FC2ブログ

出ずっぱり



0430起床、霧雨。
2017083101.jpg
36004KT 330V050 2000 -DZ BR FEW001 SCT002 OVC003 22/21 Q1007 RMK 2ST001 4ST002 8ST003
    北の風弱く風向不定 視程2000m 霧雨
    雲量2/8、雲高100ftの層雲 雲量4/8、雲高200ftの層雲 雲量8/8、雲高300ftの層雲
    気温22℃、露点温度21℃ 気圧1007Hp
    まるで雲の中に居るようだ。
0505、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

  ※尚、本日は大量撮影のため、30m以遠の画像は全て割愛。
0510、河口現着。
    昨夕、水位が約40cmほど上昇したが、現在は平常水位に戻っていた。
    あら・・・2番枝に何か居るぞ・・・
    よく見ると、幼鳥がのんびりパーチしていた。
    すぐに撮影準備に取りかかる・・・

    ありゃ・・・三脚無いじゃん・・・
    昨日ロドスタを徹底的に掃除したんだけど、その時に卸したまま積み忘れた・・・(T-T)
    すぐに帰宅。

0520、河口再現着。
    2番枝に居た幼鳥は既に飛び去った後だった。
    ん?
    対岸枝に幼鳥がパーチしていた!
    早速撮影・・・でもね、暗すぎてどうにもならん。
0526、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0540、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0545、採餌失敗。
0546、幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0603、2番枝に幼鳥飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:5.6 マニュアル露出 ISO:3200 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017083102.jpg
0604、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0608、対岸枝に幼鳥飛来。

SS:1/1250 F:4.0 EV-0.67
2017083103.jpg
0613、ロングジャンプダイブして小魚をゲット。
0616、幼鳥は2番枝へ。

SS:1/2000 F:4.0 ISO:2000
2017083104.jpg
0617、採餌失敗、撮影も失敗。
    幼鳥は河床の石へ。
    直後、下流から霞上流に向け翡翠通過。
    幼鳥スクランブル発進して、霞上流へ。

0646、幼鳥が4番枝に戻ってきた。

SS:1/2000 F:4.0
2017083108.jpg

2017083109.gif

2017083110.gif
SS:1/2000 F:4.0
2017083111.jpg
0649、3番枝の陰にダイブ、小魚をゲットして対岸枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017083112.jpg

2017083113.jpg

2017083114.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1800
2017083115.jpg
0651、ホバリングの後ダイブ、採餌失敗して2番枝へ。
    ホバリング撮影をAbortすりゃいいのにしつこく撮って離水撮り逃す。

2017083116.gif
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1600
2017083117.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:2000
2017083118.jpg

2017083119.jpg

2017083120.jpg

2017083121.jpg
0652、採餌失敗して河床の石へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017083122.jpg
0653、ダイサギの陰にダイブ、採餌失敗して対岸枝へ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1250
2017083123.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:2000
2017083124.jpg
    対岸枝から水浴び1回。
SS:1/2000 F:4.0
2017083125.jpg

2017083126.jpg

2017083127.gif

2017083128.gif
0656、3番枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017083129.jpg

2017083130.gif

2017083131.gif
0659、堰下付近に侵入者出現、幼鳥スクランブル発進。

0717、合流点のブロックに幼鳥飛来。
    幼鳥、2番枝へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017083132.jpg
0718、合流点に侵入者飛来、幼鳥スクランブル発進して本流下流へ。

0719、幼鳥が合流点に戻ってきた。
0723、合流点で採餌失敗。
    続けてダイブ、また採餌失敗。
    幼鳥は3番枝へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1800
2017083133.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:2000
2017083134.jpg

2017083135.jpg
0724、採餌失敗して2番枝へ。
    2番枝直近でホバリング、ダイブするも採餌失敗。
    着水点は2番枝裏、見えず( ̄△ ̄)

2017083136.gif
SS:1/1600 F:5.6 ISO:2000
2017083137.jpg
0725、小魚をゲット。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100
2017083138.jpg

2017083139.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1800
2017083140.jpg

2017083141.jpg
0726、採餌失敗して河床の石へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2017083142.jpg

2017083143.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1400
2017083144.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
SS:1/1600 F:5.6
2017083145.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1400
2017083146.jpg

2017083147.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:800
2017083148.jpg
0727、4番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100
2017083149.jpg

2017083150.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:2000
2017083151.jpg
    採餌失敗して対岸枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017083152.jpg

2017083153.jpg

2017083154.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2017083155.jpg
0729、こちらに向かってロングジャンプダイブ、採餌失敗して2番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1400
2017083156.jpg

2017083157.jpg

2017083158.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017083159.jpg

2017083160.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1800
2017083161.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:2000
2017083162.jpg
0730、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0750、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0751、採餌失敗。
0756、幼鳥、2番枝へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:2000 EV-0.33
2017083163.jpg

2017083164.jpg
0757、合流点のブロックに別幼鳥出現、幼鳥スクランブル発進、本流下流へ。

0807、幼鳥が合流点のブロックに戻ってきた。
0808、採餌失敗。
0810、採餌失敗。
0811、また採餌失敗、幼鳥は2番枝へ。
    すぐにダイブ、採餌失敗。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017083165.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:2000
2017083166.jpg
0812、藻エビをゲット。
SS:1/2500 F:5.6
2017083167.jpg

2017083168.jpg

2017083169.jpg

2017083170.jpg
0813、採餌失敗。
SS:1/2500 F:5.6
2017083171.jpg

2017083172.jpg

2017083173.jpg

2017083174.jpg

2017083175.jpg
0814、幼鳥は対岸枝へ。
SS:1/2500 F:5.6
2017083176.jpg
    すぐにダイブ、小魚をゲット。
0815、小魚をゲット。

