fc2ブログ

空き家



0430起床、雨。
VRB02KT 7000 -RA FEW009 BKN040 OVC120 22/21 Q1012 RMK 1ST009 5SC040 8AS120
    風向不定、ほぼ無風 視程7,000m
    雲量1/8、雲高900ftの層雲 雲量5/8、雲高4,000ftの層積雲 雲量8/8、雲高12,000ftの高層雲
    気温22℃、露点温度21℃ 気圧1012Hp

    梅雨らしく、朝からむっとする湿気だ。
    今日はダメ元で、河口でスタンバってみよう。
0510、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0515、河口現着。
    水位は昨日より若干下がっていた。

2017063032.jpg
    本降りになってきたので、大型パラソルを設置してスタンバイ。
2017063031.jpg

    思ったとおり・・・
    翡翠は全く飛来しない。
    鳴き声すら聞こえない。

0622、合流点に下太郎飛来。
    写距離約70m、全く解像せず。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017063003.jpg
    子育て中なのだろう、くたびれてボロボロになってるぞ。
0624、ダイブするも採餌失敗。

SS:1/1250 F:4.0
2017063004.jpg
    下太郎、竹林へ。
    前被りで全く見えず。
0625、竹林を飛び出した下太郎は、そのまま本流下流へ飛び去った。

    とりあえずこれでボウズは免れたのか?
    いやいや、こりゃボウズだよ、丸坊主!

    その後も翡翠の飛来は無く、ササゴイが遊び相手になってくれた。

0829、けたたましい翡翠の鳴き声、霞上流から幼鳥が飛来し、1番枝にパーチ!

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100 EV+0.33
2017063008.jpg
    写距離約13m、久々の翡翠に興奮して連写!連写!(^^;)
    幼鳥、ダイブして小魚をゲット。
    写距離15m、至近ダイブといっても良いかな。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017063009.jpg

2017063010.jpg

2017063011.jpg

2017063012.jpg

2017063013.jpg

2017063014.jpg

2017063015.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017063016.jpg

2017063017.jpg

2017063018.jpg

2017063019.jpg

2017063020.jpg

2017063021.gif

2017063022.jpg
0832、幼鳥は2番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 EV±0
2017063023.jpg

2017063024.jpg

2017063025.jpg
0833、枝陰にダイブして海老をゲット。
    着水から枝戻りまで、全く見えず。

SS:1/2000 F:5.6
2017063026.jpg

2017063027.jpg

2017063028.jpg
0834、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0921、本流上を、下流から上流に向け翡翠通過。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ダイサギ

2017063001.jpg
セグロセキレイ幼鳥
2017063002.jpg
ササゴイ
2017063007.jpg
(GIFでは大きくなりすぎるので、動画にしてU-tube利用)



フィールド内を飛び回るコチドリ
2017063029.jpg

2017063030.jpg

久々の至近ダイブゲット、本当に久しぶりだ\(^o^)/
4時間以上スタンバイして1回の飛来のみだけど、何だかとっても嬉しかった(^^;)
最盛期ならこの程度のダイブじゃ喜ばなかったんだけどねぇ(笑)

ベースキャンプが空き屋になっている。
全く手入れされず荒れ放題。
我々が撮影していた頃はとてもよい撮影場所だったのだが。
放置状態なので、予備の撮影ポイントとして少し手入れをしてみるか。

明日の予報は午前中は曇り。
明日も合流点でスタンバイしてみよう。

場所選定ミス

0430起床、曇り。
2017062901.jpg

00000KT 9999 FEW009 BKN010 BKN030 22/19 Q1014 RMK 1ST009 5ST010 7SC030
    無風、視程10km以上
    雲量1/8、雲高900ftの層雲 雲量5/8、雲高1,000ftの層雲 雲量7/8、雲高3,000ftの層積雲
    気温22℃、露点温度19℃ 気圧1014Hp
    雨は降っていないが、ムシムシする梅雨らしい空模様だ。
    予報では終日曇りとのこと。
    今日はCポイントで状況観察予定。
0515、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0520、Cポイント現着。
    すぐにブラインドシートを展帳しスタンバイ。

