fc2ブログ

1歩下がって2歩下がる~!

0430起床、曇り。
26001KT 9999 FEW030 SCT150 BKN/// 20/17 Q1007 RMK 1CU030 3AC150
    風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量3/8、雲高15,000ftの高積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上の雲あり。
    気温20℃、露点温度17℃ 気圧1007Hp

    どうやらWeatherNews社と日本気象協会の予報合戦は、後者に軍配が上がったようだ。

0510、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0515、河口現着。

2017053111.jpg
    せせらぎの音が心地よい。
2017053102.gif

    風も無く穏やかで結構なのだが・・・
    肝心のモデルさんが来ない。
    大丈夫、そのうち1番枝に来るさ・・・
    ところが・・・
    結局飛来せず・・・

0930、今日は一度も翡翠の姿を見ることなく撤収( ̄△ ̄)

本日のその他の野鳥
ササゴイ

2017053106.jpg
キジ♂
2017053103.gif

2017053107.gif

2017053105.gif

2017053108.gif

2017053109.gif

2017053110.gif

2度も子育てに失敗したコチドリ、気を取り直してまた挑戦中。
♂♀の判別は、首廻りのリングの太さで判るのだが・・・
太い方が♂、細い方が♀。
この2羽の場合は、リングの幅はさほど変わらない。
どうかすると下の個体の方が太く見えるくらいだ。
次の判定ポイントとして、アイマスクの濃淡がある。
濃い方が♂、薄い方が♀。
よ~く見ると、僅かではあるが下の個体の方がアイマスクが薄い。
ってことで・・・これはちゃんと交尾しているようだ。
♀の背中に乗った♂はしきりに足踏みをしている。
これで♀に交尾を促しているのだろう。
他の野鳥に比べると、とっても濃厚な前戯ということになる。
で、交尾の瞬間はというと・・・最後の最後、背中から滑り落ちる瞬間のようだ。
あまりに速くて目視では判らない。
ハイスピード撮影してみれば、ひょっとしたら判るかも。



いやぁ、参ったぞ。
365歩のマーチ(旧っ!)は3歩進んで2歩下がる~♪なのだが、
河口は1歩も進まず後退を強いられている・・・う~ん・・・何とかしてくれぇ。

明日の予報は午前中は雨。
この状況では出撃を取りやめにしたいところだ。

一進一退

0425起床、晴れ。
2017053009.jpg

VRB01KT 9999 FEW030 17/15 Q1010 RMK 1CU030
    風弱く風向不定、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 気温17℃、露点温度15℃ 気圧1010Hp
    今日も爽やかな朝だが、日中は30℃くらいまで気温があがるそうだ。
0500、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0505、河口現着。

2017053010.jpg
    昨日、仕上げ工事が行われたハズなのだが・・・
    どこがどうなったのか判らない。
    強いて言えば・・・竹林下のブロックの位置が変わったかな・・・

    昨日退避させておいた2本の止まり木を設置し、スタンバイ。

    しかし・・・
    翡翠は全く姿を見せない・・・

0618、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。
    見ただけで、撮影は出来ず。
    その後3時間近く、鳴き声ひとつ聞こえず。

0912、そろそろ撤収しようと考えていると、1番枝に下太郎飛来。
    たぶん下太郎だと思うんだが・・・

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/4000 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1100 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017053005.jpg
2017053006.jpg
    お腹は空いていないようで、全く水面を見ない。
    そして大あくび・・・

2017053007.gif
0914、下太郎は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

1000、翡翠飛来せず、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ヒヨドリの水浴び

2017053001.gif
キジ♂
2017053002.gif
2017053003.gif
ハクセキレイの水浴び
2017053004.gif
本流を下っていく鴨の親子
2017053008.gif

    特にすることもないので、水位調整用の石積みを増設。
霞川は綺麗な水が流れている。だっくも水浴びしたくなってきたぞ(^^;)

2017053011.gif

とりあえず今日も1番枝に飛来したが・・・
もう少し何とかして欲しいよな。
ダイブするとか枝移りするとか、ホバでもいいんだが・・・愛想無いよな。

河口フィールドの回復状況は・・・一進一退。
1歩進んで2歩さがる~!ん?