SS:1/2500 F:5.6
2017083177.jpg

2017083178.jpg

2017083179.jpg

2017083180.jpg

2017083181.jpg
0816、また小魚をゲット。
SS:1/2500 F:5.6
2017083182.jpg

2017083183.jpg

2017083184.jpg
0817、採餌失敗して2番枝へ。
    着水点は3番枝陰で見えず。

SS:1/2500 F:5.6
2017083185.jpg

2017083186.jpg

2017083187.gif

2017083188.gif

2017083189.gif
0822、採餌失敗して3番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017083190.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:2000
2017083191.jpg

2017083192.jpg
0825、至近ダイブ、採餌失敗して4番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017083193.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017083194.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2017083195.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:2000
2017083196.jpg
    直後、下流から霞上流に向け別個体が高速通過。
2017083197.gif
    幼鳥、スクランブル発進して霞上流へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017083198.jpg

0900、本日の撮影を終了し撤収。

今朝は日の出前から翡翠が何度も飛来した。
飛来する幼鳥は3個体。
そのうち1個体は非常に幼く、かつ警戒心が異常に強いビビり屋。
別の個体はフィールドで採餌することは殆ど無く、ただ通過するだけ。
そして真打ちの個体は・・・期待の星だねぇ。
過去、このフィールドに主として君臨した翡翠は・・・皆、イマイチなヤツばかりだった。
タラ男(ぐうたら)、ダメ男(だめだめ) 等々、ろくな命名がされていない(^^;)
期待の星がここに居着いて主となるなら、何か良い名前を考えてやらんといかんなぁ(笑)

明日の予報は午前中は曇りで午後は雨。
気温は20℃に達するかどうかとのこと。
一気に秋、そして秋霖か?

今日も待ちぼうけ

0430起床、高曇り。
26002KT 9999 FEW020 BKN/// 26/24 Q1007 RMK 1CU020
2017083032.jpg

    西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上に雲あり
    気温26℃、露点温度24℃ 気圧1007hp

    昨日と違って、ムッとするべたつき感、湿度が高い。
    こんな日は、予報通り夕方から雨になるのだろう。
0505、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0510、河口現着。

2017083033.jpg
    まだ誰も来ていなかった。
    今日は常連さん3名が遠征に。
    これじゃ、ただでさえ退屈な河口が更に退屈になるぞ・・・
    あ、確かTKN氏が来場予定だ。賑やかになるか(^^;) バキッ!!☆/(x_x)

0530、下流から幼鳥飛来、眼前を通過して堰下ブロックへ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:3200 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017083002.jpg
0535、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0613、合流点ブロックに幼鳥飛来。
0614、採餌失敗、本流下流へ飛び去った。

2017083004.gif

0706、対岸ブロックに幼鳥飛来。
    まだ真っ黒、2番子だろうけど成長が遅いようだ。

SS:1/2500 F:4.0 ISO:1100 EV±0
2017083005.jpg

2017083006.jpg
0712、対岸水際の石へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:3200 EV-0.33
2017083007.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:2500
2017083008.jpg
0714、中州へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:3200
2017083009.jpg

2017083010.jpg

2017083011.jpg

2017083012.jpg

2017083013.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:2200
2017083014.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:2500
2017083015.jpg
    せこいダイブでもするのかと思ったら・・・
0715、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0731、合流点のブロックに幼鳥飛来。
    幼鳥はすぐに、眼前を通過して霞上流へ。
    みんな霞上流へ行ったら、上流は翡翠だらけになっちまうぞ・・・(^^;)

0749、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017083016.jpg

2017083017.jpg

2017083018.jpg
0751、採餌失敗してそのまま霞上流へ。
    こちら側に食い込まれたのでレンズを目一杯振り下ろしたら・・・振り下ろしすぎた(T-T)

SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017083019.jpg

    その後1時間半以上、鳴き声も聞こえず。

0931、4番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017083021.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017083022.jpg

2017083023.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2017083024.jpg
    今にもダイブしそうな雰囲気なのに、何故か飛び込まず・・・
0940、上流側に敵機発見、スクランブル発進。
    直後、霞上流から本流下流に向け翡翠2羽通過。

2017083025.gif

0941、2番枝に幼鳥が戻ってきた。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017083026.jpg
    また敵機を発見したようで、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0942、合流点の枯れ竹に幼鳥が戻ってきたが、すぐにまた本流上流へ。

0946、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0949、幼鳥は本流上流へ。

0952、下流から幼鳥飛来、眼前を通過して堰下右岸の藪へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:3200
2017083027.jpg
0958、直下へダイブ。
SS:1/2500 F:5.6
2017083028.jpg
    ガツン!
    レンズがブラインドポールに衝突、これ以上振り下ろせず。
    その間に幼鳥はダイブ、採餌失敗して霞上流へ飛び去った。
    あとほんの僅か振り下ろすことが出来れば離水を撮れたのに・・・( ̄△ ̄)

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2017083029.jpg

2017083030.jpg

2017083031.jpg

1015、本日の撮影を諦め撤収。

本日のその他の野鳥
ダイサギ

2017083003.gif
水浴びするセグロセキレイ
2017083020.gif
14Fのベランダに飛来した鳥。
逆光で良く判らないが、これはヒヨドリかな?

