fc2ブログ

本年もありがとうございました。

R0010388.jpg

2013年撮り納め



0515起床、晴れ。
    ここ二日間ボウズが続いている。
    こんな状態で今年が終わるのか?
    大晦日の今日、2013年鳥撮りを有終の美で飾りたいぞ。
0620、出撃。
    今日の日の出は0651、まだ暗い。

2013123130.jpg

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467Pix表示。

0625、河口現着。
    先着IJM氏が大型テントを設営中。
    機材一式を担いで合流点へ。
0635、テント設営を終えてスタンバイ。
    つい2週間ほど前は、こちらが河口に着く前に翡翠がスタンバイしていた。
    それがどうだ、今は待てど暮らせど・・・
    今日もそんな状況が続くのかなぁ・・・
    大晦日だというのに自宅に居られない男たちが次々とフィールドへ。
    大型テントは満員御礼状態(^^;)

2013123131.jpg

0756、本流上流から♀飛来、目の前を通過しフィールド内4番枝へ。
0757、4番枝からダイブするも採餌失敗。
0758、ダイブし直し、小魚をゲット。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/500 F:4.0 SS優先AE ISO:400 EV-0.67 分割測光 焦点距離(mm),600.0
2013123101.jpg
2013123102.jpg
2013123103.jpg
0759、5番枝へ。
SS:1/800 F:4.0
2013123104.jpg
2013123105.jpg
0800、7番枝へ。
SS:1/500 F:4.0
2013123106.jpg
2013123107.jpg
2013123108.jpg
0802、7番枝直下の水路出口にダイブ、小魚をゲットして岩の上へ。
0803、完食後4番枝へ。
0804、♀は本流を遡って行った。

    遠くてどうしようも無いが、今日は翡翠の姿を見ることが出来たし、ボウズも免れた。
    こんな画像なのに、何だかホッとした(^^;)

0857、左枝に♀飛来。
    写距離約9.5m

SS:1/1600 F:7.1
2013123111.jpg
SS:1/2000 F:6.3
2013123112.jpg
0858、ダイブしてLサイズのお魚をゲット。
    写距離約10m

SS:1/2000 F:5.6 ISO:400
2013123113.jpg
2013123114.jpg
2013123115.jpg
    10m以内の離水って久しぶりかなぁ。
SS:1/2000 F:4.5
2013123116.jpg
0901、再びダイブしてLサイズのお魚をゲット。
    写距離約9.7m、着水点は左枝の陰(T^T)

SS:1/2000 F:4.0
2013123117.jpg
SS:1/2000 F:4.0
2013123118.jpg
2013123119.jpg
2013123120.jpg
SS:1/2000 F:4.5
2013123121.jpg
    おや?まだ食べ足りないの?
SS:1/2000 F:4.5
2013123122.jpg
0905、左枝からダイブしてLサイズのお魚をゲット。
    しかし、離水5コマ目でお魚を落としてしまった。

SS:1/2000 F:4.0
2013123123.jpg
2013123124.jpg
2013123125.jpg
2013123126.jpg
SS:1/2000 F:4.0
2013123127.jpg
2013123128.jpg
0907、♀はフィールド内7番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0
2013123129.jpg
    この後♀は、もう1尾採ろうかどうか、かなり迷っていたようだ。
0914、通行人が近づいたので、♀は本流を遡って行った。
    大きなお魚を2尾も食べたんだもの、しばらくは飛来しないだろう。

0920、人工営巣地造成作業に取りかかった。
    まずは粘性土の篩作業。
    NKGW氏が今朝搬入した粘性土を篩にかけ、必要量を確保。
1005、作業中に♀が右枝に飛来。
    背後から回り込んで大型テントに急行。
    カメラに手を伸ばそうとした瞬間、♀はダイブしてLサイズのお魚をゲット。
    枝には戻らず、本流対岸のブロックへ。
    ♀、完食後水浴び1回。
1007、♀は本流を遡って行った。

1015、人工営巣地造成作業再開。
    右穴に巣箱を挿入し粘性土を詰め込んで、本日の作業終了。
    やはり3人居れば文殊の知恵、作業も捗る~!
    その後1時間近く待つも翡翠飛来せず。