2017062902.jpg

0602、幼鳥が下流から本流に向け通過。
    超至近枝にパーチするかと思ったら枝をかわし3番枝へ・・・
    あらあら、3番枝もスルーして対岸沿いに西進・・・

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017062904.jpg

2017062905.jpg
    その後2時間全く飛来せず。

0815、Cポイントでの観察を終了し河口へ。

2017062907.jpg

2017062906.jpg

    河口ではMKD氏がスタンバっていた。
    氏によると、幼鳥が2回飛来し、1番枝→2番枝、そしてダイブして飛び去ったとのこと。
    撮影画像を見せて頂くと・・・う~む・・・ダイブをジャスピンで捉えてる・・・
    う~む・・・戦場決定にミスが有った・・・負けだ・・・(T-T)
    気を取り直してスタンバイしたが・・・
0906、上流から本流上流に向け翡翠通過。
    その後は鳴き声ひとつ聞こえず。

0930、本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
至近を通過するアオサギ

2017062903.gif
ササゴイ幼鳥
2017062908.gif
ササゴイ成鳥
2017062909.gif

2017062910.jpg

2017062911.gif

2017062912.gif

2017062913.gif

霞川にはヤマベが遡上している。
婚姻色に染まった大きな♂、そして小魚もたくさん。
こりゃCポイントは放棄して河口でスタンバイする方が正解かもしれんな。
といっても早朝の2回以降は全く姿を見せなかったんだが・・・

明日の予報は曇り時々雨、梅雨空だ。

ボウズは続く~よ~どこまでも~♪

0425起床、雨。
02002KT 7000 -RA FEW004 SCT008 BKN010 21/20 Q1013 RMK 1ST004 3ST008 7ST010 A2991
    風弱く視程7000m、雨
    雲量1/8、雲高400ftの層雲 雲量3/8、雲高800ftの層雲 雲量7/8、雲高1,000ftの層雲
    気温21℃、露点温度20℃ 気圧1013Hp

    最新の予報では、雨は昼頃まで降り続くとのこと。
    翡翠は来ないし天気は悪いし、こんな日には出撃したくないんだが・・・
    でも、他にすることもない・・・
0515、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0520、河口現着。
    ブラインドシートと大型パラソルを設置してスタンバイ。
    程なく、行き場を失った老人達が参集(^^;)

2017062801.jpg

    当然のことながら、予想通り、そしていつも通り、翡翠はやってこない。
    それでも、鳥撮り仲間の鳥談義、その他いろいろ世間話、時間はどんどん過ぎて行く。

0836、翡翠の鳴き声が聞こえた。
    何処だ何処だ?
    上流から下流に向け翡翠通過。
    発見が遅れ、撮れたのは遙か彼方の後ろ姿だけ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:4.0 マニュアル露出 ISO:200 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017062807.jpg
雨は一向に止まず。
2017062805.gif
0900、本日の撮影を諦め撤収。

本日のその他の野鳥
鴨幼鳥(全部で11羽、フレームに入りきらず)

2017062802.jpg
羽繕い。
2017062808.gif
アオサギ
2017062803.jpg
カワウ
2017062804.jpg

2017062806.jpg

今日もまたボウズだった。
(昨日だってボウズみたいなもんだ)
梅雨だというのに翡翠日照り、いつまで続くんだ?