2017083034.jpg

帰宅後、すぐに画像処理する気にもなれず。
2,3日雨が降るらしいので、その前にロドスタをキレイキレイに。

2017083001.jpg
ロドスタはシートが非常に低く設置されている。
車内の砂ゴミ等、シートの下に入り込むと・・・どう頑張っても取れない。
ということで年に数回は、こうしてシートを取り外しての大掃除。
車内清掃、外装水洗い、外装洗剤洗い、外装水洗い、水の拭き取り・・・ふぅ・・・1時間半も掛かってしまった。

午後3時、雷鳴が鳴り響いた。
そしてほどなく雨、霞川の水位が一気に上がってくるぞ。

明日の予報は、明け方まで曇り時々雨、その後は終日雨。
かなりの雨量になりそうだ。

あてはずれ

0400起床、晴れ。
2017082901.jpg

25003KT 9999 FEW020 SCT/// 24/21 Q1011 RMK 1CU020
    西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 雲高20,000ft以上に僅かに雲あり。
    気温24℃、露点温度21℃ 気圧1011Hp

    6時間近く寝たのに、何だかもの凄く寝足りないような気がする。
    最近ちょっと過労気味なんだよな。
0505、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0510、河口現着。

2017082902.jpg
    水位は昨日より数cm下がったようだが、特に問題無し。
    あら・・・2番枝で幼鳥が待ってるじゃないの。
    急いで撮影準備開始。
    よしっ!
    あ・・・
    幼鳥は本流下流へ飛び去った。
    あと10秒待ってくれよな~(T-T)

0532、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0533、幼鳥は2番枝へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:4.0 マニュアル露出 ISO:3200 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017082903.jpg

2017082904.gif
    今にもダイブしそうな素振りを見せるが・・・フェイントばかり。
0539、やっとダイブするも採餌失敗、対岸枝へ。

SS:1/2000 F:4.0
2017082905.jpg

2017082906.jpg

2017082907.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:2800
2017082908.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:3200
2017082909.jpg

2017082910.jpg

2017082911.jpg

2017082912.jpg

2017082913.jpg

2017082914.jpg
0540、小魚をゲットして河床の石へ。
    着水点ファインダーど真ん中で捉えたのだが・・・AFが水しぶきにジャスピン(T-T)( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:4.0
2017082915.jpg

2017082916.jpg

2017082917.jpg

2017082918.jpg

2017082919.jpg

2017082920.jpg

2017082921.jpg

2017082922.jpg
0541、フレコンバッグへ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1000
2017082923.jpg
    この後幼鳥は霞上流へ飛び去った。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:3200
2017082924.jpg

0546、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0554、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0615、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:4.0 ISO:1600
2017082925.jpg

2017082926.jpg

2017082928.jpg

2017082927.jpg
0616、微サイズのお魚をゲット。
    ファインダーど真ん中で捉えているのに・・・AFが戻って来なかった( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:4.0 ISO:800 EV-0.67
2017082929.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:900
2017082930.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:2000
2017082931.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1250
2017082932.jpg

2017082933.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1400
2017082934.jpg
0618、幼鳥は本流下流へ飛び去った。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:2200
2017082935.jpg

0625、対岸枝に幼鳥飛来。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1000
2017082936.jpg
0627、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0643、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0644、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0658、フィールド内で作業中、下流から翡翠飛来。
    翡翠はだっくの姿を見てU-ターン、本流下流へ飛び去った。


0745、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0747、幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0843、対岸枝に幼鳥飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600 EV-0.67
2017082940.jpg
0844、幼鳥は霞上流へ。

0932、霞上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

1009、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

1030、本日の撮影を終了。

1050、対岸枝を立て替え、撤収。

2017082942.jpg

本日のその他の野鳥
キセキレイ

2017082937.jpg

2017082938.jpg

2017082939.jpg
中州で・・・何やってんだ?

アオサギ、ヤマベを捕食。
2017082941.gif

河口現着時に翡翠がパーチしていた。
こういう日は爆発する可能性が高い。
案の定、その後順調に飛来・・・
ありゃ・・・7時を過ぎたら・・・来ないっ!
せめて10時のダイブショーをと期待して待ったが・・・
見事にアテはずれ(T-T)

フィールドの状況は昨日と何ら変わりない。
それなのに何故?ほわ~い!?

ガンガン飛来してバンバン飛び込んでくれれば疲れなんか吹っ飛ぶのだが・・・
今日は更に疲れがたまってしまった(T-T)
モチベーション、だだ下がり・・・。

明日の予報は午前中は晴れで午後は曇り。
夕方からは雨になるらしい。

10時過ぎ

0410起床、晴れ。
31003KT 290V350 9999 FEW030 SCT/// 20/18 Q1015 RMK 1CU030
    北西の風弱く、視程10km以上。
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 高度20,000ft以上に若干の雲あり。
    気温20℃、露点温度18℃ 気圧1015Hp

    朝の気温が20℃だよ、久々に涼しい夜明け。
    いや、涼しいというより肌寒かった。

    昨日、だっくは9時59分に撤収した。
    その3分後の10時02分に幼鳥が飛来し、ダイブやホバリングのパフォーマンスを披露したとのこと。
    う~ん、僅か3分だよ・・・トホホ・・・
    まぁ、コレばっかりは運、どうしようもない。

0500、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0505、河口現着。
    月曜の日の出前、さすがにまだ誰も来ていなかった。

2017082801.jpg
    そして、残念ながら翡翠も来ていなかった。
    フィールド内の水位は昨日より僅かに下がったものの、特段の支障はない。
    本流の水位は、昨日より15cmくらい下がっただろうか。

0541、合流点ブロックに幼鳥飛来。
0542、採餌失敗。

2017082803.gif
0543、採餌失敗。
2017082804.gif
    続けてダイブ、微サイズのお魚をゲット。
2017082805.gif
0544、幼鳥は2番枝へ。
NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017082806.jpg

2017082807.jpg
SS:1/1250 F:5.0
2017082808.jpg
SS:1/2000 F:4.5 EV-0.67
2017082809.jpg

2017082810.jpg
0545、採餌失敗して本流下流へ飛び去った。
    着水直前にホバリング、これを撮ろうとしている間にダイブ・・・全く撮れず( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:4.5 ISO:1400
2017082811.jpg
    数少ないチャンスを見事に撮り損なう・・・う~ん・・・

