fc2ブログ

342

0455起床、晴れ。
    外気温氷点下1℃、冷え込んでいるが無風。
    今日は本年最後の鳥撮り、撮り納めだ。
    2016年は閏年、366日有ったが・・・
    そのうち21日間は北海道へ帰省。
    盆の墓参りに1日。
    秋の紅葉狩りに1日。
    残り342日、全て鳥撮りに費やした。
    しかも遠征はせず、河口に通い詰めた。
    我ながらアホさ加減に驚く。

    振り返ると・・・
    1~3月は翡翠の出も良く十分楽しめた。
    ところが4~7月はどういうワケか状況一変、苦難の日々が続いた。
    8月は50年に1度の大雨で河口の状況は惨憺たるものに。
    しかしこの時期、3番子出現でフィールドは大賑わい(だっくは帰省して不在)
    9月以降は渇水に悩まされた。霞川が「水無川」になってしまった。
    それでも皆の努力、工夫で何とか乗り切り、今日大晦日を迎えた。

0625、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0630、河口現着。
    昨日のように風は吹いておらず、早速合流点に簡易ブラインドシートを設置。

2016123101.jpg
    設営作業中にアル爺が端枝に飛来、ダイブして小魚をゲットし、本流上流へ飛び去った。

0652、日の出時刻だが、まだ太陽は顔を見せない。

2016123102.jpg
    やっと陽が昇りフィールドは一気に明るくなったが・・・
    肝心のアル爺は姿を見せない。

2016123103.jpg

0820、5番枝にアル爺飛来。
0823、アル爺は3回ダイブしてMサイズのお魚1尾ゲット。
0824、霞上流へ飛び去った。

    その後も全く飛来せず・・・
    本年最後の鳥撮りは完全ボウズか・・・
    ダラダラと待っていても仕方ないので、撤収時刻を1030と決定。
    皆があきらめ掛けたとき・・・

1025、アル爺が端枝に飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/3200 F:6.3 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016123112.jpg
2016123113.jpg
1027、コブラブロックトップへ。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:720
2016123114.jpg
1028、ダイブしてMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
     離水はファインダー中央でしっかり捉えたのに・・・

SS:1/3200 F:6.3 ISO:1100
2016123115.jpg
2016123116.jpg
2016123117.jpg
    離水から3コマは水飛沫にジャスピンで前ピン(T-T)
SS:1/3200 F:6.3
2016123118.jpg
2016123119.jpg

1030、予定通り撤収。

本日のその他の野鳥

2016123105.gif
オオバン
2016123106.jpg
椋鳥
2016123107.jpg
モズ
2016123104.jpg
2016123109.jpg
2016123110.jpg
2016123111.jpg

この一年、風邪を引くこともなく元気に鳥撮り出来たことを感謝。
大勢の来場者皆さんの誠意ある対応に感謝。
そして・・・サービスが今ひとつなアル爺にも、ちょっとだけ感謝(^^;)

皆さん、佳いお正月を!

2017年元旦の予報は風弱く終日晴れ。
鳥撮り初めの予定。

強風でダメダメ~

0455起床、晴れ。
    外気温氷点下1℃、北西の風15kts。
    良く晴れているが寒いっ!
0630、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。

0635、河口現着。
    風が強く吹きそうなのでCM席で撮るか合流点にするか迷った。
    しかし先着CM皆さん既にブラインドシートを設営し始めていた。
    後ろ髪引かれつつ合流点でスタンバイ。

0702、5番枝にアル爺飛来。
    う~ん、やっぱりCM席から撮るべきだったか・・・

0747、蛇籠枝にアル爺飛来、対岸壁枝へ。
0750、Lサイズのお魚をゲットして蛇籠枝へ。
    
    マズイぞ・・・このままじゃボウズ喰らっちゃうな。

0820、CM席に移動。

2016123001.jpg
    CM席ですることと言えば芋を焼くことくらいか・・・
2016123002.jpg

0838、蛇籠枝にアル爺飛来。
    やっとボウズを免れた・・・

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016123004.jpg
SS:1/1600 F:4.0 EV-0.33
2016123005.jpg
0834、アル爺は対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:4.0
2016123006.jpg
2016123007.jpg