1140、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の野鳥
ハクセキレイ

2013123109.jpg
コチドリ
2013123110.jpg

有終の美、とまでは言えないが、取りあえず撮り納めは出来た。
作業も思いの外捗った。

今後の作業
④営巣用巣箱埋設(左側)
⑤誘導管(塩ビ管)設置
⑥穴のカモフラージュ(埋め戻し)

明日から2014年が始まる。
鳥撮り始めはもちろん元旦(^^;)
でもまさか初日の出を河口で、というわけにもいかないので、遅めに出撃予定。

明日の予報は今日と同じく終日晴れ、風もなく穏やか。

無事を確認

0530起床、晴れ。
    氷点下5度・・・冷え込んでるけど雲一つ無い青空、風もなく穏やか。
    絶好の鳥撮り日よりだ。
    でも・・・昨日は丸ボウズ・・・今日も・・・
0625、出撃。

0630、河口現着。
    昨日と同じ場所に大型テントを設営しスタンバイ。
    今日も昨日と同じく、翡翠の声も聞こえず姿も見えず。
    ♀、ひょっとして事故っちゃったのか?
    ♀にもしものことがあったら・・・ここでの撮影は絶望的。

0930、IJM氏が本流上流部に翡翠探索に出かけた。
0935頃、IJM氏、♀の無事を確認。
    IJM氏撮影

2013123007.jpg

1100、結局翡翠を撮影することなく、本日の撮影を終了。
    この後は河口ポイントにて、人口営巣地造成用の粘性土から小石を取り除く作業を行った。
1200、先ほどまでテントを張っていた場所の枝に♀飛来。
    4~5回ダイブの後、本流を遡って行った。
    機材は車載済み、手は作業で泥んこだったので、撮影せず。
1430、夢中で作業をしていたら腰が痛くなってきた。
    本日の作業を終了し撤収。
    粘性土篩作業は75%完了。
今後の作業
③粘性土の小石除去(残り25%)
④営巣用巣箱埋設
⑤誘導管(塩ビ管)設置
⑥穴のカモフラージュ(埋め戻し)

本日の他の野鳥
カイツブリとセグロセキレイ。
セグロセキレイが小魚をゲット、カイツブリがムッとしていた・・・

2013123001.jpg
ツグミ
2013123002.jpg
キセキレイ
2013123003.jpg
コチドリ
2013123004.jpg
ダイサギ
2013123005.jpg
2013123006.jpg

♀の無事を確認出来たので心配は無くなったが・・・
つい先日までは間を開けずに飛来していたのに、何故急に来なくなったのだろう。
小魚はたくさん居るのにねぇ。
年末年始の鳥撮り、先行き不安だなぁ。
でもまぁ、そのうち何とかなるだろう。

明日の予報は終日晴れ。

河原で珈琲

0515起床、晴れ。
    今日も昨日のような状況になるか!?
    期待しつつ準備を整えた。
0625、出撃。
0630、現着。
    すぐに大型テントを設営しスタンバイ。
    まぁ、急ぐ必要は無い。
    ♀が来るのは9時頃だから(^^;)

    ところが・・・
    11時半まで待つも、声も聞かず、姿も見ず。
1135、失意のうちに撤収(^^;)

こんなこともあらぁな!
今日は河原で珈琲を楽しんだのだ!(開き直ってどーすんの!)

2013122902.jpg
2013122903.jpg

いよいよ年の瀬も押し迫り、残すところあと2日。
今年の鳥撮り納めは12月31日を予定している。
来年の鳥撮り初めは1月1日を予定(^^;)

今日の他の野鳥
モズ  これだけ・・・

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:8.0 SS優先AE ISO:500 EV-0.67 分割測光 焦点距離(mm),600.0
2013122901.jpg

今日は粘性土を篩に掛けて小石を取り除く予定だった。
でも丸ボウズ、作業する意欲湧かず。
明日は晦日、今日の分まできっちり撮り返すぞ~!(ホントか?)

