャッターを切った。
    偶然にも対岸枝先と同じ距離でホバリング、ピントが合ってしまった(^^ゞ

SS:1/2500 F:5.6 ISO:500
2017092640.jpg

2017092641.jpg

2017092642.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:400
2017092643.jpg
1046、ダイブして小枝をゲットし、2番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017092645.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:560
2017092646.jpg

2017092647.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017092648.jpg

2017092649.jpg
1047、微サイズのお魚をゲットして河床の岩へ。
    またドットファインダーの輝点を翡翠に合わせるのに手間取り、離水を撮り逃した。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2017092650.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017092651.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2017092652.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:450
2017092653.jpg
    幼鳥Aは中州付近の石の隙間でチマチマダイブ開始。
    採餌失敗。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017092654.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017092655.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017092656.jpg
    続けてダイブ、小魚をゲット。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017092657.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017092658.jpg
1048、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

1050、本日の撮影を終了。

本日のその他の野鳥
キジ♂

2017092618.jpg
尾羽が生え替わったキジ♂、かなり長く伸びてきた。
2017092619.jpg

資材調達を終えたANDY氏が戻ってきたので、CM席簡易ブラインドの補修作業を行った。
2017092603.jpg

2017092602.jpg

2017092604.jpg
資材調達にかかる費用、運搬、そして補修作業の全てはANDY氏による。
NKMR氏とだっくは口だけ提供(^^ゞ
この状態で様子見し、必要であれば塗装を施す予定。

それにしても、待ち時間長すぎっ!
幼鳥Aは6時半から10時半までの4時間、いったい何処へ行っていたのやら・・・
これ、独りだったら絶対に待てないよな(^^ゞ

今日はドットファインダーによる照準でミスの連発。
カメラのファインダーを見ながらの追尾の場合は、着水の瞬間を大きく外すことは殆どない。
無意識にレンズを振って追尾している。
ところがドットファインダーの場合は・・・最後の最後で欲が出て、輝点と翡翠をキッチリと合わせようとして離水を撮り逃してしまう。
それぞれメリット・デメリットがあるのだが、それ以前に自分の動きが緩慢になってきていると思われる。
要するに老化による判断力、俊敏性の低下・・・というところか・・・(T-T)

明日の予報は午前中は晴れで午後は曇り。

G難度



0500起床、晴れ。
34003KT 9999 FEW020 SCT040 21/18 Q1015 RMK 2SC020 3SC040
    北の風弱く視程10km以上
    雲量2/8、雲高2,000ftの層積雲 雲量3/8、雲高4,000ftの層積雲
    気温21℃、露点温度18℃ 気圧1015Hp

    このところ早朝の河口は翡翠の出が非常に悪い。
    3時間待ちは当たり前。
    これじゃ体力を無駄に消耗してしまうだけだ。
    ということで今日はO沼へ。
    FacebookやblogにアップされるO沼の翡翠の画像の素晴らしいこと!
    とにかく翡翠の出が良く、写距離も非常に近いんだそうだ。
    とりあえず行きゃぁ何とかなるぞ!(マジか?)
0555、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0610、O/H沼現着。

2017092501.jpg
    ここへは、何年か前に来たことがある。
    でもその当時は翡翠の出は良くなかった。
    とりあえず撮影の準備を整えスタンバイ。
    それにしても暗いぞ。
    フィールド全体が土手に囲まれ、頭上には木が生い茂っている。
    ここでの撮影では翡翠の動きを記録していないので、撮影データ無しで画像のみ掲載する。

2017092503.jpg

2017092504.jpg

2017092505.gif

2017092506.gif

2017092507.jpg

2017092508.jpg

2017092509.jpg

2017092510.jpg

2017092511.jpg

2017092512.jpg

2017092513.jpg

2017092514.jpg

2017092515.jpg

2017092516.jpg

2017092517.jpg

2017092518.jpg

2017092519.jpg

2017092520.jpg

2017092521.jpg

2017092522.jpg

2017092523.jpg

2017092524.gif

2017092525.jpg

2017092526.jpg

2017092527.jpg

2017092528.jpg

2017092529.jpg

2017092530.jpg

2017092531.jpg

2017092532.jpg

2017092533.jpg

2017092534.jpg

2017092535.jpg

2017092536.jpg

2017092537.jpg

2017092538.jpg

2017092539.gif

2017092540.jpg

2017092541.jpg

2017092542.jpg

2017092543.gif

2017092544.jpg

2017092545.jpg

2017092546.jpg

2017092547.jpg

2017092548.jpg

2017092549.jpg

2017092550.jpg

2017092551.jpg

2017092552.gif

2017092553.jpg

2017092554.jpg

2017092555.jpg

2017092556.jpg

2017092557.jpg

    翡翠の出も良く、気分良くシャッターを切ることが出来たので、ここでの撮影を終了。
0900、河口へ向けて移動開始。

0925、河口現着。

2017092502.jpg
    水の状態も良し、天気も良しっ!
    ところが・・・翡翠が全く飛来していないんだそうだ・・・
    why?
    でもとりあえず機材をセットアップしてスタンバイ。

