fc2ブログ

今日も秋晴れ、お散歩

遅い朝食を済ませ連ドラをみて、母とお散歩。
コースは昨日と同じ(他にいくところ無いんだよね)。

母のペースに合わせるので時速2キロくらいか(^^;)

IMG_3056.jpg
約40分かけて湯川公園着。
歩きつかれたようで、しばしベンチで休憩。

IMG_3057.jpg
この公園にはプラタナスやナナカマドが生い茂り、さわやかな秋風が吹き渡っていた。
広い芝生の上でごろりと寝ていたい~!

休憩のあとは同じコースを逆戻り。
昨日は閉館していたガラス工房に立ち寄った。
この建物は北海煉瓦のオーナーの自邸だったもので、昭和21年に立てられた洋館。
平成になって市が買い取り移築、その後ガラス工芸作家柿崎均氏が工房として使用。
中はガラス作品を制作する過程が見学できるようになっていた。

DSC_0018.jpg
1Fと2Fには綺麗なガラス作品が展示されており、販売もされていた。
芸術作品ゆえ、お値段は・・・かなりお高い(^^;)

IMG_3058.jpg
IMG_3059.jpg
DSC_0019.jpg

ガラス工房のとなりには噴水(川中公園)があり、ここでもベンチに座って休憩。
公園の周りには樹木が植えられており、中には栃の木もあった。
大きな栃の実がなっていた。

IMG_3060.jpg

約1時間半のお散歩、歩数はわずか4500歩。
母は歩きつかれたようで、帰宅してすぐに横になっていた。
だっくは・・・運動不足。さて、午後はどうしようかしらん。

暇潰しウォーキング

温泉旅行も終わり、毎日することもなくヒマ~!
今日はコンデジを持って近所をウォーキング。

約50年前に通った小学校、昨年の夏に訪ねたときは改築工事中だった。

IMG_3048.jpg
工事は既に完了していた。
窯業で栄えた町の小学校はレンガ造りだった。
それが・・・レンガは一部残っているものの、殆どがスパンドレール。
何だか味気ないなぁ・・・

2kmほど離れた湯川公園(2年前の冬にゴジュウカラを撮影した場所)へ行ってみたが、翡翠は居なかった。
それどころか、鳥の囀りは全く聞こえなかった。

中学校の裏手のお化け屋敷(ガラス工房)は去年と全く変わらず。
中を見学してみようと近づいたが、CLOSEDだった。

IMG_3050.jpg

すぐ近くの公園で、ベンチに腰掛け暫し休憩。
気温26度、湿度35%、噴水が清々しかった~。

IMG_3051.jpg


本日のウォーキングは約8,000歩。
このところ毎日腹筋を500回くらいやってるけど、これくらいのウォーキングでは体力有り余り気味。
帰宅まであと10日、体力を維持しつつ何とか少しでも減量せねば。

小樽へ

温泉から帰った夜は近所のラーメン屋へ。
帰省するたびに立ち寄る「味の時計台」、ここのラーメンは本当に旨い!
最近のラーメン屋のように奇をてらったところがなく、昔ながらのサッパリ系だ。
確か都内にも支店があったはず。
だっくは葱が大好きなので、てんこ盛りをオーダー(^^;)

IMG_2949.jpg
IMG_2953.jpg

翌日は従妹の希望で小樽へ。
実家から小樽へは電車で1時間ほどなのだが・・・
途中で車両故障、途中駅で1時間以上も缶詰状態。
従妹の長男くん、疲れて座り込んでしまった。

IMG_2967.jpg
このところJR北海道の不祥事が多く報道されているが、今回のこのトラブルでも納得。乗客に対する状況説明も全くなっていないし、言葉遣いもダメダメ。
非常事態への対応能力の低さが露呈していた。
北海道では・・・電車には乗らずにクルマで移動したほうがいいかも。

小樽ではまず腹ごしらえ。
WEBで検索すると「旨いすし屋」がたくさんヒットする。
でもね、実際には・・・値段が高いばかりで、内容はたいしたことない店が多い。
そんな中で今回選んだのは「しかま
値段は決して安くはないが、内容に納得。
小樽寿司屋通りからほんの少し東側に位置し、駅から徒歩20分くらいかな。

IMG_2987.jpg
満腹になったあとは坂を下り、小樽の観光メインストリートへ。
大勢の観光客をかき分けブラリお散歩。
定番の「北一ガラス」へ。

IMG_3018.jpg
その次に向かったのは、これまた定番の「かま栄のかまぼこ
ここの蒲鉾、美味しい!小田原の鈴ひろより美味しいかも?
その後は「小樽運河」へ。
昔は、観光メッカになるなんて誰も考えなかった、ただの堀だった。
全部埋めちゃえ!と言われたけど半分くらい残したら、これが大ヒットしちゃったようだ。
(だっくは、都はるみの「小樽運河」が大好き!)