明日の予報は終日晴れで風も無く穏やか。

久々の連続ダイブ



0530起床、晴れ。
    風も無く穏やかだが、しっかり冷え込んでいる。
    今日も人工営巣地造成工事継続予定。
0625、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467Pix表示。

0630、河口現着。
    昨日とほぼ同じ位置に大型テントを設営しスタンバイ。
    昨日と同じく、翡翠はやってこない・・・(T^T)
    昨日の翡翠飛来は0904、今日もきっとその頃に来るだろう。

0857、ほらね、合流点左枝に♀飛来。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:6.3 SS優先AE ISO:400 EV-0.67 分割測光 焦点距離(mm),600.0
20131228001.jpg
0858、ダイブするも採餌失敗。
0859、続けてダイブし小魚2尾同時ゲット。
    写距離約25m以上、このくらい距離があると追尾も難しくはないが解像感もない。

SS:1/2000 F:6.3
20131228002.jpg
20131228003.jpg
20131228004.jpg
20131228005.jpg
    調理中に1尾落下。
SS:1/2000 F:6.3
20131228007.jpg
    続けてダイブ、微サイズのお魚をゲット。
SS:1/2000 F:5.6
20131228008.jpg
20131228009.jpg
20131228010.jpg
    この後♀はテントのすぐ前の枝に飛来。
    写距離約9m。

SS:1/2000 F:5.0
20131228011.jpg
    ここでダイブしてくれたら嬉しいんだけどなぁ(^^;)
0900、♀は左側の枝に移動。
    写距離約15m。

SS:1/2000 F:4.0
20131228012.jpg
20131228013.jpg
0902、こちら側に向かってダイブ、採餌失敗。
    着水点までの距離は約10mほど。
    着水点をファインダーで捕捉したが、AFボタンを押すのが遅れてしまった。

SS:1/1250 F:7.1
20131228015.jpg
    10mを切ると、難易度が急激に高くなるなぁ。
SS:1/1250 F:4.5
20131228016.jpg
20131228017.jpg
    すぐにダイブ、小魚をゲット。
SS:1/1250 F:7.1
20131228018.jpg
20131228019.jpg
SS:1/1250 F:4.5
20131228021.jpg
20131228022.jpg
    続けてダイブ、小魚をゲット。
    着水点写距離約12m

SS:1/1250 F:8.0
20131228023.jpg
20131228024.jpg
20131228025.jpg
SS:1/1250 F:4.0
20131228026.jpg
0904、採餌失敗。
    写距離約16m

SS:1/1600 F:7.1
20131228027.jpg
20131228028.jpg
20131228029.jpg
0909、♀はフィールド内4番枝へ。
0910、♀はお休み処で食休みに入った。
0924、食休みを終え、♀は本流を遡って行った。

0935、合流点での撮影を終了し、人工営巣地造成工事に取りかかった。
    今日はIJM氏とNKGW氏が加わり、当初の予定より作業は進捗。
1050、本日の造成作業終了、大穴2カ所掘削完了。

1112、4番枝に♀飛来。
    撮影機材は全て車載済み。
    急いで撮影準備再開。
    ♀は竹林下のブロックへ。

SS:1/1600 F:8.0
20131228031.jpg
1115、♀は竹林裏のお休み処へ。
    どこかで食べてきちゃったのね~。

SS:1/2000 F:7.1
20131228032.jpg
20131228033.jpg
20131228034.jpg
20131228035.jpg
20131228036.jpg
    ブロックからの上昇間、AFボタンは押しっぱなし。
    以前はAFはすぐに背景に引っ張られたのだが、O/H後は非常に食いつきが良くなったように思う。

1133、♀は食休みを終えて竹林から水面を窺っている。

SS:1/2000 F:4.0
20131228037.jpg
1134、直下にダイブし小魚をゲット。
SS:1/2000 F:4.5
20131228038.jpg
20131228039.jpg
20131228040.jpg
20131228041.jpg
1135、7番枝へ。
    簡易ブラインドネットを張っていないので、えらく近くに感じる(^^;)

SS:1/1250 F:4.0
20131228042.jpg
20131228043.jpg
    直下の水路出口にダイブ、採餌失敗して岩へ。
SS:1/1250 F:4.0
20131228044.jpg
20131228046.jpg
20131228047.jpg
1136、♀は大型テント前の枝へ。
    カメラからの距離は約70m、ファインダーでの追尾は楽勝だが、岸辺の枯れ草が前被り。
    一応全て撮影したが、面白くないので画像は割愛。
1136、採餌失敗。
    続けてダイブ、採餌失敗。
    さらにダイブ、採餌失敗。
1137、採餌失敗。
    続けてダイブ、採餌失敗。
    さらに採餌失敗。
    枝からの飛び出し連写4枚合成。