帰宅後も気合いを入れて処理するほどの画像もなく・・・
暇つぶしに、三脚の整備を行った。

レッグウォーマーのスポンジが破断しているので交換。
ついでに三脚を完全分解、汚れたグリスを取り除き洗浄、そして新しいグリスを塗布して再組み上げ。
まずは分解。

20170530003.jpg

20170530002.jpg

20170530004.jpg

全部バラすと結構な量になり、ひょっとしたらヤバイ?なんて思う人も居るかも。
でも大丈夫、構造は至って簡単。
それぞれの部品も、収まるべきところ以外には収まらないようになっている。
機械音痴で県No.1に選ばれるくらいの人でも多分大丈夫だと思う(笑)
バラした部品をパーツクリーナーで洗浄し、その後はグリスを付けて元通りに組み上げるだけ。
30分も掛からない作業だ。
これ、年に1回くらいはやっといた方がいいとおもう。

ところで、破れたレグウォーマーの代替品はコレ。

20170530005.jpg
●内径約29mm 肉厚:約5mm 適用サイズ:29mm~30mm
ってことになってるけど、GITZZOの5型でも何とか入る。
もう一回りデカいのを発売してくれりゃいいのにねぇ。
ちなみにお値段、1本300円前後。


明日の予報は、予報会社ごとにバラバラ。
WeatherNews社は夕方まで晴れでその後は曇り、
Tenki.JP(日本気象協会)は終日曇りと予報。
ついでに雨でも降らしてくれりゃいいのにねぇ(^^;)

状況好転の兆し

0425起床、晴れ。
2017052943.jpg

28003KT 9999 FEW030 BKN/// 16/12 Q1013 RMK 1CU030
    西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 20,000ft以上に雲量5/8以上の雲あり
    気温16℃、露点温度12℃ 気圧1013Hp

    とっても爽やかな朝だ。
    昨日は翡翠の飛来はあったものの、止まり木へのパーチは全く無かった。
    早く「My枝」と認識して欲しいものだ。

0505、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0510、河口現着。
    本流の水位は20~30cmほど低下しているが、霞川の水位は変わりない。

2017052944.jpg

    フィールドの状況は昨日と全く変わりない。
    やはり工事は終了したのだろう。

0531、本流下流から翡翠飛来、対岸土手を越え本流へ、そしてそのまま本流下流へ飛び去った。

0532、下太郎が霞上流から飛来、対岸土手沿いを飛行して竹林へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:6.3 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017052901.jpg
SS:1/2000 F:6.3 ISO:1100
2017052902.jpg

2017052903.jpg
SS:1/2000 F:6.3 ISO:1250
2017052904.jpg
    酷い枝被りで顔が見えんぞ・・・
SS:1/2000 F:6.3 ISO:1600
2017052905.jpg
    このあと下太郎は対岸土手にアタック・・・
    ん?どうなってんだ?
    ひょっとして1番子が巣立って2番子の準備とか?
    はたまた1番子失敗で仕切り直し?
    それとも、単なる気まぐれか?

SS:1/2000 F:6.3
2017052906.jpg

2017052907.jpg

2017052908.jpg

2017052909.jpg

2017052910.jpg

2017052911.jpg

2017052912.jpg

2017052913.jpg

2017052914.jpg

2017052915.jpg

2017052916.jpg

2017052917.jpg

2017052918.jpg

2017052919.jpg

2017052920.jpg

2017052921.jpg

2017052922.jpg

2017052923.jpg
    この後下太郎は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0545、本流下流から翡翠飛来、対岸土手を越え本流上流へ。

0555、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。
    ん?お魚を咥えてたかも・・・・

0604、本流下流から霞上流に向け、翡翠2羽通過。

0606、下太郎、フレコンバッグに飛来、ペレット吐出。

SS:1/1000 F:5.0 ISO:500
2017052924.jpg

2017052925.gif
0607、下太郎は霞上流へ飛び去った。

0610、下太郎、再びフレコンバッグに飛来、すぐに竹林へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2017052926.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017052927.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017052928.jpg
0611、下太郎は他院がん土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0635、1番枝に下太郎飛来、すぐにダイブしてMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
    着水して初めて気付き、全く対応出来なかった・・・
    参った・・・
    でも、1番枝付近に小魚が居るということが証明されたわけだ。
    昨日ANDY氏とASK氏が石積みをした効果があったようだ。

0649、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0728、1番枝に下太郎飛来。
    今度は見逃さなかったぞ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:1000
2017052932.jpg

2017052933.jpg
0731、ダイブするも採餌失敗。
    ちゃんと追尾し着水と同時にAFオンしたが・・・離水~2コマピンボケ・・・( ̄△ ̄)

SS:1/3200 F:5.6 ISO:640
2017052934.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
2017052935.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
2017052936.jpg