IMG_3031.jpg
DSC_0090.jpg
小樽から電車にのり、札幌で従妹と別れ帰宅。
これにて今回の温泉旅行全編完結。

その後はというと・・・毎日「食っちゃ寝」(^^;)
でもね、ゴロゴロしてるだけじゃないよ~。
実家のテレビドアホンの付け替え工事をしたり、母の買い物にお付き合いしたり、しっかり親孝行してまっす!
屋外に取り付けたカメラ付ドアホン

IMG_3046.jpg
リビングに取り付けたモニター
IMG_3040.jpg
配線は既存のインターホン回路を再利用。
このシステムには子機も付属しており、子機と親機の間でのテレビ会話も可能。
また、不在時にチャイムを押した人の画像も自動録画されてる・・・
何だか凄く便利な世の中になってる~。
ちなみにこのシステムは、電気屋さんに依頼すると工事費込みで6~7万円。
WEBで機材を買って自分で取り付けると3~4万円程度。
あ、だっくは第2種電気工事士の資格を持っているので、電気工事作業は違法じゃありませ~ん。

温泉旅行最終日

ホテル大雪和房雪花を後にし、車で5分ほどの「流星の滝・銀河の滝」へ。
ここへは、中学の修学旅行で来たことがある。
当時は道路沿いにバスを止めての観光だったが、今では大きな駐車場が出来ていた。
谷沿いの道路の付け替えが行われたのだ。

IMG_2873.jpg
IMG_2878.jpg
当時と同じく、さほど感動もせず次の目的地へ(^^;)

ここから先は約4キロのトンネル。
昔は谷沿いの酷い道だった。
トンネルを抜けると「大函」(おおばこ)
国道から逸れ駐車場へ。
ここも綺麗に整備されていた。
昔はもっと壮大な柱状節理が見えたような気がした。

IMG_2883.jpg

来た道を引き返し、一路美瑛へ。
作りかけの高速道路、一般道を経由して、約2時間で美瑛。
町が変わっていた。駅周辺の建物は殆ど建て替えられ、綺麗な町並みに変わっていた。
昔はな~~~~んにも無かったんだけどなぁ(^^;)
道の駅で地図を確認し、青い池へ。
青い池は美瑛駅から約14キロ。
白金温泉のすぐ手前にあった。
道端に大きな駐車場があり、観光バスも来ていた。
車を止めて歩くこと2分、青い池が見えてきた。
をぉ!思っていたよりず~っと綺麗!

IMG_2891.jpg
IMG_2896.jpg
撮影がへたくそなので、その美しさが伝わらない(^^;)
野付半島のトドワラよりずっと素敵。
いやぁ、マジ、来た甲斐があった!
約30分の観光を済ませ、次は三笠へ。
山道を約2時間走り、三笠市幾春別にある「三笠市立博物館」に到着。
ここへは、約30年近く前に一度来たことがある。
長男次男がまだ幼かったころだ。
展示内容は当時とは大きく変わり、本格的な博物館になっていた。

IMG_2937.jpg
IMG_2942.jpg
IMG_2947.jpg
IMG_2948.jpg
まだ小学生だったころ、この近くに住んでいた。(当時は博物館なんて無かった)
河原で遊び、たくさんのアンモナイトを拾った。
アンモナイトの化石がそこらじゅうにゴロゴロ落ちていたっけ。
この博物館、じっくり見るには半日くらいかかりそう。それほど中身が濃い。