SS:1/1250 F:9.0
20131228058.jpg
1138、採餌失敗。
    続けてダイブ、採餌失敗。
    さらにダイブ、採餌失敗。
    やっと、Mサイズのお魚をゲット。
    枝からの飛び出し連写4枚合成。

SS:1/1250 F:9.0
20131228094.jpg
1139、採餌失敗。
    続けてダイブするも、またも採餌失敗、7番枝へ。

SS:1/1600 F:4.0
20131228127.jpg
20131228128.jpg
20131228129.jpg
    至近距離ダイブを期待したのだが・・・
    なんだかとってもお疲れの様子(^^;)
1141、♀は本流を遡って行った。

1155、本日の撮影を終了し撤収。

♀は合計21回のダイブを披露してくれた。
久々に「撮った~!」という満足感(^^;)

ところで、だっくはドットファインダーを否定はしない。
それどころか、だっく自身ドットファインダーを装着している。
遠距離の被写体を導入するのにとても便利だから。
ドットファインダーの輝点が装着レンズから導入されるようになれば距離による収差が無くなるので、撮影成功率は格段に上がるだろう。
これから先、EVFが更に進化するだろうから、そんな時代はすぐそこに来ているかも。

だが現状では、ドットファインダーで翡翠のダイブは撮れない。
いや、たまに撮れるときもある。
でもそれは「撮った」のではなく「撮れた」にすぎないし、ファインダーで追尾出来たときのような満足感は得られないと思う。
これから翡翠撮影を始めようと考えている人、始めたばかりの人は、最初はドットファインダーを使わずに撮影出来るよう頑張って貰いたいものだ。

人工営巣地造成作業は当初の計画を大幅に短縮、年末年始休暇中には何とか完成するかも~。
今後の作業
③粘性土の小石除去
④営巣用巣箱埋設
⑤誘導管(塩ビ管)設置
⑥穴のカモフラージュ(埋め戻し)

明日の予報は終日晴れ、風も穏やか。
明日も張り切って出撃、そして作業するぞ~(^^;)

今日も工事

0515起床、雨。
    予報では6時頃には止むとのこと。
    それでも今日は暗い。まともな撮影は出来ないな。
    今日の主目的は工事作業の継続。
0705、出撃。

    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467Pix表示。

0715、河口現着。
    先着IJM氏と相談の上、合流点から約30m手前に大型テントを設営。
    こりゃまるでトーチカだな(^^;)

2013122718.jpg

    スタンバイしてはみたものの、翡翠は一向に現れない。
    通過もしなければ、鳴き声も聞こえない。
    翡翠、正月休みで実家に帰省したか?(^^;)

1016、合流点左枝に♀飛来。
    写距離約35m

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:5.0 SS優先AE ISO:800 EV-0.67 分割測光 焦点距離(mm),600.0
2013122705.jpg
2013122706.jpg
    そのうちテント前の枝にくるだろうと待っていたら・・・
1025、左枝からダイブしLサイズのお魚をゲット、そのまま対岸のブロックへ。
    完食後、水浴び1回。
    いずれもレンズを向けていなくて撮影出来ず(T-T)
    この後対岸ブロックで食後休憩。
1051、ブロック伝いに移動しながら、♀は本流を遡って行った。

SS:1/1000 F:4.0
2013122707.jpg
2013122708.jpg
2013122714.jpg

1130、雨が降ってきた。
1200、本日の撮影を諦め撤収。

    その後は穴掘り作業。
    約1時間半、夢中になって掘った。
    穴の深さはおおむね1mに達した。
    あと10cmか20cm掘れば、1つめの穴掘り作業は完了。
    この穴の左1mにもう一つ掘る予定。

2013122719.jpg
    もう一方は前回荒木田土を詰め込んだ所なので、さほど苦労せずに掘れるだろう。

    フィールドのベンチで昼食を摂っていると、合流点左枝に♀飛来。
    撮影機材はクルマの中。
    ♀、ダイブして右枝へ。
    双眼鏡にコンデジを押しつけて証拠撮影。