0835、下流から翡翠2羽飛来、対岸土手を越えて本流へ飛び去った。

0938、アル爺、合流点コブラブロックに飛来。
    すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲットして本流上流へ。

1011、5番枝にアル爺飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:280
2016123009.jpg
1012、アル爺は合流点特設枝へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:500
2016123010.jpg
SS:1/2000 F:5.0 ISO:250
2016123011.jpg
1013、アル爺、強風で吹き飛ばされて本流上流へ。

1018、合流点左岸端枝にアル爺飛来。
    すぐにダイブ、採餌失敗して本流上流へ。

1026、霞上流からアル爺飛来、合流点特設枝へ。
    すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲットして本流上流へ。

1035、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
セグロセキレイ

2016123003.jpg

参った・・・完敗。
全てが裏目に出たぞ。

これでこの一年を締めくくるワケには行かんわな。
明日リベンジ!
明日の予報は、風弱く終日晴れ。

ギャル曽根



0455起床、高曇り。
    予報では晴れのハズだったんだが、高層雲が全天の7/8を覆っている。

2016122901.jpg
    少しずつは晴れ間も出てくるのだろうが、朝のうちは暗くて厳しそうだ。
0630、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0635、河口現着。
    CM席に続く道路の水たまりが凍っていた。
    寒っ!

2016122902.jpg
    南東の空に陽が昇り始めたが、まだまだ暗い。
    合流点に簡易ブラインドシートを設営してスタンバイ。

0652、合流点左岸枝(端枝)にアル爺飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016122904.jpg
    アル爺、採餌失敗。
    追尾したもののピント合わせられず。
0654、再びダイブ、また採餌失敗。
    水しぶきにピント取られて前ピン。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:3200
2016122905.jpg
2016122906.jpg
2016122907.jpg
SS:1/200 F:4.0
2016122908.jpg
SS:1/400 F:4.0
2016122909.jpg
0704、水際にダイブ、小魚をゲット。
SS:1/1250 F:4.0
2016122910.jpg
2016122911.jpg
2016122912.jpg
2016122913.jpg
2016122914.jpg
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1600
2016122915.jpg
SS:1/500 F:4.0 ISO:3200
2016122916.jpg
    アル爺、コブラブロックへ。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:2200
2016122917.jpg
0707、lサイズのお魚をゲット、そのまま本流上流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1800
2016122918.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1400
2016122919.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2016122920.jpg
2016122921.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1800
2016122922.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2016122923.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1400
2016122924.jpg

0745、5番枝にアル爺飛来。
0749、アル爺は4番枝へ。
0755、右岸側の竹へ。
0757、小魚をゲットしてフィールド内ブロックへ。
0759、アル爺は霞上流へ飛び去った。
    合流点で待ってるのに・・・ヤツはひねくれ者だぁ・・・( ̄△ ̄)

0825、アル爺、上流から本流上流へ通過。

0832、端枝にアル爺飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122925.jpg
0834、直下の石の間にダイブ、エビをゲットしてそのまま本流上流へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2016122926.jpg
2016122927.jpg
2016122928.jpg
2016122929.jpg

0846、端枝にアル爺飛来。
SS:1/2000 F:5.6 EV+0.33
2016122930.jpg
0847、コブラブロックへ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1000 EV+0.67
2016122931.jpg
    すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲットしてそのまま本流上流へ。
    きっちり追尾したのに水しぶき前ピン(T-T)

SS:1/2000 F:5.0
2016122932.jpg
2016122933.jpg

0848、アル爺、本流上流から飛来し5番枝へ。
0849、お魚をゲットして蛇籠枝へ。
0851、蛇籠枝から水浴び1回。

2016122934.gif
    アル爺は霞上流へ飛び去った。

0923、端枝に♀翡翠飛来。
    初顔かな。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:1600
2016122935.jpg
2016122936.jpg
    ♀、すぐに特設枝へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:500
2016122937.jpg
    ブロック右側ギリギリにダイブ、Mサイズのお魚2尾同時ゲットしてそのまま本流上流へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1100
2016122938.jpg
2016122939.jpg
2016122940.jpg
2016122941.jpg
2016122942.jpg
2016122943.jpg

0925、端枝に♀飛来。
    え?食べたばかりなのに?