この後は高速道路を使い実家へ。
これにて今回の温泉旅行はおしまい。

翌日は従妹とその長男くんを小樽へ案内。

和房雪花、2日目夕食、3日目朝食

2日目の夕食は「お品書き」は無し。
画像は少ないんだけど、途中で満腹。
そのとき仲居さんが「これからメインディッシュになります」だって・・・
4人分では多すぎるので、2人分をシェアして何とか完食(^^;)

2014082021.jpg
2014082022.jpg
2014082023.jpg
2014082024.jpg
2014082025.jpg
2014082026.jpg
2014082027.jpg
2014082028.jpg
ありゃ?キンキの煮物もあったんだけど、撮り忘れたみたい。
次から次へと出されると、ついつい撮り逃しちゃうんだよな~(^^;)
夕食のあとは温泉三昧。

ホテル1Fのゲームコーナーで従妹の長男くんと「温泉卓球」。
卓球は5年ぶりで、大汗かく割にはまともな卓球にはならず・・・

翌朝は部屋で朝湯を楽しんでから朝食。

IMG_2865.jpg
IMG_2869.jpg
IMG_2872.jpg
旨いコーヒーで朝食終了。
この日はチェックアウト後、流星の滝、銀河の滝、大函を見物した後、美瑛の青い池へ。
それはまた次の機会に。

温泉旅行2日目

自宅では毎日午前4時前には起床し鳥撮りに出かけているが、この夏休みは毎日朝寝坊(^^;)
この日も6時半に目を覚まし、部屋の温泉で朝風呂!いやぁ、贅沢々々♪

朝食は昨夜と同じく2Fのダイニング「季響庵」。
メニューは洋食か和食のチョイス。
だっくは洋食。

DSC_0051.jpg
DSC_0056.jpg
和食をチョイスすると
DSC_0052.jpg
食事に要した時間は約1時間。
普段の夕食よりも多めでお腹いっぱい'^^;)

食後は部屋で一休み、また温泉に入って・・・
その後は黒岳登山。
さすがに年老いた母はお部屋で留守番。
従妹とその長男との3人で登山開始。
登山といっても5合目まではロープウェイ。

2014082132.jpg
5合目から7合目まではリフト。
2014082134.jpg
足下にはたくさんの高山植物が自生していた。
途中、雲を突き抜け7合目に到着。
雲海に浮かぶ大雪連峰をバックに記念撮影。

2014082145.jpg
時間があれば登頂したかったんだけど、12時までにはホテルに戻らねばならず・・・
8合目付近で下山。

2014082153.jpg
下りもリフトとロープウェイを利用。
ちなみに歩いて下山すると、1時間半以上かかるとのこと。



昼食を済ませたあとは渓谷の河原を散策。
2014082169.jpg
河原から見えるホテル、あんなに高いところに。
2014082170.jpg
ちなみにホテルの部屋から見下ろす渓谷は
2014082013.jpg
ホテルへの帰りに記念撮影。
2014082167.jpg

部屋へ戻ってまたお風呂~!
そして2日目の夕食。夕食は昨日よりもさらに・・・
それはまた後日。(^^;)

ホテル大雪和房雪花、初日夕食

ホテル2Fのダイニング「季響庵」での夕食。
他にも宿泊客が大勢居るはずなのに、話し声がまったく聞こえてこない。
なんだか不思議な感じ。
でも、とっても落ち着いた雰囲気の中で夕食を楽しむことができた。
夕食に要した時間は約2時間!
ゆっくりのんびり、食事と会話を楽しみながらの2時間はあっという間。
お腹も満腹!
で・・・出された料理は・・・
貧乏人だっくが今まで食べたことがない?超美味なものばかり。
お品書きがあったのでパチリ。

2014082000.jpg
そして料理の数々。
たぶん・・・撮り逃してないと思うけど(^^;)

20140820001.jpg
20140820002.jpg
20140820003.jpg
20140820004.jpg
20140820005.jpg
20140820006.jpg
20140820007.jpg
20140820008.jpg
20140820009.jpg
20140820010.jpg
こうして写真で見ると量はさほどでもないように思えるんだけど、従甥(中学生)も食べ切れなかったんだから、やっぱり相当なものだったみたい。
味は、マジ、めちゃくちゃ美味しかった!
素材を吟味し、調理にも物凄い手間をかけているのがうかがわれた料理だった。

毎日こんなもん食ってたら、間違いなくビョーキになるんだろな(^^;)