2013122720.jpg
    その後♀は、トーチカテント前5mの枝へ。
2013122721.jpg
1335、♀は本流を遡って行った。

本日の他の野鳥
モズ

2013122701.jpg
カワウ
2013122702.jpg
2013122715.jpg
セグロセキレイ
2013122703.jpg
ダイサギ
2013122716.jpg
2013122717.jpg

昨日の掘削作業の疲れが残っているのか、右肘が痛い(T-T)
でも、やり始めたら止まらないんだわ・・・
前回は造成時期が遅かったことと、詰め込んだ荒木田土がカチンカチンに固まってしまったことで失敗。
今回は何としても成功させたい。
今日のペースで作業を進めれば、1週間もあれば完了しそうだ。

今後の作業
①左穴掘削。
②営巣用巣箱(衣装ケース)の加工
③粘性土の小石除去
④営巣用巣箱埋設
⑤誘導管(塩ビ管)設置
⑥穴のカモフラージュ(埋め戻し)

世間は明日から年末年始休暇。
カメラマンは大勢来ても、肝心のモデルが来ないんじゃどうしようないなぁ。

明日の予報は終日晴れで風も穏やかだが、明け方はしっかり冷え込みそうだ。

人工営巣地造成作業開始



0630起床、曇り。
    昨夜は「CARS」というアニメ映画を見て就寝が遅くなったので、朝寝坊(^^;)
    今日はO/Hを完了したD3とロクヨンの試写、そして人工営巣地造成作業を開始の予定。
    でも・・・めちゃ暗いなぁ・・・
0655、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467Pix表示。

0700、河口現着。
    簡易ブラインドネットを展張しスタンバイ。

0716、60m下流の枝に♀飛来。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/60 F:5.6 SS優先AE ISO:400 EV-0.67 分割測光 焦点距離(mm),600.0
2013122601.jpg
    O/Hに出す前に比べ、AFは格段に良くなっている。
    殆ど迷うことなく、スッと決まる。
    レンズも以前のような異音を発することはない。
    ♀は食後休憩をしているようだ。
0725、♀は本流を遡って行った。
    その後は昨日同様、静かな時間が流れた。

0946、合流点の左枝に♀飛来。

SS:1/1250 F:5.6
2013122604.jpg
    写距離約100m、豆粒のような翡翠にもピタッとAFが合う\(^o^)/
SS:1/1250 F:4.0
2013122605.jpg
    また食休みのようだ。
1020、休憩を終えてダイブ、小魚をゲット。
    すぐにまたダイブし小魚をゲット、対岸ブロックへ。
1021、♀は本流を遡って行った。
    フィールド内で採餌してくれればよかったのになぁ。
    でもまぁ、♀の無事と、機材の調子を確認出来たのだから、今日はこれで良し。
1030、機材を片付けて、営巣地造成作業を開始。
    まずは対岸の土壁に足場を作成。
    足場といってもただ単に土を削っただけなんだが(^^;)

2013122678.jpg
    この足場に立ち、水面から約3mのところに横穴を掘る。
2013122679.jpg
    初日は20~30㎝くらい掘るつもりだったが、ついつい夢中になってしまった。
    足場があるので作業は思いの外進んだ。

2013122676.jpg
    50~60㎝くらいは掘り進んだろうか。
    約1時間、一生懸命土木作業。
    気温は低いのに汗びっしょり(^^;)
1130、本日の作業を終了。

2013122680.jpg
これから毎日少しずつ掘り、約2週間で完成予定。

    疲れた~っ!
    動けない~っ!
    いつもなら自宅下の川へ転戦するのだが、今日はもう動く気力がない。
    動きたくないときは動かないのが一番。
    でも河口でボ~っとしているのももったいないなぁ。
    どうせ動かないんだったら、合流点でボケ~っと日向ぼっこしようか。
1140、合流点の簡易ブラインドでスタンバイ。
    風がなく、暖かく感じる。
    お茶を飲みながら、のんびりと昼食タイム(^^;)

1223、左枝に♀飛来!