SS:1/2000 F:5.0 ISO:1600
2016122944.jpg
    すぐに水際にダイブ、Mサイズのお魚をゲットしてそのまま本流上流へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:800
2016122945.jpg
2016122946.jpg
2016122947.jpg

0930、端枝に♀飛来。
    あれま・・・まだ喰うんか?

SS:1/2000 F:5.0 ISO:1600
2016122948.jpg
    ♀、特設枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100 EV+1.0
2016122949.jpg
2016122950.jpg
2016122951.jpg
0935、ダイブしてMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2016122952.jpg
2016122953.jpg
2016122954.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122955.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2016122956.jpg

0936、端枝にまた♀飛来。
    凄く食欲旺盛なんだなぁ・・・

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122957.jpg
0937、竹林下ブロックへ。
SS:1/2500 F:5.6
2016122958.jpg
SS:1/1250 F:5.6
2016122959.jpg
    この後♀はフィールド内のブロックを転々とし、5番4番3番枝を巡り、数尾のお魚をゲット。
1005、満腹になったようで霞上流へ飛び去った。

1025、本日の撮影を終了し撤収。
    撤収、移動開始したその時、背後から「来たよ~!5番枝!」という声が聞こえた。
    ロドスタを止めることなく、そのままフィールドを後にした。

アル爺は朝のうち顔を出してちょっとダイブしただけで、テリトリーの見回りにも来ない。
そのお陰で初顔♀がのんびり遊んでくれた。
それにしてもこの♀、食べるねぇ!
大きめのお魚3尾、小魚も3尾以上・・・
ギャル曽根・・・いったいどういう腹してんだか。

今日もTKN氏が芋を持ってきてくれた。
しっかり時間を掛けて焼き芋。

2016122903.jpg
とっても美味しかったんだけど、ちょっと胸焼け~(^^;)

明日の予報は終日晴れ、しっかり冷え込みそうだ。

ワンチャンスのみ



0505起床、晴れ。
    予報では終日晴れで、北西からの強風が吹くとのこと。
    午前5時現在、ほぼ無風。
0630、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0635、河口現着。

2016122803.jpg

2016122801.jpg
2016122802.jpg
    ほぼ無風なので、合流点に簡易ブラインドシートを設営することにした。
    皆各々それぞれに作業を開始し、あっという間に設営完了。

0727、特設枝にアル爺飛来。
    背景が水面で明るくSSは上がるが水面逆光、撮影には厳しい状況。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016122804.jpg
0728、コブラブロックトップへ移動。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2016122805.jpg
2016122806.jpg
2016122807.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016122808.jpg
    ダイブして小魚2尾同時ゲットし、合流点左岸枝(端枝)へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2016122809.jpg
2016122810.jpg
2016122811.jpg
2016122812.jpg
2016122813.jpg
2016122814.jpg
2016122815.gif
    あ!1尾落っことしちまった・・・
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016122816.jpg
    大急ぎで小魚を飲み込み、すぐに直下へダイブして回収。
SS:1/1000 F:5.6 ISO:900
2016122817.jpg
2016122818.jpg
2016122819.jpg
2016122820.jpg
2016122821.jpg
2016122822.jpg
SS:1/1000 F:5.6 ISO:360
2016122823.jpg
SS:1/1000 F:5.6 ISO:500
2016122824.jpg
2016122825.jpg
SS:1/1000 F:5.6 ISO:1600
2016122826.jpg
2016122827.jpg
    ありゃ・・・また落っことしちまった・・・(T-T)
SS:1/1000 F:5.6
2016122828.jpg
    暫し探したが見つけられず、気を取り直して・・・
SS:1/1000 F:5.6
2016122829.jpg
0730、Mサイズのお魚をゲットし、そのまま本流へ飛び去った。
SS:1/1000 F:5.6 ISO:560
2016122830.jpg
SS:1/1000 F:5.6 ISO:640
2016122831.jpg
2016122832.jpg
SS:1/1000 F:5.6 ISO:720
2016122834.jpg