2017052937.jpg

2017052938.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
2017052939.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
2017052940.jpg
0732、2番枝へ。
    ピントを合わせる間もなく、下太郎は再び1番枝へ。
0733、1番枝から合流点方向へ舞い上がり、ホバリング。

2017052941.gif
    下太郎は、着水することなく本流上流へ飛び去った。

0830、堰下で河川工事が再開された。

2017052946.jpg

    堰下の護岸崩落現場の仮り補強のようだ。
    その後、フィールド内(竹林前)のブロックの移動を行うようだ。
    フィールド内工事が始まる前に、ANDY氏と2人で、フィールド内水位調整用石積みを作成した。

2017052945.jpg


0900、工事の邪魔にならぬよう、3、5番枝を撤収し、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
キジ

2017052942.gif

2017052929.gif

2017052930.gif
カラス幼鳥
2017052931.jpg

本流の水位が下がってもフィールドの水位に変化なし。
サギがフィールド内に入ってくるようになった。
下太郎が1番枝直下で小魚をゲットした。

う~ん、これを好転の兆しと言わず何と言おう。
長く暗い日々、やっと終わりか。

明日の予報は終日晴れ、真夏日になるかも。

少しずつ

0420起床、曇り。
28004KT 9999 FEW015 SCT030 BKN050 17/14 Q1010 RMK 1CU015 4CU030 6SC050
    西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高1,500ftの積雲 雲量4/8、雲高3,000ftの積雲 雲量6/8、雲高5,000ftの層積雲
    気温17℃、露点温度14℃ 気圧1010Hp

    予報では午前中は晴れ間が出るとのこと。
    今日は少し早めに行って、止まり木を仮設置しなければ。
0450、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0455、河口現着。

2017052821.jpg
    本流の水位は昨日から20cmくらい下がっているが、霞川は10cmほどの低下で済んだ。
    澄んだ水が勢いよく流れている。

2017052819.gif
    堰下部分を確認。
2017052822.jpg

2017052823.jpg
    約10cmの水位低下で、堰下ブロックが水面下に沈んだ。
    この状況だと、堰下で採餌ダイブされる可能性はあるな。
    CM席前に止まり木を仮設置(No.1~No.5)した。
    あとは翡翠の動向をみて微調整しなければ。

0605、竹林前右岸側に下太郎飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017052801.jpg
0607、合流点方向へ舞い上がりホバリング。
2017052802.gif
    ダイブせずに合流点右岸へ。
SS:1/1250 F:5.6
2017052803.jpg
    スルスルっと舞い上がり本流上でホバリング。
2017052804.gif
    ダイブするも採餌失敗、下太郎は本流下流へ飛び去った。
SS:1/1250 F:5.6
2017052805.jpg

2017052806.jpg

2017052807.jpg

2017052808.jpg

2017052809.jpg

2017052810.jpg

2017052811.jpg

2017052812.jpg

0617、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

0833、対岸土手越えで翡翠飛来、上流右岸側の藪へ。

0841、上流右岸側から飛び出し、対岸土手を越え本流上流へ。

SS:1/2000 F:6.3 ISO:200 EV+0.33
2017052820.jpg

    その後は鳴き声ひとつ聞こえず。

1000、本日の状況確認を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
キジ(♂)

2017052813.jpg

2017052814.jpg

2017052815.jpg

2017052816.jpg

2017052817.jpg

2017052818.gif
爽やかな陽気に誘われ水遊びするオッサン2人。
2017052824.jpg
(石で水位調整をしているCMです(^^;))

翡翠の枝への飛来はなく、止まり木の微調整は出来なかった。
水位が下がってもフィールドの水は切れることが無くなったので、今後は状況確認を続けながら少しずつ整備していく。

明日の予報は終日晴れ。
(日の出は0428)

河川工事進捗状況

0410起床、雨。
2017052721.jpg

VRB02KT 2000 -RADZ BR FEW002 BKN003 BKN005 17/16 Q1004 RMK 2ST002 6ST003 7ST005 A2966 2ST002
    風向不定、風弱く視程2000m、霧雨、モヤ
    雲量2/8、雲高200ftの層雲 雲量6/8、雲高300ftの層雲 雲量7/8、雲高500ftの層雲
    気温17℃、露点温度16℃ 気圧1004Hp