夏休み

鳥撮りをお休みして北海道へ来て早一週間。
早起きすることもなく、北海道の晩夏を楽しんでおります~!
20~22日、層雲峡へ行ってきました。
宿泊したのはホテル大雪の雪花
なかなか良いホテルでした。
和室は約12畳

2014082205.jpg
寝室は8畳くらいかな。
2014082207.jpg
パウダールームは多分10畳くらい。
2014082206.jpg
バスルームも10畳くらいだと思う。
2014082204.jpg
部屋は6階にあるんだけど、建物自体が渓谷のかなり高い位置にあるので、窓から見下ろす感じでは20階くらいのイメージ。
部屋の清掃もよく行き届いていて、とっても感じが良かった~。

食事は2階のダイニングで。
お料理の写真もたくさん撮ったので、それはまた別の機会に。
かなり気合の入った美味しい料理で、満足満腹でした!

連泊したので中日は黒岳登山。
といってもロープウェイで5合目まで、リフトで7合目へ。
そしてほんの少しだけ山道を登っただけ(^^;)
5合目の展望台から、雲海に浮かぶ大雪連峰をバックに記念撮影。

2014082202.jpg
3日目は美瑛白金温泉付近の「青い池」へ。
ここは写真よりもず~~~~~っと綺麗、感動しちゃった!

2014082201.jpg

4日目は小樽へ。
美味しい寿司を食べて、北一ガラス、そして定番の小樽運河。

2014082203.jpg

夏太りに引き続き、秋太りになりそう(笑)
とりあえず元気に秋の北海道を満喫しております!

今夏最終鳥撮り



0315起床、雨。
    ん?
    予報では曇り→晴れのハズじゃ??
    雲が低く垂れ込め全天を覆っている・・・う~ん・・・
    でも、パラソルで十分対応出来る程度の雨だ。

0435、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0440、河口現着。
    IJM氏が先着して、パラソル設営等、全ての準備を完了していた。

0454、♂が2番枝に飛来。
    暗くてSSが上がらず、シャッターブレ、被写体ブレ大量生産。
    ミラーアップ、リモートレリーズで撮影。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/4 F:5.0 絞り優先AE ISO:3200 EV-0.33 中央重点平均測光 焦点距離(mm),600.0
2014081701.jpg
2014081702.jpg
0458、ダイブするも採餌失敗。
    もちろん撮影不可能。
0459、♂は本流を遡っていった。

0523、2番枝に年少くん飛来。

SS:1/125 F:4.0 EV-0.67
2014081703.jpg
0526、年少くんは対岸の竹林へ。
0529、本流を遡っていった。

0533、合流点付近に幼鳥飛来、すぐに本流下流へ。

0547、本流から2羽飛来、1羽はそのまま上流へ。
    もう一羽はU-ターンして本流を遡っていった。
    何だか朝から出がいいぞ!
    こりゃひょっとすると大爆発するかも?

0549、合流点付近に幼鳥飛来。

SS:1/800 F:4.0 EV+1.0
2014081704.jpg
2014081705.gif
0554、ジグザグ水浴びして本流上流へ。
2014081706.gif

0622、堰下ブロックに年少くん飛来。
SS:1/250 F:4.0 EV±0
2014081707.jpg
0624、ブロックの陰にダイブするも採餌失敗。
0625、竹林下のブロックに♂飛来。

SS:1/200 F:4.0
2014081708.jpg
    年少くんは気付いていないようだ。
SS:1/320 F:4.0
2014081709.jpg
0628、♂が堰下ブロックへ。
    年少くん、驚いて7番枝方向へ逃げた。
    7番枝直下で、何をして良いのか解らずホバリング。
    写距離11m。

SS:1/200 F:4.0
2014081710.jpg
    1500x1000Pix パタパタ動画(クリック後別ウインドウで暫くしてから動く)
2014081711.gif
    ♂は3番枝へ、そしてすぐに上流へ飛び去った。
SS:1/160 F:4.0
2014081712.jpg
    年少くんは2番枝へ。
SS:1/200 F:4.0
2014081713.jpg
2014081714.jpg
0630、年少くんは上流へ飛び去った。

0658、合流点付近に2羽飛来。(ノートリ)