0814、本流ブロックに下流別♂飛来。
SS:1/1000 F:5.6 ISO:560
2016122835.jpg
0835、下流別♂、また本流ブロックに飛来。
SS:1/400 F:5.6 ISO:220 EV±0
2016122837.jpg

    その後1時間半、翡翠飛来せず・・・

1000、本日の撮影を終了し撤収。
    資機材全てをCM席に運び終えたとき・・・
    対岸壁枝にアル爺飛来。
    オイオイ・・・
    とりあえずカメラを引っ張り出して証拠撮影。

SS:1/4000 F:6.3 ISO:1400
2016122839.jpg
1016、アル爺は本流上流へ飛び去った。

本日のその他の野鳥
ユリカモメ

2016122836.jpg

2016122838.jpg

背景水面逆光時の連続ダイブのみで本日終了・・・
もう少し光が回るようになってからダイブして欲しかった・・・・

今年も残すところあと3日となった。
今のところ、撮り納めは大晦日の予定。
この一年を締めくくる代パフォーマンスを期待したいぞ~。

明日の予報は終日晴れ、氷点下まで冷え込むらしいが、風は穏やかとのこと。

0505起床、曇り。
    予報では間もなく雨、しかも南風が強烈に吹くとのこと。
    雨、そして強風では、まともな撮影は望めそうにないな。
0630、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0635、河口現着。
    風は全く吹いていない。
    雨に備えて大型テントにすべきか、それとも強風予報故ブラインドシートにすべきか。
    強風でのテントの危険性を考慮し、ブラインドシートを設営することに。

    ブラインド設営が完了してすぐに、特設枝にアル爺飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/200 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016122702.jpg
0652、採餌失敗。
SS:1/1000 F:4.0 ISO:3200 EV-0.33
2016122703.jpg
2016122704.jpg
    光量不足、AFがもの凄く遅い・・・
    続けてダイブ、また採餌失敗。

SS:1/1250 F:4.0
2016122705.jpg
2016122706.jpg
2016122707.jpg
2016122708.jpg
2016122709.jpg
2016122710.jpg
2016122711.jpg
0653、Mサイズのお魚をゲット。
SS:1/1250 F:4.0
2016122712.jpg
2016122713.jpg
2016122714.jpg
2016122715.jpg
2016122716.jpg
2016122717.jpg
    続けてダイブ、またMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
    離水をファインダー中央のAFフレームに載せられず、離水から5コマピンぼけ(T-T)

SS:1/1250 F:4.0
2016122718.jpg
    暗いとどうにもならん・・・見失いそうになるし、AF遅いし・・・

0712、本流対岸のブロックにアル爺飛来。

SS:1/1250 F:4.0
2016122719.jpg
0720、本流対岸の枯れ草へ。
0721、特設枝へ。

SS:1/800 F:4.0 ISO:720
2016122720.jpg
0722、採餌失敗して合流点左岸の竹へ。
SS:1/2500 F:4.0 ISO:1600
2016122721.jpg
2016122722.jpg
2016122723.jpg
2016122724.jpg
SS:1/1250 F:4.0
2016122725.jpg
2016122726.gif
2016122727.gif
0728、結局ダイブし直すことなく本流上流へ飛び去った。

0736、5番枝にアル爺飛来。

SS:1/1600 F:4.0
2016122728.jpg
0741、アル爺は壁枝へ。
SS:1/1600 F:4.0
2016122729.jpg
    ここでアル爺はペレット吐出、そしてうんち。
0744、再び5番枝へ。
    5番枝からジャンプアップダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
0756、またMサイズのお魚をゲットし、蛇籠枝へ。
    蛇籠枝で水浴び1回。