明日の予報は、午前中は曇りで午後は雨。

ダイブせず

0430起床、雨。
2017062701.jpg

34005KT 9000 -RA FEW012 BKN015 OVC120 21/19 Q1010 RMK 1SC012 5SC015 8AS120
    北の風5kts、視程9000m 雨
    雲量1/8、雲高1,200ftの層積雲 雲量5/8、雲高1,500ftの層積雲 雲量8/8、雲高12,000ftの高層雲
    気温21℃、露点温度19℃ 気圧1010Hp

    最新の予報では雨は間もなくあがり、終日曇り空とのこと。

0515、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0520、Cポイント現着。
    水位に変化なし、ブラインドシートを展帳してスタンバイ。

2017062702.jpg
    この後2時間、翡翠の声すら聞こえず。
    昨日、ここには7時半に幼鳥Aが飛来したんだよな。

0730、下流から翡翠の鳴き声が聞こえ、1番枝に幼鳥C?飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017062703.jpg
    暫し周囲を警戒
SS:1/1600 F:5.6
2017062704.jpg

2017062705.jpg

2017062706.jpg
    歯磨き
2017062707.gif
SS:1/1600 F:5.6
2017062708.jpg
    この後下流方向に飛び出したが、U-ターンして対岸枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2017062709.jpg

2017062710.jpg
    ダイブを期待したのだが・・・結局何もせず上流へ飛び去った。

0813、約100m下流対岸水際に下太郎飛来。
0818、下太郎、対岸水際の柳の中へ。
0819、柳からダイブ、小魚をゲットして水際の石へ。
0820、ハクセキレイに追われて下太郎は下流へ飛び去った。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
イトトンボ

2017062711.jpg
ヒヨドリの水浴び
2017062712.gif
カルガモ夫婦
2017062713.gif

下太郎と幼鳥の姿を確認することは出来たが・・・
ダイブが撮れない・・・
こんな調子はいつまで続くんだろうねぇ・・・
つい半月前は1000枚越え~!と喜んでいたというのに・・・

明日の予報は明け方から夕方まで雨。

満腹



0430起床、曇り。
2017062629.jpg

VRB01KT 9999 FEW020 BKN045 21/19 Q1003 RMK 1CU020 7SC045
    風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 雲量7/8、雲高4,500ftの層積雲
    気温21℃、露点温度19℃ 気圧1003Hp

    今日はCポイントと河口、二手に分かれて翡翠飛来状況を観察予定。
0510、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0515、河口現着。

2017062630.jpg

    霧雨?
    僅かに降りはじめたのでパラソルを設営してスタンバイ。

0735、霞上流から翡翠飛来、対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。

    小魚は居るが、まだそれを認識していないのだろう。
0800、本日の翡翠撮影を断念。

河口、その他の野鳥
    ササゴイ

2017062601.gif
イタチの孫太郎
2017062602.gif
2017062603.gif

その後転戦するも、翡翠の姿無し。
本日のその他の野鳥
カヤクグリ

2017062604.jpg

2017062605.gif

2017062606.gif

2017062607.gif

2017062608.jpg
ウソ
2017062609.jpg

2017062610.jpg

2017062611.gif

2017062612.jpg

2017062613.gif

2017062625.jpg

2017062627.jpg

2017062628.jpg
ルリビタキ
2017062614.jpg

2017062615.jpg

2017062626.jpg
メボソムシクイ
2017062616.jpg

2017062617.jpg

2017062618.jpg

2017062619.gif
キクイタダキ
2017062620.jpg

2017062621.jpg

2017062622.jpg

2017062623.jpg

2017062624.gif
この他にもヒガラ、ホシガラスが飛来したのだが、ホシガラスは見ただけ、撮れず。
ヒガラはたくさん撮影したが、全て水浴びビショ濡れで・・・没。

え?何が満腹だって?
鳥撮りの途中で「うどん天ぷら定食」を喰ったのよ。
それがね、メチャクチャなボリュウムで・・・腹一杯・・・げっぷ・・・動けん・・・

ん?
何処で撮ったのかって?
それはね・・・

2017062635.jpg

2017062636.jpg

2017062634.jpg

2017062631.jpg

2017062632.jpg

2017062633.jpg
初めて行ったんだけど、駐車場から撮影場所までの道が・・・
下りはスイスイ~
ところが・・・登りは・・・地獄だぁ!
もう二度と行きたくないぞ~!(^^;)

明日の予報は終日曇り。
明日はCポイントでうたた寝するか・・・バキッ!!☆/(x_x)