0600、本流上流から合流点に2羽飛来、U-ターンして再び本流上流へ。

0601、その2羽とは別の幼鳥が2番枝に飛来。

SS:1/2000 F:4.5 ISO:1600
2017082812.jpg

2017082813.jpg
    ん?
    上流側に侵入者発見か?
    幼鳥はスクランブル発進、霞上流へ。

SS:1/2000 F:4.5
2017082814.jpg

2017082815.jpg

2017082816.jpg

0604、霞上流から翡翠飛来、4番枝手前でZigzag水浴び1回、U-ターンして霞上流へ。

0605、本流上流から下流に向け翡翠通過。

0624、対岸枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017082817.jpg
    ダイブしそうな気配・・・ところが・・・
0626、合流点付近に侵入者発見か? 幼鳥は合流点へ、そしてすぐに本流下流へ飛び去った。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017082818.jpg

0700、本流上流から霞上流に向け翡翠通過。

0751、合流点のブロックに幼鳥飛来、すぐに本流下流へ。

    その後2時間・・・鳴き声のひとつも聞こえず・・・

    ダメだこりゃ・・
    10時に撤収しよう。
    いや待てよ、昨日は3分違いで撮り損なったんだっけ・・・

0958、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2017082824.jpg
    何だか、やる気満々みたいだぞ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017082825.jpg

2017082826.jpg
1000、カメラ席に向かってダイブ、小魚2尾同時ゲット。
    レンズの振りおろしが遅れ、その振りおろしを着水点捕捉で止められず・・・(T-T)
    写距離は約8m、写ったのは離水していく幼鳥の尾羽・・・(T-T)

SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2017082827.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017082828.jpg

2017082829.gif
    あっ!
    1尾落っことしちまったぁ!

SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017082830.jpg

2017082831.gif
    大急ぎで飲み込んで、回収ダイブ!
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017082832.jpg

2017082833.jpg

2017082834.jpg

2017082835.jpg

2017082836.jpg

2017082837.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1250
2017082838.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1400
2017082839.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017082840.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017082841.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2017082842.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:450
2017082843.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2017082844.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017082845.jpg

2017082846.jpg
    まだまだやる気のようだぞ。
1002、2番枝から飛び出しホバリング、ダイブせずに4番枝へ。

SS:1/2500 F:6.3
2017082848.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017082849.jpg

2017082847.gif
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017082850.jpg

2017082851.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017082852.jpg

2017082853.jpg
1004、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

1008、幼鳥が3番枝に戻ってきた。

SS:1/2500 F:6.3
2017082854.jpg
    至近ダイブを期待したのだが・・・
1009、幼鳥は本流下流へ飛び去った。

1023、対岸枝に幼鳥飛来。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:800 EV-0.33
2017082855.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2017082856.jpg
1024、幼鳥は霞上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1000
2017082857.jpg

1030、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
アオサギ、巨大オイカワをゲット。

2017082819.jpg
コジュケイ親子
2017082820.jpg

2017082821.jpg
コジュケイの幼鳥、何とセンセのPassat GTEのルーフへ。
ロクヨン手持ち。

2017082822.jpg

2017082823.jpg

ちょっと涼しい秋風?が吹き始めた河原、可憐な花が咲いていた。名前知らず。
2017082802.jpg

今日も昨日同様10時前に撤収していたらボウズになるところだった。
というか、お魚を落としてなけりゃ、ボウズだったのか・・・
10時に来てダイブすると判ってりゃ、早起きする必要は無いんだがなぁ(^^;)

先週の4連チャン大量撮影の後は、綱渡り状態だ。
そして日々、その綱が細くなっているような気がする・・・・今にも切れそうだ・・・

明日の予報は曇り時々晴れ、今日より5℃くらい高くなりそう。

レストア

愛車MAZDA Roadster は1999年製。
現在18年と5ヶ月経過。
大事に乗ってるけど・・・当然のことながらそれなりにくたびれてきている。
そろそろ新車に乗り換えをと考えた時期もあったのだが、どうも新型Roadsterには目が向かない。
現在のところは、免許証返納まで乗り続けようと考えている。

新車購入以降に手を入れたところはというと、ホイル&タイヤを14から17へのインチアップ。
経年劣化した幌の交換
ヘッドライトの黄ばみ取り
そしてフロントのストラットタワーバーの取り付け。
至ってノーマルだ。

あと15年くらい乗るとなると、それなりに手直しをしていかねば。

だっくは、1年半前まではヘビースモーカーだった。
もちろん車内でもスパ~スパ~っ!
だから車内はたばこ臭くて酷かった。

1年半経過し、このたばこ臭はほぼ消えた。

ん?コンソールにある灰皿・・・
蓋を開けると・・・中の酷いこと!
焼け焦げてるし金具は錆び錆び、そして傷だらけ。

まずはコレからレストアしていこう!

灰皿の中の金具を取り外し、ワイヤブラシで磨いて耐熱塗装。
内側もコンパウンドを流し込んで歯ブラシでゴシゴシ汚れ取り、そして染めQ黒塗装。

DSC03728.jpg

灰皿本体はペーパー掛けして傷を消し、染めQで黒塗装。
DSC03729.jpg

これくらいなら簡単だよね~。
あ・・・レストア前の写真を撮り忘れてた・・・・(^^;)

ま、これから少しずつ、ボチボチレストアしていこうっと。

帳尻

0400起床、曇り。
VRB01KT 9999 FEW030 BKN050 25/18 Q1015 RMK 2CU030 7SC050
    風弱く視程10km以上
    雲量2/8、雲高3,000ftの積雲 雲量7/8、雲高5,000ftの層積雲
    気温25℃、露点温度18℃ 気圧1015Hp

    気温は高めだが湿度が低いため、とても爽やかな朝だ。
    空を見上げると・・・

2017082701.jpg
    この分だと、時間経過とともに陽射しが期待できそうだ。
0505、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pix表示。
0510、河口現着。

2017082700.jpg
    フィールド内の水位は昨日より5cmほど低下。
    本流の水位は10cmくらい下がったようだ。
    先着IJM氏によれば、翡翠はまだ飛来していないとのこと。

0544、2番枝に幼鳥飛来、すぐに本流上流へ飛び去った。

0603、2番枝に幼鳥飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:4.0 マニュアル露出 ISO:2200 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017082702.jpg
0604、こちらに向かって高速ダイブ、小魚をゲット。
    ダメだ・・・例によってレンズと翡翠の行き別れ、離水はコマの上端に尻尾だけ写ってた(T-T)