    昨夜の予報では朝から晴れのハズだったのだが・・・天候の回復は遅れているようだ。

    昨日、河川工事の邪魔にならぬよう、全ての止まり木を撤去した。
    さて、工事はどのくらい進捗しているだろうか。

0455、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0500、河口現着。

2017052722.jpg
    おやまぁ、随分と様相が変わったぞ。
    上流側は河床を嵩上げ。

2017052728.jpg
    蛇籠枝のあった付近はフレコンバッグとブロックで崩落防止処理がされていた。
2017052724.jpg
    蛇籠は最下部が破れ、そのまま放置すれば洗掘で全体が崩落する恐れがあった。
    そのため、蛇籠前に74個のフレコンバッグを2段重ねに埋め込み、洗掘防止処理がなされた。

2017052729.jpg
    重機用斜路の部分は、ブロックが土砂で覆われ、殆ど見えなくなっていた。
2017052726.jpg
    竹林下はなだらかなスロープに。
2017052725.jpg
    合流点では、霞川開口部が大きく広げられた。
2017052727.jpg
    これらは全て、流れをCM席側に寄せてもらったことによるものだ。
    静止画では若干判りにくいので、動画を。


    昨日来の雨で本流の水位は約30cm上昇。
    霞川の水位は15cmほど上昇し、綺麗な水が勢いよく流れていた。

2017052723.gif

    予報はハズレ、霧雨が降り続いた。
    そして時折、雨脚は強まった。
    これじゃ河川工事は行われないだろう。
    というか、たぶん堰下の工事はこれで完了したのではと思われる。

    とりあえず翡翠の飛来状況確認のため、旧5番枝位置に止まり木を仮設置してスタンバイ。

0623、合流点の竹林に♂飛来。
    下太郎かどうかは識別出来ず。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/320 F:7.1 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017052702.jpg

2017052703.jpg
0638、本流側にダイブし小魚をゲット、本流上流へ飛び去った。
SS:1/1250 F:5.0 ISO:1250 EV-0.33
2017052704.jpg

2017052705.jpg

2017052706.jpg

0653、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0656、下太郎が仮設枝に飛来。

SS:1/1000 F:4.5 ISO:800
2017052709.jpg

2017052710.jpg

2017052711.jpg
    下太郎、竹林前の右岸水際へ。
    急に雨脚が強まり、見通しが悪くなった。

SS:1/1600 F:4.5 ISO:1600
2017052712.jpg
    何だか・・・下太郎が落ち着かないぞ。
    よく見ると、すぐ後ろに♀が居た。
    ギャル曽根かどうかは識別不能。

SS:1/1600 F:4.5
2017052713.jpg
    この後2羽は本流下流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:4.5
2017052714.jpg

0701、下太郎が仮設枝に戻ってきた。
SS:1/1600 F:4.5
2017052715.jpg

2017052716.gif
    ペレットを吐出しそうだったんだけど・・・
0703、合流点に別♂出現、下太郎はスクランブル発進し本流上流へ飛び去った。

0822、上流右岸側の藪に下太郎飛来。

SS:1/2000 F:5.6 EV+0.67
2017052717.jpg

2017052718.jpg
0823、下太郎は霞上流へ飛び去った。

0900、工事も行われないようなので、本日の河口調査を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
コチタマは・・・残念な結果となった。
また頑張ってくれると良いのだが。
ホオジロ

2017052701.jpg
キジ♂母衣打ち
2017052707.gif

2017052708.gif
ハクセキレイ若
2017052720.jpg
鯉が浅瀬で座礁していたので救出。
2017052719.gif

フィールドは、ほぼ希望通りの形となった。
あとは小魚を呼び込む工夫、そして止まり枝の場所選定を巧く行うことで、また以前のような活気のある鳥撮りフィールドになるだろう。

明日の予報は終日晴れ。
まずは止まり木設置作業から開始予定。

とりあえず「フィールド閉鎖」は解除する。

週末はフィールド閉鎖です。

Underconstruction.png

河口は、河川工事のため全ての止まり木等を退避させております。

工事は早朝から開始される予定で、撮影は不可能と思われます。

このため、今週末は河口ポイントは閉鎖と致します。

河口工事状況

0420起床、雨。
08004KT 050V150 9999 -RADZ FEW006 BKN008 OVC050 18/16 Q1004 RMK 1ST006 6ST008 8SC050
    東の風4Kts、風向は50°から150°の範囲で変化し、視程10km以上。 霧雨
    雲量1/8、雲高600ftの層雲 雲量6/8、雲高800ftの層雲 雲量8/8、雲高5,000ftの層積雲
    気温18℃、露点温度16℃ 気圧1004Hp
    最新の予報では、午前中は雨脚が強くなるとのこと。
    今日は翡翠撮影は不可能だろう。
    工事の状況を確認のため出撃。
0500、出撃(工事状況確認のためならこんな時間に行く必要はあるまい・・・)