連敗記録更新中

0430起床、雨。
34003KT 9999 -RA FEW020 BKN100 BKN140 21/17 Q1003 RMK 1SC020 5AC100 7AS140
    北の風弱く視程10km以上、雨
    雲量1/8、雲高2,000ftの層積雲 雲量5/8、雲高10,000ftの高積雲 雲量7/8、雲高14,000ftの高層雲
    気温21℃、露点温度17℃ 気圧1003Hp
    最新の予報では雨脚は次第に強まり本降りになるとのこと。
0505、出撃。
0510、Cポイント現着。

2017062514.jpg
    ブラインドシートと大型パラソルを設営して撮影準備完了。
2017062513.jpg
    この後約3時間、翡翠の鳴き声ひとつ聞こえず。

0800、最新の状況を確認するため、河口ポイントへ移動。

DSC_0237.jpg

2017062515.jpg

2017062516.jpg

2017062517.jpg
    川底を見ると・・・
    な、何とっ!
    小魚がウジャウジャ居る!
    これで水が切れなければ・・・ひょっとするとひょっとするかも。
    というわけでとりあえず止まり木を2本設置。

0830、下流の橋下ポイントを偵察。
    相変わらず全く手入れされておらず、全くダメダメ状態。
    これじゃ厳しいね。

0850、本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
鴨親子

2017062501.jpg

2017062502.gif
ササゴイ
2017062512.jpg

どこへ行っても翡翠の姿が見られない。
2番子抱卵時期だから仕方ないのだが、あれほど飛び回っていた1番子はいったい何処へ。

明日はボウズ記録更新覚悟で、河口ポイントでスタンバってみよう。

連日連敗

0430起床、晴れ。
201706247.jpg

21003KT 9999 FEW020 SCT/// 20/17 Q1007 RMK 1CU020
    南南西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 高度20,000ft以上に僅かに雲あり
    気温20℃、露点温度17℃ 気圧1007Hp
    予報では昼過ぎまでは晴れるとのこと。
0515、出撃。
0530、Cポイントで常連さん達と合流、NKMR氏の車で北の池へ。
0545、北の池現着。

201706248.jpg

    この池の翡翠ペアは育雛真っ最中。
    何度も飛来しては採餌し、雛へお魚を運ぶ。
    というハズだったんだが・・・
    どういうワケか、殆ど姿を見せない。
    たまにやってきても、遙か遠くだったり枝被りだったり・・・

201706244.jpg

201706245.jpg

201706243.jpg
    蓮が繁茂し湖面を覆い尽くしている。
    これじゃダイブは撮れるワケが無い。
    それでも蓮華にパーチする翡翠を撮れれば・・・と期待したのだが・・・
    蓮絡みは結局一枚も撮れず。

0800、ここでの撮影を終了しCポイントへ。
0820、Cポイント現着。
    この後10時まで粘ったが、翡翠の声ひとつ聞こえず。
1000、本日の撮影を断念し退散。

本日のその他の野鳥
ササゴイ

2017062407.gif

2017062417.gif
北池の蓮華
201706241.jpg

201706242.jpg

201706246.jpg

連日に渡ってこれほどの惨状・・・かなりショック。
先が見えないと気力まで減退してしまう。
今月初旬には「撮りすぎたので朝8時に撤収!」なんてこともあったのだが、遙か遠い昔のことのように思えてしまう(T-T)

明日の予報は明け方は曇りでその後は雨。

デジスコだめだめ鳥撮りダメダメ

0400起床、晴れ。
20003KT 9999 FEW030 19/16 Q1008 RMK 1CU030
    南の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温19℃、露点温度16℃ 気圧1008Hp
    予報では、昼過ぎまで晴れ気温も高めとのこと。
    今日はRX100によるデジスコでの撮影、一眼レフは持たずにデジスコ試写に徹する。
0500、出撃。
0505、河口現着。
    水位は昨日より若干下がっており、胴長靴を着用しての止まり木復旧に取りかかった。