SS:1/1250 F:4.5
2013122617.jpg
2013122618.jpg
1224、画像確認をしていたらダイブ、採餌失敗して合流点左岸の草へ。
SS:1/1250 F:4.5
2013122619.jpg
1225、後方約35mの枝へ。
SS:1/1250 F:4.5
2013122620.jpg
    枝先へ移動、3枚合成。
2013122623.jpg
1226、小魚をゲット。
SS:1/1250 F:5.0
2013122625.jpg
2013122626.jpg
2013122627.jpg
    35mも離れると、ファインダーでの追尾がとても楽だ。
1227、採餌失敗。
1233、採餌失敗。

SS:1/1250 F:6.3
2013122631.jpg
2013122632.jpg
1234、採餌失敗。
    枝戻り9連写。

SS:1/1250 F:7.1
2013122633.jpg
2013122634.jpg
2013122635.jpg
2013122636.jpg
2013122637.jpg
2013122638.jpg
2013122639.jpg
2013122640.jpg
2013122641.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
1235、またも採餌失敗。

SS:1/1250 F:6.3
2013122642.jpg
2013122643.jpg
2013122644.jpg
2013122645.jpg
    続けてダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
SS:1/1250 F:6.3
2013122646.jpg
2013122647.jpg
2013122648.jpg
2013122649.jpg
2013122650.jpg
1236、水際の草陰にダイブ、小魚をゲット。
SS:1/1250 F:4.5
2013122651.jpg
2013122652.jpg
2013122654.jpg
2013122655.jpg
1239、大物をゲットし、フィールド内4番枝へ。
SS:1/1250 F:7.1
2013122657.jpg
2013122658.jpg
2013122659.jpg
2013122660.jpg
1240、完食後♀はフィールド対岸で食休みに入ったようだ。
    合流点を撤収し、フィールドへ機材を運搬。
    ♀は対岸の草の根にパーチしていた。

SS:1/1250 F:4.5
2013122661.jpg
1258、♀は対岸竹林の陰に入った。
    本格的お休み態勢かな。

SS:1/640 F:4.0
2013122662.jpg

1336、食休みを終えて♀は対岸水際の石へ。
SS:1/800 F:4.0 ISO:800
2013122666.jpg
    水浴びもしていないのに羽繕いを始めた。
SS:1/1000 F:4.0
2013122667.jpg
    そしてノビ~っ!
SS:1/1000 F:4.5
2013122668.jpg
    さぁ、水浴びでもしておくれ~。
1342、♀は対岸の草へ移動。

SS:1/1000 F:4.5
2013122669.jpg
2013122670.jpg
2013122671.jpg
2013122672.jpg
2013122673.jpg
    おや?採餌するつもりかな?

1344、アオサギが近づいたので♀は本流へ飛び去ってしまった。

SS:1/1000 F:4.5
2013122674.jpg
2013122675.jpg

1350、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の野鳥
カルガモ

2013122602.jpg
キセキレイ
2013122603.jpg
本流を飛行するダイサギ
写距離100m以上、AFの追従は良好。

2013122614.jpg
2013122615.jpg
2013122616.jpg
最後に邪魔をしたアオサギ
2013122665.jpg

やっぱりデジスコより一眼レフの方が遙かに楽だ(^^;)
AF関連の不具合も無くなり、ストレスフリーで楽しく撮影出来る。
これで被写体(翡翠)がすぐ傍で連続ダイブしてくれれば言うことなしなんだがなぁ。

人工営巣地造成作業はしばらく続く。
今回は2カ所造成予定。
遅くとも1月中には完成させておかねば。

明日の予報は明け方まで雨で、その後は曇り時々晴れ。
本降りになるとのことで、水位が上昇し合流点には行けないかも。

帰ってきたD3とロクヨン

本日、オーバーホールに出していたD3とロクヨンが戻ってきた。
当初は20万円以上かかると言われていたが、実際には125,685円で済んだ。
?? (?_?)?
納品書を確認すると、
D3

2013122598.jpg
ロクヨン
2013122599.jpg

つまり、D3はオーバーホールされ、ロクヨンは調整作業ということだった。
悪いところは全て交換してほしい旨を伝えておいたのだが、レンズは部品交換の必要がなく調整のみで良かったということらしい。
実際に、届いたレンズに触れてみたところ、ピントリング関連に違和感は全く無い。