SS:1/2000 F:5.6
2016122730.jpg
2016122731.gif
0759、アル爺は霞上流へ飛び去った。

0856、本流ブロックに別♂飛来。
0857、別♂は本流上流へ。

0928、本流ブロックに別♂飛来。
0929、別♂は本流下流へ。

0940、雨が強く降り始めたので、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ユリカモメ

2016122732.gif
2016122734.gif
8時半頃、北西の空に虹が現れた。
2016122701.jpg
その虹を背景に飛ぶユリカモメ
2016122733.jpg
カイツブリペア
2016122735.jpg
椋鳥の群れ
2016122736.jpg

雨は昼前には上がった。
雨量はさほどでもなく、霞川の水位にはほとんど影響を与えなかった。

フィールド内ではチュウサギ、カワウが採餌、入れ食い状態だった。
いつの間にか、フィールド内にも小魚が戻ってきたようだ。
合流点付近の深みでは小魚の大群が、まるで黒い絨毯を敷き詰めているかのようだった。
それなのにアル爺、明るくなった途端に飛来せず。
困ったもんだ。

明日の予報は終日晴れだが、北西の風が少し強めに吹くとのこと。
CM席から撮るべきか、それとも合流点にブラインドシート設営か、悩むところだ。

バイアステープ

先日、合成皮革を使ってレンズコートを自作した。
塗装も終了し実用しているのだが、その裁断面がどうにも気になる。
合成皮革なので普通の布のようにすぐにほつれてくることはないのだが・・・
やっぱり気になる。

というわけで、バイアステープなるものを縫い付けてみることにした。

  バイアステープ

_DSC5406.jpg
布を四つ折りにしただけのものだが・・・よ~く見ると・・・
表と裏で折り目の長さが違ってる・・・
不良品か?
あ・・・ひょっとして・・・なるほど・・・
この折り目の長さの違い(たぶん0.5mmくらい)は意味があるんだ!
短い面を表にしてミシンで縫うと、裏側で針落ちすることがないってことなんだろう・・・
う~ん、単なる布テープなのに、奥が深い・・・

早速、人工皮革製レンズコートの裁断端をバイアステープで縢ってみた。

_DSC5405.jpg
よっしゃ!我ながら巧く出来たぞ\(^o^)/
バイアステープの端ギリギリのところをミシンで縫うと、裏側は布のよじれがあっても確実に糸が通っていた。
やっぱりそのための長さの違いだったんだなぁ。

え?それって常識なの?(^^;)

ついでに、レンズスイッチ部のカバーもバイアステープで縢ってみた。(これをパイピングというらしい)

_DSC5416.jpg

予報ハズレ目論見ハズレ

0505起床、曇り。
    予報では9時頃までは晴れるハズだったのだが、5時の時点で既に曇り空。
    今日は昨日のような低ISO高SSでの撮影は期待できそうに無い。
0630、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0635、河口現着。
    2名先着済み、すぐに簡易ブラインドシートの設営に取りかかった。
    作業が終わったころに合流点左岸竹にアル爺が飛来したが、すぐに本流上流へ飛び去った。

    その後は昨日同様、なかなか飛来せず。
    やることと言えば焼き芋くらい(^^;)
    今日はブロックで竈をつくり、しっかりと焼き込んだ。
    旨くて・・・ほっぺたが落ちてしまった・・・

2016122601.jpg
    ガキの頃から焼き芋は嫌いだった。
    食べると喉が詰まるような感じがした。(これがいわゆる胸焼けというものだったらしい)
    ところがどうだ、河原で食べる焼き芋の旨いことっ!

    おっと・・・そうだった、鳥撮りに来てたんだった(^^;)
0727、合流点左岸竹に再びアル爺飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/80 F:4.0 マニュアル露出 ISO:900EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016122602.jpg
0736、アル爺はノビをしただけで何もせず、本流上流へ飛び去った。

0745、特設枝にアル爺飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2016122603.jpg
    すぐに見ている方向と逆にダイブ、Mサイズのお魚2尾同時ゲットしてそのまま本流上流へ。
SS:1/2000 F:4.0
2016122604.jpg
2016122605.jpg
2016122606.jpg