2017062335.jpg
    3本の止まり木を立て直し、デジスコの準備。
2017062336.jpg

2017062337.jpg

0608、下流から幼鳥飛来。
    1番枝に瞬パーチ後、上流へ飛び去った。
    デジスコ・・・間に合わず・・・撮れず・・・
0609、幼鳥が上流から戻ってきたが、フィールドを素通りして下流へ。
    これまた全く対応出来ず。
    やっぱデジスコ・・・撮れんわ・・・

    で、この後翡翠の鳴き声ひとつ聞くことなく時間切れ。
0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
鴨 1羽だけアルビノ?

2017062301.jpg

2017062302.jpg
画像、何だかすっごく変だよね、全く解像してない。
液晶モニタではピントは合ってるように見えるし、AFは合焦表示してる。
それなのにこんなにグニャグニャ・・・いったいどうしたというのか・・・
ホオジロの親子

2017062303.jpg

2017062326.jpg

2017062327.jpg

2017062328.jpg
驚愕の低画質だよな・・・ダメだコリャ。
2017062305.gif
藪の中で雛に給餌。
証拠画像にもなりゃしないぞ。

2017062330.jpg

2017062331.jpg

2017062332.jpg

2017062333.jpg

2017062334.jpg

あまりの低画質、完全にやる気を失ってしまった。
色々と弄り回したのだが改善せず。
原因は、光軸のズレだろう。
電源をいれる度に、レンズの伸びていく方向が違うようにも思える。
ズームリングを回転させると、片ボケしてしまう。


この片ボケは、カメラがまっすぐにアダプタに取り付いていない(Z軸ずれ)ために起こっていると思われる。
光軸はX・Y・Zの3軸方向で合わせなければならないので大変。
とくにこのユニバーサルアダプタはネジ1本の緩みでX・Yの2軸が簡単にずれてしまうので、尚更合わせにくい。
まずはZ軸をしっかり合わせ、その後にX・Yの2軸を合わせてみた。



ズームリングを回してみても、先ほどのような片ボケは出ていない。
かなりマシになったようだ。
とりあえず後日また試写してみよう。

明日の予報は終日曇り。
Cポイントでの翡翠撮影は望めそうに無いので、池へ遠征予定。

久々のPB(PerfectBOUZU)

0435起床、曇り。
33008KT 290V350 9999 FEW015 BKN/// 21/17 Q1003 RMK 1CU015
    北北西の風8kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高1,500ftの積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上に雲あり。
    気温21℃、露点温度17℃ 気圧1003Hp
0505、出撃

2017062207.jpg
0510、Cポイント現着。
2017062208.jpg
    昨日の雨で水位は1mくらい上昇したようだ。
    対岸の止まり木は流失寸前。

2017062202.jpg
    胴長靴を着用し川へ入り、対岸枝を復旧。
2017062203.jpg
    まだ水位が高く、1~3番枝の復旧は出来なかった。
    とりあえず機材の準備を整えスタンバイしてみたものの・・・
    約3時間、鳴き声ひとつ聞こえなかった。

0830、Cポイントでの撮影を終了、河口ポイントの状況確認へ。

2017062201.jpg
    この写真では判らないが、手前側の岸が約2mくらい削られたようだ。
    4本有った止まり木は1本のみが残っていて、他の3本は流失。
    ここも水位は1m以上あがったようだが、あっというまに下がり、明日はまた干上がっているだろう。

0900、下流ポイントの状況を偵察。
    誰も管理していないようで、CM席及びフィールドは荒れ放題。
    これじゃ撮影意欲も湧かないだろう。
0920、本日の全ての作業を終え帰宅。

