FC2ブログ

今日も定期的に飛来



0420起床、晴れ。
    双眼鏡、コンパス、そして星座図を準備し17階へ。
    アイソン彗星の方向(約110度くらい)、高度(約28度)の視界は十分開けている。
    指標となる水星は良く見えている。
    目をこらすとスピカも見える。
    アイソン彗星はスピカより少し上にあるはず。
    口径3cmの双眼鏡で観察・・・見えない・・・
    まだ明るさが足りないようだ。
    双眼鏡で確認出来るようになるのは1週間くらい先かな。
    18日にはスピカに接近、23日には水星に接近予定なので、その頃が観察しやすいかも。

    翡翠撮影の準備を整え、河原へGO!
0550、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像してノートリまたは1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0555、河口現着。
    先着のTKN氏が既に準備を終えていた。
    急いで撮影準備を済ませた。
    いつもならそろそろ♀がやってくるハズ。
    しかし・・・どうしたんだ?
    今朝は寝坊しているのかな?
    それとも、今朝は明るいので既に1回目の飛来は終わったのかな?

0633、7番枝に♀飛来。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/640 F:4.0 SS優先AE ISO:2000 EV-0.67 SPOT測光 焦点距離(mm),600.0
2013111302.jpg
SS:1/400 F:4.0
2013111303.jpg
0634、水路出口にダイブし川エビをゲット、4番枝へ。
    追尾を試みたがピント全く合わず。

SS:1/800 F:4.0
2013111304.jpg
    ♀、3番枝へ。
SS:1/800 F:4.0
2013111305.jpg
0635、3番枝からダイブするも、採餌失敗。
SS:1/800 F:4.0
2013111306.jpg
2013111307.jpg
2013111308.jpg
2013111309.jpg
    7番枝から水路出口へのダイブは写距離約10m。
    3番枝からのダイブは写距離約17m。
    17mも離れると、追尾はえらく簡単に感じられる。

SS:1/800 F:4.0 ISO:1600
2013111310.jpg
2013111311.jpg
    ♀はすぐに1番枝へ。
SS:1/800 F:4.0
2013111312.jpg
0639、下流50m右岸の草へ。
Canon PowerShot S120+KOWA TSN-824M+x32 SS:1/25 F:4.5 ISO:200 EV-0.67 SPOT測光 焦点距離(mm),2,720mm
2013111378.jpg
0644、♀は本流を遡っていった。

0722、♀、2番枝に飛来するもすぐに本流へ飛び去った。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.5 ISO:640
2013111313.jpg

0757、4番枝に♀飛来。
SS:1/1000 F:4.0
2013111315.jpg
2013111316.jpg
0758、蛇籠前の枝へ。
SS:1/1000 F:4.0 ISO:1000
2013111317.jpg
0800、堰下ブロックの裏側にダイブし、川エビをゲット。
SS:1/1000 F:4.0
2013111318.jpg
2013111319.jpg
2013111320.jpg

    続けてブロックの陰にダイブするも採餌失敗。
0801、♀は下流へ飛び去った。

0818、対岸の草の根に別♀飛来。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:800
2013111323.jpg
2013111324.jpg
2013111325.jpg
0819、別♀は蛇籠前の枝へ。
SS:1/1250 F:4.0
2013111326.jpg
    別♀は懸命にお魚を探しているが、なかなか飛び込まない。
0822、上流方向に向かって警戒姿勢。
    いつもの♀がやって来に違いない。

SS:1/1000 F:4.0
2013111327.jpg
0823、警戒態勢解除。
SS:1/1000 F:4.0
2013111328.jpg
0824、今度は下流に向かって警戒姿勢。
SS:1/1000 F:4.0
2013111329.jpg
    下流から4番枝に♀飛来。
SS:1/1000 F:4.0
2013111331.jpg
0825、♀は5番枝へ。
    まだ別♀には気付いていないようだ。

SS:1/1000 F:4.5
2013111332.jpg
2013111333.jpg
    ♀、7番枝へ。
SS:1/1250 F:4.0
2013111334.jpg
0826、別♀が動いた。
    気付いた♀はスクランブル発進、2羽は上流へ飛び去った。

0829、♀が堰下ブロックに戻ってきた。

SS:1/1250 F:4.0
2013111335.jpg
    ♀、堰下ブロックの裏側にダイブ。
    ん?ダイブしたまま上がってこないぞ・・・
    大物でもゲットしてブロックの陰で食べてるのか?
0831、♀が出てきた。