0845、特設枝にアル爺飛来。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2016122607.jpg
0846、コブラブロックトップへ。
    やる気満々のようだ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2016122608.jpg
0849、コブラブロック右側ギリギリにダイブ、採餌失敗。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2016122609.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2016122610.jpg
0850、Mサイズのお魚をゲット。
    着水点をファインダー中央で捉えたつもりだったんだけど、離水から4コマピンぼけ(T-T)

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2016122611.jpg
2016122612.jpg
0850、再びMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2016122613.jpg
2016122614.jpg
2016122615.jpg
2016122616.jpg
2016122617.jpg
2016122618.jpg

    その後1時間半以上待つも翡翠飛来せず。

1030、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
遊んでくれたのはユリカモメだけ。
カモメも水浴びするんだ・・・いつも水ん中だから水浴びの必要なんてなさそうだけどねぇ。

2016122619.gif
2016122620.gif
2016122621.gif

天気予報はハズレ、太陽は顔を出さなかった。
目論見も見事にハズレ、ほとんどまともな撮影が出来なかった。

良かったのは焼き芋と・・・
そうそう、もうひとつ!
センセの持ち込んだ新兵器、これが凄かった。
現在使用中のD4Sとロクヨンを売り払ってセンセと同じ機材を買おうかと思ったほどだ。
どれだけ凄いかは、センセのブログを参照されたい。

明日の予報は朝のうち曇りでその後は雨。
合流点に大型テントを設営してスタンバってみよう。

久々の連続ダイブ



0455起床、曇り。
    明け方まで曇りでその後は晴れとのことだが・・・
    予報より雲が多めだな。
    シーリングは8,000ftくらいか。
0630、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0635、河口現着。

2016122501.jpg
    3名先着済み、簡易ブラインドシートの設営作業中だった。
    それぞれやるべきことを理解しているので、何ら指示をしなくても準備作業はスムーズに進む。

    スムーズに運ばないのが・・・アル爺。
    ヤツ、今日も超朝寝坊。
    スタンバイして2時間、全く飛来せず。
    社長出勤どころか、大名出勤だぞ。

0825、合流点左岸竹にアル爺飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016122502.jpg
0827、特設枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000 EV+0.33
2016122503.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:1600
2016122504.jpg
2016122505.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400 EV+0.67
2016122506.jpg
0830、採餌失敗。
     レンズを止められず離水ピンぼけ(T-T)

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122507.jpg
2016122508.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122509.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016122510.jpg
    すぐにダイブし直すも採餌失敗。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122511.jpg
2016122512.jpg
2016122513.jpg
2016122514.jpg
2016122515.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016122516.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122517.jpg
2016122518.jpg
2016122519.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016122520.jpg
    更にダイブ、また採餌失敗。
2016122521.jpg
2016122522.jpg
2016122523.jpg
2016122524.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122525.jpg
2016122526.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016122527.jpg
2016122528.jpg
2016122529.jpg
0831、やっとMサイズのお魚をゲット。
SS:1/2500 F:5.6
2016122530.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122531.jpg
2016122532.jpg
2016122533.jpg
2016122534.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016122535.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122536.jpg
    昨日までは、お魚をゲットしたらそのまま本流上流へ飛び去るパターンだったのだが。
0834、特設枝からコブラブロックトップへ。
    まだダイブするつもりだな。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016122537.jpg
2016122538.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2016122539.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122540.jpg
0835、ダイブ!と思ったらキャンセル、そのまま霞上流へ飛び去った。

0910、特設枝にアル爺飛来。
    近くに別翡翠が居るのか、警戒しているようだ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122541.jpg
2016122542.jpg
2016122543.jpg
2016122544.gif
0915、アル爺は本流上流へ飛び去った。