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0505、河口現着。

2017052617.jpg
    昨日の撤収時と特に大きな変化はない。
    変わったところといえば、上流側堰下蛇籠前にフレコンバッグがずらりと並んだ。

2017052618.jpg
    蛇籠前を掘り下げ、37個のフレコンバッグを2段重ね、計74個を並べてある。
    これ、いったいどうするつもりなのだろうか。
    重機が走り回ったためか、斉一だった川底には轍が出来ていた。

2017052619.jpg

0541、堰下付近から翡翠の鳴き声が聞こえたが、姿は見えなかった。

0702、下流から下太郎飛来、5番枝に瞬パーチ。
    そしてすぐに、蛇籠前に積まれたフレコンバッグへ。
    5番枝止まりモノは、レンズを向ける間もなく撮れず。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017052603.jpg
SS:1/1250 F:4.0
2017052604.jpg
    そしてすぐに、霞上流へ飛び去った。
    後にも先にも、翡翠の姿を見たのはこれ1回のみだった。

0900、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
コチドリ

2017052601.jpg

2017052605.jpg

2017052606.jpg
8時半頃、川の様子を見に来た釣り人が、コチドリの巣の上を歩いて通過。
その後コチドリの姿は見えず、卵の状況も確認出来ていない。
ササゴイ

2017052602.jpg
魚の乾物?を食べるカラス
2017052616.jpg

0745頃、河川工事が再開された。
全ての止まり木は、工事の邪魔にならぬよう退避させた。

合流点で土砂を取り、クローラに載せて堰下へ運んでいた。

2017052620.jpg

2017052621.jpg


以前、堰下には大量のブロックが積み重ねられていた。
そのブロックの半数は流失。土砂はそのブロックの代わりなのだろうか。



2017052623.jpg
2017052622.jpg
運ばれた土砂は、重機により填圧された。

当然のことながら、川の水は、填圧されて浅くなった地面の上を流れてくる。
2017052625.jpg
数日前、翡翠が右岸側からダイブしていた場所だ。
これで、見えないところからのダイブは無くなるだろう。

9時以降も作業は続けられたようで、この後どう変化したのかは明日のお楽しみ(^^;)

※社長と少しだけ言葉を交わした。
 工事は2~3日かかるとのこと。
 社長はこちらの意図を汲み取ってくれたようだ。


明日の予報は、明け方は曇りでその後は晴れ。
明日も工事の状況を観察予定。

2017052626.jpg

河川工事再開

0430起床、雨。
34003KT 9999 -RA FEW015 BKN060 OVC100 19/16 Q1006 RMK 2CU015 6SC060 8AS100
    北の風弱く視程10km以上、雨。
    雲量2/8、雲高1,500ftの積雲 雲量6/8、雲高6,000ftの層積雲 雲量8/8、雲高10,000ftの高層雲
    気温19℃、露点温度16℃ 気圧1006Hp

    最新の予報では、この雨はすぐに上がり午前中は曇り、午後はまた雨になるようだ。

0505、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0510、河口現着。
    雨といっても、傘を差すかどうか迷う程度の雨。水位は変わらない。

2017052533.jpg

0535、5番枝に下太郎飛来。
    よっしゃ~!そこでダイブしてくれよ~!

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017052501.jpg

2017052502.jpg
SS:1/1000 F:4.0 EV-0.67
2017052503.jpg

2017052504.jpg

2017052505.jpg
    止まりモノを5枚もアップしてるけど、実はこの間に止まりモノを100枚くらい撮ってる(^^;)

0536、直下にダイブするも採餌失敗。
    レンズの振り下ろし遅れもなく、着水と同時にAFボタンON、シャッターを切ったのだが・・・
    AFが間に合ってない・・・(T-T)
SS:1/1000 F:4.0
2017052506.jpg

2017052507.jpg

2017052508.jpg
    この後下太郎はすぐに霞上流へ飛び去った。

0715、雨脚が若干強まってきた。
    この雨じゃ、池は誰も来ていないだろう=駐車場問題はクリア出来そう。
    ということで、ASK氏のクルマに便乗して池へ。