本日のその他の野鳥
ホオジロ

2017062204.jpg

2017062205.jpg
ツバメ
2017062206.jpg

いやぁ、参ったねぇ。
つい先日まで大量撮影していたのに、あっという間にPB達成・・・
今年は鳥撮りの厄年かもね。

明日はCポイントで止まり木復旧作業を予定。

明日の予報は、午前中は晴れでその後は曇り。

夏至

0410起床、曇り。
2017062125.jpg

19003KT 150V240 7000 -RA FEW030 SCT060 OVC090 21/18 Q1011 RMK 1SC030 3SC060 8AS090
    南の風弱く視程7km、雨
    雲量1/8、雲高3,000ftの層積雲 雲量3/8、雲高6,000ftの層積雲 雲量8//8、雲高9.000ftの高層雲
    気温21℃、露点温度18℃ 気圧1011Hp
    いま降り出したところのようだ。
    予報では雨は次第に本降りとなり、昼頃にはかなりの大雨になるらしい。
0505、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
0510、Cポイント現着。
    本降りなるという雨に備えて、大型パラソル3基を設営。

2017062126.jpg

0536、遙か下流の枝にギャル曽根と幼鳥がパーチしていた。
NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:4.0 マニュアル露出 ISO:900 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017062102.jpg
0537、2羽は下流へ飛び去った。
0628、300m下流の枝にギャル曽根飛来。

2017062103.jpg
0716、下流約150m、水際の石にギャル曽根飛来。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2017062104.jpg
0717、石からダイブ、採餌失敗。
0718、下流約100m、対岸の柳へ。
    直後、上流から幼鳥C飛来、上流側対岸の草にパーチ。

SS:1/1600 F:4.0
2017062105.jpg

2017062106.jpg

2017062107.jpg
    幼鳥C、更に上流側に移動。
SS:1/1600 F:4.0
2017062108.jpg

2017062109.jpg
    この間にギャル曽根は下流側50mの石まで接近。
SS:1/1600 F:4.0
2017062110.jpg

2017062111.jpg
0720、ギャル曽根はダイブすることなく、下流へ飛び去った。
    ほぼ同時に幼鳥Cがダイブ、採餌失敗して上流へ飛び去った。

0721、幼鳥Cが対岸枝に戻ってきた。

SS:1/1600 F:4.0
2017062112.jpg
0722、幼鳥Cは上流側対岸の草へ。
SS:1/1250 F:4.0
2017062114.jpg

2017062115.jpg

2017062116.jpg
    すぐにダイブ、採餌失敗。
SS:1/1600 F:4.0
2017062117.jpg

2017062118.jpg

2017062119.jpg
    すぐにダイブし直すかと思ったら・・・対岸草で約10分間の休憩。
0732、ダイブするも採餌失敗、そのまま上流へ飛び去った。

SS:1/1250 F:4.0
2017062120.jpg

2017062121.jpg

2017062122.jpg

2017062123.jpg

2017062124.jpg

0736、上流から幼鳥Cが戻ってきたが・・・
フィールド内でパーチすることなく、対岸土手を越え北へ飛び去った。

0759、下流約300mの枝に翡翠パーチ、すぐに北側へ飛び去った。

0823、下流から幼鳥?飛来、フィールド内で右旋回し、北へ飛び去った。

    その後1時間以上飛来せず。

0930、大雨に備えて止まり木等を回収し、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥

2017062101.jpg

今日も翡翠の出は低調、更に、代役として遊んでくれるササゴイも殆ど飛来しなかった。
数日前までは1000枚以上の撮影、後処理で苦労していたというのに・・・
今は画像処理も少なく、することがなく手持ちぶさた・・・う~ん・・・

今日は夏至。
一年のうち昼の時間が最も長い日。
ちなみに今日の当地の日の出は04:25、日没は19:04
昼の時間は14時間と39分ということになる。
ご存じとは思うが、日の出時刻は6月13日が最も早く、日没は7月2日が最も遅くなる。
それにしても、今年ももう半分が過ぎようとしているんだねぇ。
今年の出撃日数は今日が172日目。
つまり元旦から一日も休まず河原へ出勤している(^^;)。

明日の予報は終日晴れ、真夏日になりそうだ。
まずは止まり木の設置から開始。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】