0923、アル爺、特設枝に飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100 EV+1.0
2016122552.jpg
0924、コブラブロックトップへ。
    ダイブ確定だな。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2016122553.jpg
0925、Mサイズのお魚をゲット。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122554.jpg
2016122555.jpg
2016122556.jpg
2016122557.jpg
2016122558.jpg
2016122559.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2016122560.jpg
2016122561.jpg
2016122562.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2016122563.jpg
2016122564.gif
0926、採餌失敗。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122565.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2016122566.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2016122567.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2016122568.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122569.jpg
2016122570.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2016122571.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122572.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016122573.jpg
2016122574.jpg
2016122575.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2016122576.jpg
    すぐにダイブし直し、Mサイズのお魚をゲットしてそのまま本流上流へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016122577.jpg
2016122578.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2016122579.jpg
2016122580.jpg
2016122581.jpg

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ユリカモメ

2016122545.jpg
2016122546.jpg
2016122547.jpg
2016122548.jpg
2016122549.jpg
2016122550.jpg
2016122551.jpg

スタンバイ開始から2時間飛来せず、完全ボウズを覚悟。
ところがその後の飛来で連続ダイブ。
随分と久しぶりの連続ダイブ、しかも止まり木から横方向で撮りやすいダイブ。
来場したCMさん皆さん大喜び。
撮影間は雲が多めで、そのため背景水面が明るく被写体が暗いという、難易度高めの状況だった。
露出補正+0.67~+1.0で撮影したが、それでも若干不足だったようだ。

明日の予報は午前中晴れで午後は曇り、風は穏やかのようだ。

イヴ



0500起床、晴れ。
    今日はクリスマスイブ。
    朝からピーカン。
    VFRで飛行中のサンタクロースの橇、フライトには何ら支障がないだろう。

2016122401.jpg

0630、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0635、河口現着。
    今年最後の3連休中日、皆さん出勤の早いこと!
    既に簡易ブラインドシートの設営作業が行われていた。
    皆で一斉に作業するので、あっという間に設営完了。

2016122402.jpg

    しかし・・・肝心のモデル、アル爺は相変わらず怠け者、まだ寝てるのだろう。

0734、やっと、アル爺が特設枝に飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:4.0 マニュアル露出ISO:160 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2016122409.jpg
0735、アル爺は合流点左岸の竹へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2016122410.jpg
    アル爺、すぐにダイブしてMサイズのお魚をゲットし、そのまま奔流上流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:5.6  ISO:640
2016122411.jpg
2016122412.jpg
2016122413.jpg
2016122414.jpg

0741、下流の別♂が奔流ブロックに飛来。
0755、別♂は奔流上流へ。

0809、アル爺特設枝に飛来するも、すぐに奔流上流へ飛び去った。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:720
2016122415.jpg

0811、奔流ブロックでアル爺と別♂が背伸びを始めた。
SS:1/1000 F:13.0  ISO:1600
2016122416.jpg
0813、アル爺は奔流対岸のブロックへ。
SS:1/2000 F:6.3 ISO:500
2016122417.jpg
    別♂は少し下流側へ移動。
SS:1/2000 F:6.3
2016122418.jpg
0814、アル爺は対岸で突然ダイブ、採餌失敗。
2016122419.gif
0815、アル爺は奔流上流へ。

0819、別♂を追尾中のアル爺、本流対岸の枯れ草へ。
0820、別♂は本流下流側のブロックへ。
0821、本流上流側に更に別の個体飛来、アル爺はそちらを追尾して奔流上流へ。
0824、下流の別♂は本流下流へ姿を消した。

0836、アル爺がコブラブロックに飛来。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2016122420.jpg
    ほぼ同時に、本流ブロックに別♂飛来。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2016122421.jpg
    こりゃダイブは無いな・・・と思っていたら・・・
SS:1/2500 F:6.3 ISO:500
2016122422.jpg
0838、アル爺、岩陰にダイブしてMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:900
2016122423.jpg
2016122424.jpg
2016122425.jpg
2016122426.jpg
2016122427.jpg
2016122428.jpg
2016122429.jpg
2016122430.jpg
    別♂も、いつの間にか姿を消していた。

0935、対岸壁枝にアル爺飛来。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600
2016122432.jpg
0943、アル爺は特設枝へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2016122433.jpg
2016122434.jpg
2016122435.jpg
2016122436.jpg
    すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲットしてそのまま本流上流へ。
    いい感じのポップアップダイブだったんだけど、着水に中央AFフレームを乗せるのに手間取って離水ピンぼけ(T-T)

SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2016122437.jpg
2016122438.jpg
2016122439.jpg
2016122440.jpg
2016122441.jpg

0955、対岸壁枝にアル爺飛来。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600
2016122442.jpg
0958、直下にダイブするも採餌失敗。
1000、アル爺は対岸竹林下へ。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100 EV+0.33
2016122443.jpg
1001、対岸竹林の中へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1600 EV±0
2016122444.jpg
1002、再び竹林下へ。
SS:1/1250 F:6.3
2016122445.jpg
1004、本流上流から特設枝に別翡翠飛来。
    竹林下のアル爺、スクランブル発進して別翡翠を猛追、2羽は本流上流へ飛び去った。

1005、アル爺が特設枝に戻ってきた。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:560 EV+0.33
2016122446.jpg
    すぐにブロックのこちら側、岩陰にダイブするも採餌失敗。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2016122447.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:640
2016122448.jpg
2016122449.jpg
1006、Mサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:560
2016122450.jpg
2016122451.jpg
2016122452.jpg
2016122453.jpg
2016122454.jpg
2016122455.jpg
2016122456.jpg
2016122457.jpg

1015、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
オオバン

2016122406.jpg
2016122407.jpg
モズ
2016122408.jpg
ユリカモメ
2016122431.jpg

昨日試作したレンズコート、白はやっぱり目立つよなぁ・・・
2016122404.jpg
まるでキヤノンの大砲みたいだ(^^;)
帰宅後、早速染めQで着色してみた。

2016122405.gif
うんうん、やっぱり黒の方がいいぞ。

今日も河原では焼き芋~。
芋を焼くのに要した時間は何と90分!
これだけゆっくりじっくり焼くと糖度が急上昇、甘いんだわ・・・(#^_^#)

2016122403.jpg

今夜はサンタクロースが世界中の良い子の枕元へプレゼントを届けるらしい。
だっくの枕元にもCANON 1DXmk2なんかが届いてたら嬉しいなぁ・・って、それは絶対にない(^^;)

明日の予報は明け方まで曇りでその後は晴れ、風弱く穏やかだが冷え込みそうだ。

レンズコート

望遠レンズを保護するために、以前からレンズコートを使用している。
CANONのロクヨン、NIKONのロクヨン等のレンズコート、既に3回取り替えている。
いずれもレンズにぴったり適合するので良いのだが・・・
問題が2つある。
1つめは、耐久性が無いこと。
2つめは、値段がバカ高いこと。
レンズコート社の製品は、どれもこれもアイデアは良いのだが品質は悪い。
有名メーカーではあるが、所詮素人の経営する町工場、しかも競合相手が居らず技術的進歩の努力も見られない。

まぁ、そんな文句ばかり言っていても仕方ないので、今回は現在使用中のコートの傷みが激しい部分を自作してみることにした。
レンズフード用の2枚、そしてレンズスイッチカバー部の、計3枚だ。

2016122351.jpg
僅か2,3年の使用で色褪せ、ぼろぼろ・・・
最初は防水生地で作ってみたのだが、布地の伸縮性のため、何度やってもビシッと収まらない。
そこで思いついたのが・・・以前ソファーを修理した際に使用した合成皮革。
合成皮革は防水性はあるが伸縮性はほとんど無い。
そのため、裁断、縫製がやりやすい。
とりあえずフード部分を作ってみた。

2016122352.jpg
2016122353.jpg
調子に乗って、レンズスイッチカバー部も作成。
ビニールで覆われて操作できなかった部分の構造を変更、簡単に操作できるようにした。

2016122300.gif

ちなみにコレが設計図(^^;)

SWcover.jpg

え?
色が変だって?
そりゃそうだよな、ソファー用のベージュ皮革だもの(^^;)
でも大丈夫、これは後日、染めQで塗装してしまえば問題ない。
暫く使っているうちに「こうした方が良い」というのが出てくるだろうから、これから少しずつ改良を重ねて行くつもり。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】