さて、これでバッチリ元通りになったのかな~。
明日、試写予定。

※D3のメインコマンドダイヤルは磨り減って、まるで「スリックタイヤ」のようだったが、交換で元通りに。
 消去ボタンの印字が磨り減って消えていたが、これもきれいに元通りになっていた。
 ただ・・・ボディトップカバーのコマンドダイヤル周辺が磨り減って地金が出ていた部分は、そのままだった。
 これはこれで、使い込んだ雰囲気があって良い(^^;)

久々の河口翡翠

0530起床、晴れ。
    今日も撮影可能性が殆ど無い河口へ行って、状況を確認しなければ。
    雲一つ無く良く晴れ風も穏やか、条件はそろってるんだけどなぁ。
0635、出撃。

    1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467Pix表示。

0640、河口現着。
    ありゃ?
    合流点の左枝に♀がパーチしている!

Canon PowerShot S120+VA1+KOWA824M SS:1/10 F:5.7 ISO:200 EV-0.67 焦点距離(mm),1,008mm
2013122501.jpg
    KOWA824Mは遠距離でも高解像なのだが、接眼レンズVA1はまるでダメ。
    100mも離れると、何が写ってるのか判らなくなってしまうほど(T^T)
    ♀は約20分間、右枝や河床の石へ移ったりダイブしたり。

SS:1/13 F:5.7
2013122502.jpg
0700、♀は本流を遡って行った。
    無事を確認出来たので良しとしよう。
    河口ポイントに仮設ブラインドネットを展張しスタンバイ。
    しかし・・・やっぱり・・・翡翠は飛来しない・・・
    待つこと2時間・・・
0904、♀が4番枝に飛来!

SS:1/320 F:4.5 ISO:400 分割測光 焦点距離(mm),714mm
2013122505.jpg
    ここで翡翠を撮るのはずいぶんと久しぶりだ。
SS:1/320 F:4.5
2013122506.jpg
    ♀は対岸の草の根へ。
SS:1/320 F:4.5
2013122507.jpg
    よく見ると、土壁に大量の糞が付着している。
    ということはここに良く来ているということだ。

SS:1/320 F:4.5
2013122508.jpg
0908、♀は対岸のお休み処へ。
SS:1/2000 F:5.6
2013122509.jpg
0916、直下の草陰にダイブ、小魚をゲットして4番枝へ。
    SS不足で撮影出来ず。

SS:1/800 F:4.5
2013122512.jpg
    5番枝へ。
    写距離約14m、このくらい近いとVA1でも解像するなぁ。

SS:1/500 F:4.5
2013122513.jpg
    7番枝へ。
    写距離約12m、久々にワクワクしちゃう(^^;)

SS:1/1250 F:4.5
2013122514.jpg
2013122515.jpg
0917、7番枝直下の岩の陰にダイブ、小魚をゲット。
    着水点は見えなかった。

SS:1/640 F:4.5
2013122516.jpg
0918、♀は約80m下流右岸の草へ。
SS:1/2000 F:5.6
2013122517.jpg
    この後連続11回ダイブ、小魚1尾ゲット。
    遠すぎて、VA1では解像せず。
    あぁ、ロクヨン修理がもう1日早かったらなぁ・・・
    枝は、先日IJM氏が仮置きしたものだ。

SS:1/2000 F:5.6
2013122518.jpg
2013122519.jpg
2013122520.jpg
2013122521.jpg
2013122522.jpg
2013122523.jpg
2013122524.jpg
2013122525.jpg
2013122526.jpg
2013122527.jpg
0928、♀は本流を遡って行った。
    遠くてまともな撮影は出来なかった。
    でも♀がフィールド内で約20分以上滞在してくれたのは嬉しかった!

0945、河口ポイントでの撮影を終了し、自宅下の川へ転戦。

1005、自宅下の河原現着。
    ♀は上流側で採餌し、一度も飛来せず。
1210、撤収。

本日の他の野鳥。
これは何?ホオジロの幼鳥?