SS:1/200 F:22.0
2014081715.jpg
0700、2羽は本流を遡っていった。
SS:1/1250 F:5.0 ISO:1100
2014081716.jpg

0710、2番枝に年少くん飛来。
SS:1/500 F:5.0 ISO:3200
2014081717.jpg
2014081718.jpg
0711、ダイブして小魚をゲット。
SS:1/1250 F:4.0
2014081719.jpg
2014081720.jpg
SS:1/800 F:4.0
2014081721.jpg
2014081722.jpg
2014081723.jpg
    直後、背後からササゴイの幼鳥が接近。
    年少くんは驚いて対岸のブロックへ。

SS:1/800 F:4.0
2014081724.jpg
SS:1/1250 F:4.0
2014081725.jpg
    完食後、年少くんは2番枝のササゴイに突進!
SS:1/640 F:4.0
2014081726.jpg
    でも迫力負け!中州の石へ。
SS:1/800 F:4.0
2014081727.jpg
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1250
2014081728.jpg
0715、年少くんは対岸の竹林へ。
0716、年少君は本流をさかのぼっていった。

0743、2羽の翡翠が本流下流から本流上流に向けて通過。
    直後、2番枝に幼鳥飛来。
    年中さんのようだ。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:3200
2014081729.jpg
2014081730.jpg
0744、ダイブして小魚をゲットし、竹林下の岩へ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:800
2014081731.jpg
2014081732.jpg
2014081733.jpg
SS:1/1600 F:4.0
2014081734.jpg
2014081735.jpg
2014081736.jpg
    年中さん、完食後対岸の竹林へ。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:800
2014081737.jpg
0746、ダイブするも採餌失敗、竹林下のブロックへ。
SS:1/2500 F:4.0
2014081738.jpg
2014081739.jpg
2014081740.jpg
SS:1/1250 F:4.0 ISO:2500
2014081741.jpg
    その後年中さんは2番枝へ。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:3200
2014081742.jpg
    直後、年中さんが警戒姿勢!
SS:1/1250 F:4.0
2014081743.jpg
    上流から♂接近。
SS:1/1250 F:4.0
2014081744.jpg
2014081745.jpg
    年中さん、2番枝を蹴って上流へ。
    ♂もU-ターンして上流へ飛び去った。

0819、対岸竹林に年少くん飛来。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:900
2014081746.jpg
0821、採餌失敗。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
2014081747.jpg
2014081748.jpg
2014081749.jpg
2014081750.jpg
2014081751.jpg
SS:1/1250 F:5.6 ISO:2500
2014081752.jpg
0830、竹林から2番枝直下にダイブ、採餌失敗して2番枝へ。
SS:1/1250 F:5.6
2014081753.jpg
2014081754.jpg
SS:1/1000 F:5.6 ISO:3200
2014081755.jpg
2014081756.jpg
    この後年少くんは上流へ飛び去った。
SS:1/1000 F:5.6
2014081757.jpg
2014081758.jpg

0900、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の画像。
だっく現着前にアライグマ出現!(IJM氏撮影済み)
狸、イタチは解るけど、アライグマまで出るとは・・・(^^;)

簡易ブラインドネット(ラティスリーフ)に留まった蝉
S120で撮影。結構キモい(^^;)

2014081759.jpg
そろそろ蝉さんの夏も終わりだね。
だっくの夏も終わったよ~。

今日は早朝の翡翠の出は良かったが、特段のパフォーマンスは無かった。
ただひとつ、至近ホバ(11m)が撮れたのは運が良かった。
こちらに向かってくる幼鳥にレンズを向けつつファインダーを覗いたら、そのファインダーの真ん中で幼鳥が急停止、ホバリングを始めちゃったのだった。

さて、タイトル通り、今日は今夏最後の鳥撮り。

明日からしばらくの間、北海道へ行ってくる。
携行機材は・・・CANON PowerShot S120 のみ!(^^;)

秋風が吹き始めたころに帰ってこよう。
それまでの間、デジブック及び翡翠ブログはお休み。
他に何かあったら更新するかもしれないけど~。

ではでは(^.^)/~~~

今日も混戦模様



0330起床、晴れ。
    予報では晴れとのことだが、やけに湿気が多い。
    気圧配置図を読んでみると・・・う~ん・・・こりゃ天気は悪化傾向だな。
    さて今日は土曜日、来場者が多いことが予想される。
    少し早めに出かけて、撮影場所の増設をせねば。
0435、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0440、河口現着。
    IJM氏が先着していた。
    収容可能人員は7名だが、更に2名収容できるよう、簡易ブラインドネットを増設。
    予想どおり雲が広がり、僅かながら霧雨が降り始めた。