SS:1/1000 F:4.0 ISO:1400 EV-0.67
2017082703.jpg

2017082704.jpg

2017082705.jpg
0605、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

    待つこと1時間少々・・・
0714、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:500
2017082706.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017082707.jpg
0717、右を見てたくせに左側にダイブ、採餌失敗。
    全くついて行けず・・・( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:5.6
2017082708.jpg

2017082709.jpg
0718、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

    そしてまた待つこと1時間以上・・・
0820、下流から2番枝に幼鳥飛来、レンズを向ける間もなく、幼鳥は本流上流へ。

    さらに待つこと小一時間・・・
0910、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

0923、4番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:500
2017082710.jpg
0924、採餌失敗して3番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 EV-0.33
2017082711.jpg

2017082712.jpg

2017082713.jpg

2017082714.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:560
2017082715.jpg

2017082716.jpg
0925、採餌失敗して2番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2017082717.jpg

2017082718.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017082719.jpg

2017082720.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:560
2017082721.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2017082722.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:560
2017082723.jpg
0926、採餌失敗して枝に戻らず、そのまま本流上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017082724.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:320
2017082725.jpg

0949、下流から霞上流に向け翡翠通過。

1000、本日の撮影を終了し撤収。

今日は翡翠の待ち時間が長く、退屈だった・・・
そのヒマな時間を利用し、大型パラソルの基礎台の修理を行った。

2017082727.jpg
中央のパイプと下の台がしっかりと固定されているハズなのだが、
パイプの中の金具(♀ネジ)がバカになってユルユル・・・どうにも締まらない。
大の男が5人がかりであぁだこうだ、試行錯誤・・・
専用工具がないから大変!そこいらに落ちてるもので工具を作ったり・・・
それでも、1時間以上かけて何とか完成。

2017082726.jpg
翡翠を撮影するためにここへ来ているんだけど、こういう「修理」お遊びも楽しいんだよな(^^;)

で、朝から全くダメダメの「離水撮れない病」は・・・
最後の最後でやっと。
何とか帳尻が合った。

火曜から金曜までの4日は爆発状態。
ところが土曜、日曜は・・・う~ん・・・
本流の水位が僅かに下がったこと以外はとくに変化はない。
幼鳥の気まぐれに翻弄されっぱなし( ̄△ ̄)

明日の予報は終日曇り時々晴れ。
もう少し頻繁に飛来してくれると良いのだが・・・

キッチン照明のLED化

このマンションに移り住んでから既に15年、早いものだ。
その間、キッチンの照明は球切れすることもなく頑張ってくれた。

2017082752.jpg
さすがに暗くなってきたので、そろそろ交換しよう。
交換するとなれば、やはりLED蛍光管だろう。

蛍光灯の点灯方式は、グロースタータ形蛍光灯(FL)とラピッドスタート形蛍光灯(FLR)がある。
グロースタータ式では、グロー球で瞬間的に大電流を発生させ、その電流を蛍光管発光の起爆剤として使用する。
ラピッドスタート式では磁気漏れ変圧器を搭載しており、電流を流すことでエミッタを余熱し、さらに変圧器によって高電圧を誘起させて、エミッタから放電を開始させる。
まぁ、そんなことはどうでも良いのだが・・・
要するに、この形式が合致していないと点灯しないということ。

WEBで検索すると、工事不要と謳った蛍光管がたくさん出品されている。

2017082763.jpg
お値段3,500円はちょっと高いが・・・
日本製LED素子を使ってるし工事不要だし・・・ということでコレに決定。

さて、我が家のキッチンの蛍光灯器具はというと・・・

2017082751.jpg
電子式と書かれてあるので、安定器内蔵型であることは判る。
であれば、そのままサクッと交換、完了だろう。

ところが・・・LED蛍光管に交換してスイッチON・・・
点灯じゃなく点滅状態となってしまった。
ダメだコリャ(T-T)
工事不要って書いてあるくせにぃ~!( ̄△ ̄)

まぁ、ぶつくさ言っても仕方ない、工事に取りかかるか。
蛍光灯のカバーと器具内のカバーを取り外すと、安定器が見える。

2017082753.jpg
この安定器が、正常な点灯の邪魔をしているワケだ。

まずはキッチン照明への電源供給を停止する。
配電盤の当該ヶ所をオフにすればいいだけのことだ。
これをせずに工事に取りかかると・・・バチッ! あぁ・・・ ということになる(^^;)

安定器から蛍光管へ伸びている電線を切断する。
これは蛍光管左右にそれぞれ二本ずつ繋がっているので、全て切断する。

2017082754.jpg

2017082755.jpg
これで蛍光管と安定器の縁は切れた。

次は天井から器具内に引かれている電線。これも思い切ってパチンと切っちゃう。
通常は黒・白・緑の3本の電線が引き込まれている。

2017082756.jpg
この3本のうち、緑はアース線なので気にすることはない。
残りの白と黒の線を使う。
結線するには、昔はスリーブと呼ばれるアルミ管を使用したものだ。
でも今はもっと簡単確実に接続できるものがある。

2017082762.jpg

2017082757.jpg
被覆を剝いた線を差し込むだけで結線してくれる優れものだ。

電源線の片方と、蛍光管への線2本を結線する。

2017082758.jpg
他方も同様に結線する。
2017082759.jpg
このとき、黒線と白線をどっちへ繋ぐのかは・・・考えなくていい。
だって交流回路だもの、プラスとかマイナスを考える必要は無いんだから。

これで結線完了。
LED蛍光管を取り付け、ブレーカーを上げ、スイッチをオンにしてみる。

2017082760.jpg
をぉ!無事点灯! (当たり前だけど)

あとは器具カバーを取り付けて、工事完了!