0932、2番枝に幼鳥A飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2500 F:6.3 マニュアル露出 ISO:560 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017092558.jpg
0936、採餌失敗。
    AFボタンを押すのを躊躇して離水撮り損ない。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100 EV-0.33
2017092559.jpg

2017092560.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017092561.jpg

2017092562.jpg

2017092563.jpg

2017092564.jpg

2017092565.jpg

2017092566.jpg
0937、2番枝から舞い上がりホバリング、採餌失敗して河床の岩へ。
    ホバリングを撮りすぎて離水間に合わず(T-T)

SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017092567.jpg

2017092568.jpg

2017092569.gif
SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017092570.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:560
2017092571.jpg

2017092572.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2017092573.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:400
2017092574.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:320
2017092575.jpg

2017092576.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2017092577.jpg
    すぐにまたダイブ、小魚をゲット。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017092578.jpg

2017092579.jpg

2017092580.jpg

2017092581.jpg

2017092582.jpg

2017092583.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017092584.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2017092585.jpg
    幼鳥Aは小魚を咥えたまま2番枝へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017092586.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017092587.jpg
0938、CM席に向かってダイブ、採餌失敗して4番枝へ。
    これは近かった。写距離7m弱か。

SS:1/2500 F:6.3
2017092588.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017092589.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600
2017092590.jpg
0946、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

    その後1時間以上飛来せず。

1055、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

1118、センセが撤収された直後に幼鳥Aが2番枝に飛来。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017092591.jpg
1120、採餌失敗。
    離水は捉えたが、2コマ目以降全てピンボケ(T-T)

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1250
2017092592.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017092593.jpg
1122、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

1130、ANDY氏撤収、だっく独り居残り。

1138、対岸枝に幼鳥A飛来。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100
2017092594.jpg
1139、2番枝へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600
2017092595.jpg
    すぐにダイブ。
    着水をフレームど真ん中で捉えたが・・・

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1250
2017092596.jpg
    翡翠が浮上してこない!
    見失ったと思ってシャッターを切るのをやめたら・・・
    特大サイズのお魚をゲット。

2017092597.gif
    止まり木では調理不可能と判断したのか止まり木にはもどらず。
    大きな獲物を咥えたまま、ヨタヨタと霞第1堰まで運んでいった。

    このサイズのお魚を食べたら、1時間半は戻って来ないな。

1140、本日の撮影を終了し撤収。

帰宅後早速画像処理に取りかかったが・・・
O沼で撮影した画像の酷いこと・・・愕然・・・
ISO:1600、SS:1/1600、EV-2.0 弩アンダーで撮影したこともあって、ノイズだらけ。
全く解像していない。
気持ち良く撮影してきたのになぁ・・・がっかり・・・(T-T)

O沼の常連さん達、どうやって撮影してんだ?
だっくには難易度高すぎ!
どうやったって撮れそうな気がしないぞ・・・
う~ん・・・参った・・・
O沼でマトモに撮ろうとするなら、ISO:6400でもノイズレスなカメラとヨンニッパが必要だよな。
あ、もちろん一番大切なのは腕なんだろうけど、それは生憎持ち合わせていない。
もちろん機材も持ち合わせていないので・・・要するにだっくには無理ということだ・・・

明日の予報は、朝のうちは曇りでその後は晴れ。

ラジエタースポンジ交換

1999年製ロードスターNB6C
ラジエターとフロントバンパー部の隙間を埋めてあるスポンジが経年劣化し、指で触れただけでポロポロと崩れてきた。

スポンジ交換01
このスポンジは、エンジンにより温められた空気が再びラジエター前面から吸入されるのを防止するために取り付けてある。
これが劣化し崩落すれば、ラジエターの本来の性能が発揮されなくなる。

まず、劣化したスポンジを指でしごいて全て取り除く。
この際、ラジエターを押さえている金具を取り外すと、ラジエター本体を若干倒すことが出来、隙間が広がり作業がしやすくなる。

スポンジ交換02
スポンジ交換03
左側も。
スポンジ交換04
スポンジを取り除いたら、スポンジを貼り付けていた両面テープも剥ぎ取る。
ドライバーまたはスクレーパーでこそぎ取れば良い。

スポンジ交換05
新たに貼り付けるスポンジは30cm角の発泡ウレタン材(厚さ20mm)を使用したが、ホームセンタで 幅20mm、厚さ10mmの隙間テープを購入した方が安上がりで綺麗に仕上がるかも。お値段は800円程度。
スポンジ交換06
発泡ウレタン材を幅10mmに切り出す。
スポンジ交換07
これに両面テープを貼り付ける。
スポンジ交換08
ラジエター本体を少し後方に押し、作成したスポンジ材を貼り付ける。
スポンジ交換09
ラジエター止め金具を取り付け、作業完了。
スポンジ交換10
これで、エンジンの暖気がラジエターに再吸入されることは無くなった。