0459、合流点に翡翠飛来。すぐに下流へ飛び去った。

0550、下流から上流に向けて翡翠通過。

0556、上流から翡翠飛来、対岸土手を超えて本流へ。

0600、上流から下流に向けて翡翠通過。

    う~ん・・・昨日の大騒ぎはどこへやら・・・

0603、年少似がIJM枝に飛来。
0605、採餌失敗して堰下ブロックへ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 絞り優先AE ISO:720 EV-0.33 中央重点平均測光 焦点距離(mm),600.0
2014081601.jpg
    すぐにブロックの陰にダイブ、採餌失敗。
0606、年少似は対岸の竹林へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:800
2014081602.jpg
2014081603.jpg
2014081604.jpg
2014081605.jpg
2014081606.jpg
SS:1/1250 F:4.0 ISO:720
2014081607.jpg
0609、新顔くんが1番枝に飛来。
    よ~し、ショーの開幕だぞ!

SS:1/40000 F:4.0 ISO500
2014081608.jpg
0610、新顔くんは何もせずに上流へ飛び去った・・・。

0611、別の幼鳥が下流から上流に向けて通過。

0612、年少似が竹林からダイブ、採餌失敗。
1616、2番枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO720
2014081609.jpg
2014081610.jpg
    すぐにダイブ、藻海老をゲット。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1100
2014081611.jpg
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1250
2014081612.jpg
2014081613.jpg
2014081614.jpg
2014081615.jpg
1620、また藻海老をゲット。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1000
2014081616.jpg
2014081617.jpg
2014081618.jpg
2014081619.jpg
2014081620.jpg
2014081621.jpg
2014081622.jpg
2014081623.jpg
2014081624.jpg
0621、年少似は対岸の竹林へ。

0623、2番枝に年少くん飛来。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1400
2014081625.jpg
0624、採餌失敗して竹林下のブロックへ。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:900
2014081626.jpg
2014081627.jpg
2014081628.jpg
2014081629.jpg
    彼の頭上には年少似が居るが、気付いていないようだ。
0625、年少似が2番枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1400
2014081630.jpg
    直後、石積みに別幼鳥飛来。
    今、フィールド内には3羽の幼鳥が居る。

SS:1/3200 F:4.0 ISO:500
2014081631.jpg
    直後、竹林下ブロックの年少くんは本流を遡っていった。
   それを追うように、別幼鳥も本流を遡っていった。

0631、竹林に居た年少似、IJM枝へ。
    ありゃ?いつの間にお魚を?

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1800
2014081632.jpg
    直後、上流から年少くん飛来、IJM枝へ。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1600
2014081633.jpg
2014081634.jpg
2014081635.jpg
2014081636.jpg
2014081637.jpg
2014081638.jpg
2014081639.jpg
    年少似はお魚を盗られまいと必死の形相を見せたが、年少くんお構いなし。
    年少くん、すぐに対岸の竹林へ。
0632、IJM枝の年少似、完食後すぐに直下へダイブ、採餌失敗。
0633、竹林に居た年少くん、4番枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1250
2014081640.jpg
2014081641.jpg
    暫しお魚を探していたが、IJM枝の年少似のことが気になるようだ。
0639、年少くん、IJM枝にアプローチ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:3200
2014081642.jpg
2014081643.jpg
2014081644.jpg
2014081645.jpg
2014081646.jpg
2014081647.jpg
    年少くん、IJM枝には止まらず5番枝へ。
    これが本日の最接近画像。写距離14m。

SS:1/1250 F:4.0
2014081648.jpg
2014081649.jpg
    年少くん、すぐに竹林下のブロックへ。
SS:1/1250 F:4.0
2014081650.jpg
0640、年少くん、2番枝へ。
SS:1/1250 F:4.0
2014081651.jpg    ほぼ同時にIJM枝の年少似は対岸の竹林へ。
0642、別幼鳥が竹林下に飛来、ダイブして小魚をゲット。
    今、幼鳥は3羽いる。
0643、更に別の幼鳥が竹林下のブロックに飛来。
    合計4羽になった。
0650、年少くん採餌失敗して4番枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:2200
2014081652.jpg
0651、年少くんは竹林へ。
0653、別幼鳥が竹林下の岩の上に飛来。
    ん?今いったい何羽居るんだ??