2017082761.jpg

というわけで、我が家のキッチンのLED照明化はあっけなく完了。

あ・・・この工事はね、第2種電気工事士という資格をもってないと違法ということになっちゃうので、気をつけてくださいね。

祭りの後

0400起床、高曇り。
35005KT 9999 FEW030 BKN/// 25/23 Q1005 RMK 1CU030
    北の風5kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上の高層雲
    気温25℃、露点温度23℃ 気圧1005Hp

    予報では気温は低めということだったのだが、朝からムシムシしている。
    河口ではお祭り状態が4日続いた。
    今日は・・・なんとなく・・・イヤな予感がする。
0505、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0510、河口現着。
    既に2名のCM先着、気合い入ってるなぁ。
    河口の水位は昨日に比し5cm減、全く問題無い。
    しかし・・・本流の水位が30cm近く下がっていた。
    本流の水位が下がったということは、何処でも採餌可能ということなんだよな・・・・

0525、2番枝に幼鳥飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/500 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017082601.jpg
SS:1/1000 F:4.0 EV-0.67
2017082602.jpg

2017082603.gif

2017082604.gif
0532、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0550、霞上流から幼鳥飛来、対岸枝に瞬パーチ後、本流下流へ飛び去った。
    レンズを向ける間もなし。

0620、霞上流から本流下流に向け、翡翠2羽通過。

0626、合流点ブロックに幼鳥飛来。
0628、ブロックからダイブするも採餌失敗。

2017082605.gif
0631、幼鳥は2番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:2800
2017082606.jpg

2017082607.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:3200
2017082608.jpg
0632、採餌失敗。
    追尾が遅れて撮影も失敗(T-T)

SS:1/2000 F:5.6 ISO:2200
2017082609.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:2500
2017082610.jpg

2017082611.jpg

2017082612.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:3200
2017082613.jpg

2017082614.jpg
    この後幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0730、霞上流から本流下流に向け、翡翠通過。

0731、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017082615.jpg

2017082616.jpg

2017082617.gif

2017082618.gif
0732、幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0829、本流下流から霞上流に向け、翡翠通過。

0850、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
烏の行水

2017082620.gif
久しぶりに顔を出したイタチのイタ公
2017082619.jpg

宵宮の翌朝、テキ屋の兄ちゃん達が後片付けに来ている境内。
今朝の河口はまさにそんな感じだった。
人々はまだ祭りの余韻に浸っているというのに、どことなく寂しい秋風が吹いてんだよね。

え?だっくが撤収したあとに大爆発だったかもって?
そうだといいんだけどね~。

今日は朝からイマイチ、気分が優れない。
夏風邪の引き始め?みたいな。
こりゃヤバイぞ・・・・と思ったんだが、昼飯食ったら元気になっちまった。
要するに腹減ってただけかよ(^^;)

明日の予報は終日曇り、最高気温は30℃に達しないようだ。

離水撮り損ない病



0400起床、晴れ。
VRB02KT 9999 FEW030 BKN/// 25/22 Q1002 RMK 1CU030
    風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上に雲あり
    気温25℃、露点温度22℃ 気圧1002Hp

2017082501.jpg
    高層に雲はあるものの、概ね晴れ。
    今日も暑くなりそうだぞ。
0455、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0500、河口現着。
    今朝の日の出は0509、東の空が赤く焼けてきた。

2017082502.jpg
    河口の水位は昨日より僅かに下がったが、良好な状態だ。
2017082503.jpg

   ※本日は大量撮影のため、写距離30m以遠の画像は全て割愛する。

0511、2番枝に幼鳥飛来。
    日の出直後、フィールドに陽射しは無く暗い。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/500 F:4.0 マニュアル露出 ISO:2500 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017082504.jpg
0515、ダイブするも採餌失敗、枝には戻らず本流上流へ飛び去った。
    光量不足でピントが合わない・・・

SS:1/1000 F:4.0
2017082505.jpg

2017082506.jpg

2017082507.jpg

2017082508.jpg

0533、合流点ブロックに幼鳥飛来。
0535、採餌失敗。
0538、採餌失敗。
0539、本流上でロングホバリング、ダイブせずに本流下流へ飛び去った。

0541、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600 EV±0
2017082509.jpg

2017082510.jpg

2017082511.jpg

2017082512.jpg

2017082513.jpg

2017082514.gif
0543、合流点に別個体出現。
    2番枝の幼鳥スクランブル発進して合流点へ。
0545、2羽は本流下流へ飛び去った。

0548、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0552、採餌失敗。
0555、採餌失敗して本流下流へ飛び去った。

    直後、本流上流から翡翠2羽飛来、合流点付近でU-ターンして再び本流上流へ。

0601、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0602、本流上でホバリング、ダイブせずに本流対岸ブロックへ、そしてすぐにまた合流点のブロックへ。
0603、本流上でホバリング、ダイブせずに中州へ。
0606、また合流点のブロックへ。
0607、ダイブして微サイズのお魚をゲット。
0609、採餌失敗。
0612、採餌失敗。
0613、採餌失敗。
    合流点でホバリング、ダイブせずにフィールドイン、眼前を通過して霞上流へ。
0614、霞第1堰付近でU-ターン、中州へ。
0615、中州の石の隙間にダイブするも採餌失敗。
0616、採餌失敗。
0618、2番枝に別個体飛来。

SS:1/1600 F:5.6 EV+0.67
2017082515.jpg
    直後、2羽は本流下流へ。
    本流でU-ターン、2羽は霞上流へ。
0620、2羽、霞上流から本流上流へ。

0621、合流点ブロックに幼鳥飛来、微サイズのお魚をゲットして本流下流へ。

0625、作業のためCM席を離れていた間に、2番枝に幼鳥飛来。
    採餌失敗して3番枝へ、そして霞上流へ飛び去った。

0631、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/1600 F:5.6
2017082516.jpg