2013122503.jpg
ほぼ毎日やってくるキセキレイ
2013122504.jpg
すぐ傍(8mくらい)までやってきたアオジ
2013122510.jpg
柿の実を食べるメジロ
2013122530.jpg
2013122531.jpg

そろそろ、来春に向けて人工営巣地の整備を始めなければ。
T博士に色々と教えていただき、今回は簡易営巣地作成を試みることにした。

2013122500.jpg
土壁に大穴を掘ることは前回と変わりない。
しかし、大量の粘性土を詰め込むのは大変だし、詰め加減も難しい。
そこで今回は穴の奥にプラスティック製の衣装ケースを詰め込み、誘導管(塩ビ管)を直接つなぐことにした。
粘性土は衣装ケースに入れるので、固さを加減し易い。
翡翠は、通常は勾配約8~12度くらいの坑道を掘るのだが、塩ビ管は滑るので緩勾配(2度以下)とし、大穴は埋め戻さずに板で蓋をしてしまう。
翡翠は坑道を掘る手間が省け、すぐに産室作りを始められる。
こんなんで営巣するのか?
でもこれで成功した例もあるとのことなので、今回はこれを2つ並べてみようと思う。

さて、今夕、オーバーホールに出していたD3とロクヨンが戻ってくる。
明日からは一眼レフだ。
といっても明日の予報は・・・
朝から夕方まで曇りで、その後は雨。
とりあえず河口へ出撃し、状況によっては営巣地作業を始めようかな。

河口完全ボウズ

0530起床、晴れ。
    河口ポイントの翡翠の出は最悪状態が続いている。
    しかし、状況を確認し続けなければ・・・
    気が重いが、とりあえず行くだけは行ってみよう。
0635、出撃。

    2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pix表示。

0640、河口現着。
    簡易ブラインドネットを展張しスタンバイ。
    しかし、今日は翡翠の声を聞くこともなく、姿を見ることもなく・・・
0945、本日の河口での撮影を諦め撤収。

1005、自宅下の河原へ。
    先着AND氏によれば、20分ほど前に大物をゲットし上流へ飛び去ったとのこと。
    待つこと約1時間・・・
1101、♀が上流から飛来し、お休み処へ入った。

Canon PowerShot S120+VA1+KOWA824M SS:1/60 F:4.5 ISO:400 EV+0.67 分割測光 焦点距離(mm),714mm
IMG_3158.jpg
1125、食休みを終えて♀は4番枝へ。
SS:1/1250 F:4.5 EV-0.67
IMG_3384.jpg
1127、対岸の木へ枝移り。
SS:1/800 F:4.5
IMG_3421.jpg
1130、ダイブしてLサイズのお魚をゲットし5番枝へ。
SS:1/640 F:4.5
IMG_3428.jpg
IMG_3431.jpg
    5番枝で完食後、水浴び1回してお休み処へ。
SS:1/200 F:4.5
IMG_3486.jpg
IMG_3518.jpg
1155、すぐ傍に停車した車の運転手が降りてきて、ガードレールを叩いた。
    ♀はその音に驚き、上流へ飛び去った。

1224、上流約200mのヒマラヤスギで休憩中の♀を発見。

SS:1/100 F:4.5
IMG_3606.jpg
1228、♀は上流へ飛び去った。
    その後1時間半待つも、♀は戻ってこなかった。

1400、本日の撮影を諦め退散。

本日の他の野鳥
柿の実を突くコゲラ

IMG_3229.jpg
IMG_3251.jpg
IMG_3259.jpg
桜の樹をドラミング
IMG_3292.jpg
IMG_3588.jpg
    ドラミング  ファイル形式:WMV ファイルサイズ:30MB 時間:9秒

オナガ

IMG_3035.jpg
デジスコでのオナガの飛びモノは難易度高すぎ!(^^;)
IMG_3106.jpg

キンポウジュの蜜を吸うメジロ
IMG_3531.jpg

いつも優しく遊んでくれるのはセグロセキレイだけ・・・
IMG_3132.jpg

いやはや参った・・・
河口ポイントでは完全ボウズだった。
自宅下の河原でも、ほぼボウズのようなものだ。
最悪の状況はいつまで続くのかなぁ。

Nikon PSC から連絡が入った。
D3 と ロクヨン のO/Hが完了したとのこと。
費用は当初の見積もり(約20万円)とは大幅に異なり、125,865円とのこと。
ん?ちょっと安すぎやしないか?
ちゃんと作業してくれたのかなぁ・・・
明日の夕刻には届く予定。
届いても・・・撮る被写体が居ないんだよなぁ(T^T)

明日の予報は今日と同じく晴れ。
やはり早朝は河口ポイントで状況確認、その後は自宅下の川へ転戦予定。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】