Canon PowerShot S120+KOWA TSN-824M+x32 SS:1/25 F:4.5 焦点距離(mm),2,720mm
2013111381.jpg
0833、♀、6番枝へ。
    一瞬パーチした後、♀は7番枝へ。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:5.6
2013111337.jpg
   すぐに水路出口にダイブ、川エビをゲットして1番枝へ。
    写距離約10m、ノートリ。ちょいピン甘(T_T)

SS:1/1250 F:4.0
2013111338.jpg
2013111339.jpg
2013111340.jpg
SS:1/1250 F:11.0
2013111341.jpg
0834、♀は下流へ飛び去った。

0906、4番枝に♀飛来。

SS:1/2000 F:4.0
2013111345.jpg
2013111346.jpg
2013111347.jpg
2013111348.jpg
    直前にアオサギを撮影していて、SSを下げるのを失念。
    弩アンダー撮影のためノイズだらけになってしまった(T_T)

SS:1/1000 F:4.0 ISO:640
2013111349.jpg
2013111350.jpg
0907、蛇籠前の枝へ。
SS:1/1000 F:4.0
2013111351.jpg
0908、ブロックの陰、枝の裏側にダイブするも、採餌失敗。
SS:1/1250 F:4.0
2013111352.jpg
0908、6番枝へ。
    至近枝飛来本日2回目、皆さん連写々々!
    静かな場内、シャッターの連続音が響いた!
    写距離5.6m

SS:1/1250 F:4.0
2013111357.jpg
    ノートリ
SS:1/1250 F:4.0
2013111355.jpg
2013111356.jpg
0911、ダイブする気配!
SS:1/1250 F:4.0
2013111358.jpg
    6番枝直下水際にダイブ。
SS:1/1250 F:4.0
2013111359.jpg
    左手でピントリングを回しながら追尾を試みたが、全く間に合わなかった。
    ♀、採餌失敗して3番枝へ。

SS:1/1250 F:5.0
2013111360.jpg
2013111361.jpg
2013111362.jpg
0912、2番枝へ。
SS:1/1250 F:10.0
2013111363.jpg
2013111364.jpg
0912、2番枝からダイブするも採餌失敗。
    楽勝で追尾できたハズなのに・・・離水~2コマ、ピンぼけ(T_T)

SS:1/2000 F:4.0 ISO:400
2013111365.jpg
SS:1/2000 F:6.3
2013111366.jpg
0913、♀は下流約50m右岸の草へ。
SS:1/2000 F:6.3
2013111367.jpg
    この後下流方向へ舞い上がり、2段ホバリング。
SS:1/2000 F:4.0
2013111368.jpg
    ホバリングからダイブ、小魚をゲットして本流へ向かった。
    ところが、合流点に居た釣り人に驚いてUターン。
    お魚を咥えたまま4番枝に戻ってきた。
    SSを下げるのを失念、弩アンダーで撮影(T_T)

SS:1/2000 F:4.0
2013111373.jpg
2013111374.jpg
2013111375.jpg
SS:1/640 F:4.0
2013111376.jpg
0917、♀は蛇籠前の枝へ。
0918、ブロック裏にダイブするも採餌失敗、上流へ飛び去った。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の野鳥(全てノートリ)
セグロセキレイ

2013111342.jpg
2013111380.jpg
珍しくすぐ近くにやってきたアオサギ
2013111343.jpg
2013111344.jpg

今朝も良く冷えた。
日の出から1時間後くらいが一番冷え込む。
しかも次第に北風が吹き始め、カメラを持つ手が痛かった(T_T)
でも、今日も昨日に引き続きほぼ定刻通りに飛来してくれたので、時間を持てあますことなく楽しむことが出来た。
明日も晴れ、今日と同じくらい冷え込むらしい。

帰宅した時、マンションの管理人に出会った。
アイソン彗星撮影のための屋上使用について、「前例が無いので許可しない」とは誰が言ったのかを問うた。
ところがどうやら話が違うようで、まだ結論が出ていないとのこと。
警備員が勝手に自己判断で「許可しない」と言ったようだ。
許可権を持たない警備員が勝手に判断するとは・・・お粗末としか言いようが無い。
申請に対する審議が行われるのは月末ということで、いずれにせよ間に合わない(^^;)
とりあえず撮影場所のメドはついたので、どうでもいいことなのだが。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】