2017082517.jpg
    この後、霞上流側に別個体飛来、2番枝の幼鳥はスクランブル発進、霞上流へ。

0634、2番枝に幼鳥飛来、すぐにまた霞上流へ。
    直後、別個体が中州に飛来。
0635、中州の幼鳥は合流点の枯れ竹へ。
0636、本流下流へ飛び去った。

0648、霞上流から幼鳥飛来、竹林前中州へ。
0649、幼鳥は対岸竹林の中へ。

0650、別個体が合流点に飛来。
    直後、更に別の個体が合流点に飛来、2羽は本流上流へ飛び去った。

0651、竹林の中に隠れていた幼鳥が中州に出てきた。
    幼鳥はすぐに竹林下のブロックへ。

0652、上流から2番枝に幼鳥飛来、レンズを向ける間もなく本流下流へ飛び去った。

0653、中州の幼鳥、採餌失敗。
0654、石の隙間で微サイズのお魚をゲット。
0656、採餌失敗。
0657、採餌失敗。
    続けてまた採餌失敗。
    竹林前でホバリング。

2017082518.gif
0658、対岸枝に別個体飛来。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2017082519.jpg
0659、中州の幼鳥は合流点へ。
0700、対岸枝の幼鳥も合流点へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000
2017082522.jpg
    2羽は対岸竹林を超えて本流上流へ飛び去った。

0703、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017082520.jpg

2017082521.jpg

2017082523.jpg
    ダイブするも採餌失敗。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100
2017082524.jpg

2017082526.gif
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1400
2017082527.jpg
0705、微サイズのお魚をゲット。
    ダメだ、全く対応出来ず( ̄△ ̄)

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017082528.jpg
0706、幼鳥は3番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2017082529.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2017082530.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017082531.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2017082532.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017082533.jpg
0709、採餌失敗、幼鳥は霞上流へ飛び去った。
    いやぁ、参った・・・全く撮れない。
    幼鳥のダイブに合わせてレンズを振り下ろすが・・・
    幼鳥の方が遙かに速い。
    レンズが着水点に向かって振り下ろされている間に、幼鳥はダイブして離水、上昇。
    その時まだレンズは降下中。
    翡翠とレンズはすれ違ってサヨナラ~(T-T)
    これじゃ撮れるワケねぇよ・・・

0730、対岸枝に幼鳥飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:720
2017082534.jpg
0731、幼鳥は中州へ。
0732、中州で隙間ダイブ、採餌失敗。
0735、採餌失敗。
    中州上空でホバリング。
0736、合流点のブロックへ。
0738、対岸枝に別個体飛来、すぐに合流点のブロックへ。
    合流点の幼鳥は本流下流へ。
    後からきた幼鳥は再び2番枝へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:800
2017082536.jpg

2017082537.jpg
0740、こちらに向かって超高速ダイブするも採餌失敗、3番枝へ。
    先ほどと全く同じ、レンズと翡翠の泣き別れ・・・

SS:1/1600 F:5.6 ISO:450 EV-0.33
2017082538.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:720
2017082539.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:400
2017082540.jpg
0741、幼鳥は2番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:500
2017082541.jpg
    そしてすぐに合流点の枯れ竹へ。
0743、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0756、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/1600 F:5.6
2017082542.jpg

2017082543.gif
0758、こちらに向かってダイブ、採餌失敗して3番枝へ。
    よっしゃっ!撮ったぞ!

SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017082544.jpg
    と思ったら次の瞬間・・・水しぶきが・・・( ̄△ ̄)
2017082545.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017082546.jpg
    3番枝の高い方へ移動。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017082547.jpg

2017082548.jpg

2017082549.jpg
    かなりやる気満々の様子。
    よ~し、次こそは!
0759、ありゃ・・・幼鳥は霞上流へ飛び去った・・・

0805、霞上流から幼鳥飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0832、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0843、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

0856、4番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017082551.jpg

2017082552.jpg

2017082553.jpg

2017082554.gif

2017082555.gif

2017082556.gif

2017082557.gif
0901、2番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017082558.jpg
0902、採餌失敗して3番枝へ。
    う~ん・・・またまたレンズと翡翠のすれ違い・・・(T-T)

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017082560.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017082561.jpg
    この後幼鳥は霞上流へ飛び去った。

    全く撮れる気がしない・・・離水撮れない病、ドツボにハマったみたい・・・(T-T)

0909、下流から霞上流に向け翡翠通過。
    直後、合流点のブロックに幼鳥飛来。
    幼鳥は合流点で採餌失敗し、眼前を通過して霞上流へ。

0913、霞上流から本流下流に向け翡翠2羽通過。

0931、2番枝に幼鳥飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2017082562.jpg

2017082563.gif
0932、こちらに向かってダイブ、小魚をゲット。
    撮影は・・・やっぱりレンズと翡翠の入れ違い(T-T)
    ダメだコリャ・・・

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017082565.jpg

2017082566.jpg
0933、ダイブ。
    くっそ~っ!負けてたまるか~~~~~っ!
    目一杯レンズを振り下ろして強引に追尾!

SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017082567.jpg

2017082568.jpg

2017082569.jpg

2017082570.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017082571.jpg
    こちらに向かってまっすぐ、ではなく若干右方向へのダイブ。
    そのため水しぶきが邪魔することもなく、何とか撮れた・・・疲れた・・・ふぅ・・・。
0934、霞上流側に別個体出現、幼鳥はスクランブル発進して霞上流へ。

0937、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

1000、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
ササゴイはすっかり姿を消し、代わりにダイサギがデカオイカワを補食していた。

2017082550.gif
川底には、まるで敷き詰めているかのようにオイカワの群れが。
2017082572.jpg
CM席にやってきた巨大毛虫(10cm以上)。
どんな蝶になるんだろうね。蛾か?