作業効率、費用、完成後の見栄え等を考えると、発泡ウレタン材よりも隙間テープの方がずっと良いかも(^^ゞ。

あわやボウズ2連チャン

0500起床、高曇り。
VRB01KT 9999 FEW030 SCT150 BKN180 19/17 Q1015 RMK 1CU030 3AC150 6AC180
    風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量3/8、雲高15,000ftの高積雲 雲量6/8、雲高18,000ftの高積雲
    気温19℃、露点温度17℃ 気圧1015Hp

    高い雲はあるが、時間経過とともに消散するだろう。
0555、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0600、河口現着。

2017092401.jpg
    昨日より10cmほど水位が下がり、ちょうど良い湯加減だ。
    今日は、昨日の分まで撮り返すぞ!

0605、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0608、合流点ブロックに幼鳥飛来。
    採餌失敗して本流下流へ飛び去った。

    早朝の翡翠の出は申し分なし、こりゃ今日は爆発するかも\(^o^)/

0639、合流点の枯れ竹に幼鳥飛来。
0640、本流にダイブ、採餌失敗して本流上流へ飛び去った。

    あれ?
    その後パッタリ・・・

0805、合流点のブロックに幼鳥A飛来。
    よ~し、やっとショー開始だ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2500 F:6.3 マニュアル露出 ISO:1400 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017092402.jpg
    この後ブロックからダイブして採餌失敗し2番枝へ・・・
    というのがいつものパターンなのだが・・・
    なかなかダイブしない・・・
    お魚が見つからないのか?
    こっちにはいっぱい居るぞ。
0811、本流対岸ブロックに別個体出現。
    先日飛来した「幼鳥D」のようだ。
    A、スクランブル発進。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1600
2017092403.jpg
    この後2羽は本流下流へ飛び去った。

    スクランブル任務を完了し戻って・・・来ない・・・オイオイ( ̄△ ̄)

0900、CM席には昨日のような暗く淀んだ空気が・・・(T-T)
    う~ん・・・完全丸坊主2連チャンかよ・・・
    10時にゃ帰るぞ・・・

0921、2番枝に幼鳥A飛来!
    ふぅ・・・やっとボウズを免れたぞ~!

SS:1/3200 F:7.1 ISO:1000
2017092404.jpg
0923、採餌失敗。
    レンズの振りおろしが遅れたが、2段離水だったので何とか間に合った。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1400
2017092405.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250
2017092406.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1400
2017092407.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250
2017092408.jpg

2017092409.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092410.jpg

2017092411.jpg

2017092412.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:720
2017092413.jpg
0924、直近を通過した鳩に驚いて対岸水際の岩へ。
    そしてすぐに上流対岸川のFCB(フレキシブルコンテナバッグ)へ。
    ここで飛び込みそうな仕草は見せるものの、なかなか飛び込まず。
0928、4番枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017092414.jpg
    あぁそうか、ペレットを吐きたいんだ。
2017092415.gif
0930、ペレットが出ない・・・
    CM席左側足元のブロックへ。
    写距離7m弱、殆どノートリ。

SS:1/2000 F:5.6
2017092416.jpg

2017092417.gif
    やっと出たよ。
    さて、どうするんだ?

SS:1/2000 F:5.6
2017092418.jpg

2017092419.jpg

2017092420.jpg

2017092421.jpg
0932、幼鳥Aは1番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:400
2017092422.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250 EV+0.67
2017092423.jpg
0923、ハイジャンプアップからダイブ、採餌失敗して2番枝へ。
    ジャンプアップと同時にファインダから消失、撮影失敗(T-T)

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1600
2017092424.jpg

2017092425.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1400
2017092426.jpg
0934、採餌失敗して下流側の河床の石へ。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250
2017092427.jpg

2017092428.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1000
2017092429.jpg
    石から舞い上がりホバリング、採餌失敗。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092430.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1100
2017092431.jpg
0935、採餌失敗。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092432.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:720
2017092433.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092434.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:720
2017092435.jpg

2017092436.jpg

2017092437.jpg
    更にダイブ、採餌失敗。
0936、ホバリングからダイブ、採餌失敗して合流点のブロックへ。

2017092438.gif
SS:1/2500 F:7.1 ISO:900
2017092439.jpg
    すぐに本流上でホバリング、採餌失敗。
    幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0945、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0955、本日の撮影を終了し撤収。

危うくボウズ2連チャンを喰らうところだった。
それにしてもヤツは何故こんなに遅く来るんだ?
フィールド周辺では4羽の幼鳥がうろついている。
まだテリトリーは確定しておらず、皆何処へ行ったら良いのやら・・という状態なんだろう。

明日の予報は朝のうちは曇りで後晴れ。

明日は気分転換に、ちょっと別場所で鳥撮りの予定。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】