2017052534.jpg

    待つこと暫し・・・
    ふと横を見ると・・・

SS:1/1250 F:4.0 EV±0
2017052511.jpg

2017052512.gif
    おいおい・・そりゃないぜ・・・
    ♂はお魚を咥えて飛び去った。

0808、♂が給餌咥えで飛来。
    どうやら♀が見つからないようだ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:800
2017052529.jpg

2017052530.jpg

2017052531.jpg
    当然この後は給餌シーンだよな・・・
    ところが・・・結局♀は来ず、♂は給餌くわえで場外へ。

SS:1/2000 F:4.5 ISO:1400 EV-0.33
2017052532.jpg

    この後は撮影チャンスなく・・・
0930、ここでの撮影を終了し河口へ。

1000、河口へ戻ってみると・・・

    ありゃりゃ・・・堰下で工事をしてるぞ。

2017052535.jpg
    いつも下太郎が藻エビを捕っている蛇籠水際。
    ここを1m以上掘り下げ、そこにフレコンバッグを沈めていた。
    いったい何のための工事なのだろうか・・・
    う~ん・・・わからん・・・
    この工事のため重機がフィールド内を移動、そのため、せっかく平滑だった川底が・・・
    まぁ、工事なんだから仕方ないけど・・・

本日のその他の野鳥
コチタマ、とりあえず無事。

2017052509.jpg
ホオジロ
2017052510.jpg

明日の予報は雨。
河川工事がどうなっているのか気になるので、とりあえず出撃予定。

PB(PerfectBouzu)

0420起床、晴れ。
VRB02KT 9999 FEW030 BKN/// 18/14 Q1009 RMK 1CU030
    風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8以上、雲高20,000ft以上に雲あり
    気温18℃、露点温度14℃ 気圧1009Hp

    最新の予報では、午前中は晴れ間が出るものの午後は曇るとのこと。

0455、出撃。
0500、河口現着。

    水位は5cmほど低下。

2017052449.jpg
    いつものように、翡翠はなかなかやって来ない。
    でも、待ってさえいれば、止まりモノくらいは撮れるだろう。

    ところが・・・
    結局、鳴き声ひとつ聞こえず・・・

1000、本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
キジ♂

2017052401.gif

2017052417.gif
小綬鶏
2017052433.jpg

2017052434.jpg

2017052435.jpg

今日は、昨日組み上げたデジスコでの試写を行った。
接合部の遮光は、厚さ5mmのゴム板で直径60mm長さ40mmの管をつくり、アダプタ内に挿入。

遮光環
IMG_0564.jpg

IMG_0565.jpg

IMG_0566.jpg
鰐口クリップで固定したレリーズケーブル、あまりにも不格好で貧弱。
取り付け方法を若干変更。

IMG_0567.jpg
これで万全!
2017052450.jpg

2017052451.jpg
ばっちり撮影出来そうな気がするよな。
ところが・・・
約40m先のキジ・・・コレだよ・・・やんなっちまうよな・・・
SS:1/100 F:4.9 ISO:250 EV±0 焦点距離:3993mm

2017052447.jpg
45m先のコチドリ
SS:1/100 F:4.9 ISO:320 EV±0 焦点距離:4007mm
2017052436.jpg
コレじゃ納得出来んわな・・・
ついでにデジスコで動画。




いやはや、参ったね。
翡翠にはフラれるし、デジスコは散々な結果だし。

デジスコは・・・ちょっと時間かけて煮詰めてみようっと。

疲れがドッと出て、帰宅してソファに座ったら・・・1時間寝ちまったぞ・・・。

明日の予報は終日曇り。

試し撮り

昨日組み上げたデジスコで、試し撮りをしてみた。
室内、距離約7m

SS:1/8 F:4.5 ProgramAE ISO:800 EV±0 焦点距離:1058mm
DSC01704.jpg
をぉ・・・思ったよりマシな画像じゃないか。
スコープ接続部の遮光もしていないし、光軸出しも厳密には行っていない。

それじゃ屋外は・・・
うわ・・・暑い・・・熱さで大気がユラユラ~・・・最悪のコンディションだな。
300m先のマンション屋根にある排気塔を狙ってみた。

DSC01711.jpg

DSC01717.jpg

DSC01718.jpg

DSC01719.jpg

DSC01720.jpg
焦点距離1000~2000mm、最悪の条件下でこれだけ撮れりゃ、条件さえ整えてやればかなりの高画質撮影が期待できそうだ。
今日は時間が無いのでこれまで。
今後時間をかけて、じっくりと煮詰めていきたい。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】