2017082573.jpg

今日の持ち帰り画像は1200枚以上。
写距離30m(中州)以遠の画像は全て削除した。
離水撮れない病は全く治癒見込みなし・・・疲れるんだよなぁ・・・

明日の予報は午前中は曇りで午後は晴れ。
今日ほどは暑くはならないようだ。

三日は続かないけど



0410起床、高曇り。
00000KT 9999 FEW030 BKN/// 26/23 Q1009 RMK 1CU030
2017082401.jpg

    無風、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上の雲
    気温26℃、露点温度23℃ 気圧1009Hp

    予報では午前中は陽が射し、午後は曇りとのことだが、既に曇り始めている。
    昨日まで2日間、久々に大量撮影となった。
    果たして今日は如何に。
0455、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0500、河口現着。

2017082402.jpg
    水位は昨日より若干下がったものの、条件としては申し分ない。

    爆発する日は、日の出前後には翡翠が飛来するのが常だが・・・
    今日はどうやら・・・ダメ?

0539、合流点ブロックに幼鳥飛来。
0541、幼鳥は1番枝へ・・・
    ところが枝着直前で枝を回避、2番枝へ・・・
    おやおや、枝着直前でまたしても枝を回避。
    この後3番、4番枝すれすれに飛行して、霞上流へ飛び去った。

0550、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0629、合流点ブロックに幼鳥飛来。
0630、幼鳥、2番枝へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017082404.jpg

2017082405.jpg

2017082406.jpg
SS:1/1600 F:4.0
2017082407.jpg
0632、ダイブするも採餌失敗。
    数少ないダイブ撮影チャンスだというのに、どうしてこうも見事に「枝陰」にダイブするかなぁ・・・。

SS:1/1600 F:4.0
2017082408.jpg

2017082409.jpg

2017082410.jpg

2017082411.jpg

2017082412.jpg
    この後幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0654、本流下流から霞上流へ向け翡翠通過。

0656、対岸枝に幼鳥飛来。

SS:1/1600 F:4.0
2017082413.jpg
    何処かで喰ってきたんだろなぁ、のんびり休憩のようだぞ。
2017082414.gif
SS:1/1600 F:4.0
2017082415.jpg

2017082416.gif

2017082417.gif

2017082418.gif
0658、別個体が合流点ブロックに飛来。
    幼鳥、直ちにスクランブル発進。
    2羽は本流上流へ、そしてすぐにU-ターンして本流下流へ飛び去った。

0712、対岸枝に幼鳥が戻ってきた。
0715、幼鳥は2番枝へ。

SS:1/1600 F:4.0
2017082419.jpg
0716、小魚をゲット。
    追尾し遅れてピン甘(T-T)

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1100
2017082420.jpg

2017082421.jpg

2017082422.jpg

2017082423.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1250
2017082424.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2017082425.jpg

2017082426.jpg
0717、採餌失敗。
    全く追尾出来ず撮影出来ず(T-T)
0718、2番枝から舞い上がりホバリング、ダイブせずに合流点のブロックへ。

2017082427.gif
    その後幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0744、下流から2番枝に幼鳥飛来、レンズを向ける間もなく幼鳥は合流点へ。
0746、採餌失敗。
0747、本流上でホバリング。

2017082428.gif
0754、幼鳥は中州へ。
0755、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0756、合流点のブロックに幼鳥飛来。
0757、幼鳥は2番枝へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600 EV+0.67
2017082429.jpg

2017082430.jpg

2017082431.jpg

2017082432.jpg
0800、小魚をゲット。
    またしても追尾遅れ、離水撮れずその後もピン甘( ̄△ ̄)

SS:1/1600 F:4.0 ISO:800
2017082433.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:720
2017082434.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:900
2017082435.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2017082436.jpg

2017082437.jpg
    お魚を飲み込み、幼鳥はすぐに霞上流へ飛び去った。

0806、下流から1番枝に翡翠飛来、レンズを向ける間もなく、本流下流へ飛び去った。

0811、2番枝に幼鳥飛来。
    ただ休憩しにきただけみたい。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1400
2017082438.jpg

2017082439.gif
0813、幼鳥は本流上流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:4.0
2017082440.jpg

0908、2番枝に幼鳥飛来。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900 EV-0.33
2017082441.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000
2017082442.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2017082444.jpg
0912、小魚をゲット。
    う~ん・・・またしても追尾遅れ・・・ピン甘( ̄△ ̄)

SS:1/1600 F:5.6 ISO:450
2017082443.jpg

2017082445.jpg

2017082446.gif
0913、3番枝へ。
    写距離10m弱。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000
2017082447.jpg

2017082448.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2017082449.jpg
    近いって、何物にも代えがたいよな~。
    でも至近ダイブは厳しい~っ!
    幼鳥、ダイブして小魚をゲットし、対岸枝へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:450
2017082450.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:400
2017082451.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:360
2017082452.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2017082453.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:450
2017082454.jpg
0914、採餌失敗。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:720
2017082456.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:560
2017082457.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:500
2017082458.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:560
2017082459.jpg

2017082460.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:400
2017082461.jpg
0915、水浴び2回。
SS:1/1600 F:5.6
2017082464.jpg

2017082465.gif

2017082466.gif
0917、幼鳥は4番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100
2017082467.jpg

2017082468.gif
SS:1/1600 F:5.6 ISO:800
2017082469.jpg
0919、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
バス(ビッグマウスバス)をゲットしたダイサギ

2017082403.jpg

午前中は陽射しがあるという予報は見事にハズレ。
でも午後は晴れ、盆も過ぎたのに猛暑日となった。

爆発という状況にはならなかったが、それでもそれなりに楽しむことは出来た。
毎日が爆発の連続だったら、過労で倒れちゃうしね(^^;)
現在河口に飛来する翡翠は、幼鳥が3個体。
そのうち2個体は人慣れしているようだが、一番幼い個体は極度に人を警戒している。
こちらに向かってきても、人間が視界に入るとすぐにU-ターンしてしまう。
それでもまぁ「枯れ木も山の賑わい」、それはそれでいいんだけどね~。

明日の予報は午前中は晴れで午後は曇り。猛暑日になりそうだ。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】