SS:1/1250 F:4.0 ISO:560
2014081653.jpg
    別幼鳥はすぐに本流を遡っていった。
直後、竹林から2羽が飛びだした。
    更に2羽飛びだし・・・計4羽、本流を遡っていった。
    う~ん・・・5羽いたんだろうか、それとも4羽だったのだろうか・・・

0700、年少くんが竹林下の岩に飛来、すぐに竹藪に入った。
0703、年中さんが3番枝に飛来。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:3200
2014081654.jpg
0705、年中さんは2番枝へ。
SS:1/1250 F:4.0
2014081655.jpg
2014081656.jpg
2014081657.jpg
2014081658.jpg
2014081659.jpg
2014081660.jpg
2014081661.jpg
0706、年中さん、再び3番枝、そして竹林下のブロックへ。
    同時に年少くん、竹林下のブロックへ。
    年中さん、中州の石へ。
    年少くん、竹藪の中へ。
0707、年中さんは合流点へ。
0708、年少くん、竹林下のブロックへ。
0709、年少くん、本流を遡っていった。
0710、合流点に年少くんが帰ってきた。
0711、年少くん、竹林下のブロック、そして竹藪の中へ。
    年中さん、2番枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1600
2014081662.jpg
0712、上流からパパセミ飛来、竹林へ。
    右下に写っているのは年少くん。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1000
2014081663.jpg
    パパセミ、生きてたんだ・・・
    彼の姿を見るのは2ヶ月ぶりくらいかも。
    きっと元気に3番子の子育て中なんだろうな。
    パパセミはすぐに本流を遡っていった。
0713、年少似がIJM枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1400
2014081664.jpg
0715、年少似、堰下ブロックへ。
    竹林下では年少くんが採餌失敗。
0716、年少似、上流へ。
0717、2番枝に年少似が戻ってきた。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:720
2014081665.jpg
0719、採餌失敗。撮影も失敗(T_T)
SS:1/1250 F:4.5
2014081666.jpg
2014081667.jpg
2014081668.jpg
0724、年少似、本流を遡っていった。
    いつの間にか、年少くんの姿が見えなくなった。

0843、年少くん、微サイズのお魚を咥えてIJM枝に飛来。

SS:1/1250 F:4.5 ISO:1000
2014081670.jpg
0844、年少くんは対岸の竹林へ。
SS:1/1250 F:4.5 ISO:1250
2014081671.jpg
2014081672.jpg
SS:1/1600 F:4.5 ISO:500
2014081673.jpg
0847、年少くん、竹林下にダイブし藻海老をゲット。
0848、堰下ブロックへ移動した後、上流へ飛び去った。

0855、2番枝に年少似飛来。

SS:1/2500 F:4.5
2014081674.jpg
    年少似、すぐに堰下ブロックへ。
SS:1/1400 F:4.5
2014081675.jpg
2014081676.jpg
2014081677.jpg
0856、年少似は上流へ飛び去った。

0940、上流から幼鳥飛来、2番枝Touch&Go、対岸土手を超えて本流へ。

0948、年少似、対岸の竹林へ。
    ほぼ同時に年少くんが竹林に飛来、すぐに竹林下ブロックへ。
0950、年少くん、ジグザグ水浴びの後本流を遡っていった。
    追いかけるように年少似も本流を遡っていった。

0955、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の野鳥
まだササゴイが居た。
25cmほどの巨大なヤマベをゲット。

2014081669.jpg

今日は計8名のカメラマンが来場。
    駐車場も満杯。こんなに大勢が集まるなんて久しぶり。

2014081600.jpg
これで昨日くらい翡翠の出が良ければ、皆さんもっと楽しめたのになぁ。

さて明日は今夏最後の鳥撮り日。
明後日からは長期夏休み、避暑で北海道へ。

明日の予報は晴れ!
真夏の翡翠撮影をきっちり締めくくりたいぞ!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】