FC2ブログ

35年ぶりの新車

午前5時起床、晴れ。
簡単な朝食をとり、午前6時30分チャリンコで出撃。
国道沿いのガソリンスタンド、営業していないのに給油を待つクルマの列が出来ていた。
歩道側は全て塞がれているため、車道の真ん中あたりを走らなきゃならなくなっちゃう。
困ったもんだわ・・・

写真は、RAWから現像したものを1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
全ての画像はクリックで1500x1000pix表示。

6時40分河原現着。
河原で保管してある資材(容器に入れてシートを被せて保管)の中のガスコンロが何者かによって取り出され、橋下に捨てられてあった。飲料水も盗られた。
また、釣り人用の椅子や木材が放火されていた。
ったく・・・いったい何の目的で悪戯するんだろう。
24時間、Webカメラで監視するしかないか・・・

7時16分、ダメ男飛来。中サイズのお魚をゲットし給餌咥えで巣穴下へ。
       亜紀ちゃんが巣穴から飛び出してきて、ダメ男からお魚を貰った。
7時18分、ダメ男飛来。
7時20分、中サイズのお魚をゲットし、給餌咥えで巣穴下へ。
7時23分、ダメ男飛来。
7時24分、中サイズのお魚をゲット。
       離水連写2枚。

NIKON D3+AFS NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:5.0 絞り優先AE ISO:800 EV-0.67 スポット測光 焦点距離(mm),600.0
2011031903.jpg
2011031904.jpg
給餌咥えで巣穴下へ。ダメ男、頑張ってるなぁ。

7時38分、ダメ男飛来。
7時40分、小魚をゲット。
       離水連写2枚。

SS:1/4000
2011031906.jpg
2011031907.jpg
7時41分、小魚をゲット。
7時45分、小魚をゲットし下流へ。
       離水。

SS:1/2500
2011031910.jpg

8時、雉♂が中州を移動。
SS:1/2500 ISO:640
2011031911.jpg

8時50分、ダメ男飛来。
8時52分、大物をゲットし給餌咥えで下流へ。
       飛び出し。

SS:1/2500 ISO:400
2011031916.jpg

9時04分、ダメ男飛来。
       すぐにダイブするも採餌失敗。
       離水連写3枚。

SS:1/2000
2011031918.jpg
2011031919.jpg
2011031920.jpg
すぐにダイブし直して、中サイズのお魚をゲット。
離水連写3枚。

SS:1/2500
2011031921.jpg
2011031922.jpg
2011031923.jpg
0番枝で給餌咥えして、亜紀ちゃんの待つ巣穴下へ。
SS:1/2500
2011031925.jpg
2011031926.jpg

午前9時半、またあの「吸殻ポイ捨てオヤジ」がやってきた。
これで巣穴前給餌は無くなった。
亜紀ちゃんは巣穴に入れるのかなぁ。

2011031928.jpg

10時58分、ダメ男飛来。
11時05分、水路へ飛び込み中サイズのお魚をゲット。
       0番枝戻り飛び付き連写2枚合成。

SS:1/2000 F:6.3
2011031934.jpg
そして亜紀ちゃんが待つ下流柳下へ。
SS:1/2000
2011031935.jpg

12時23分、ダメ男飛来。
12時26分、大物をゲットし給餌咥えで下流へ。
12時30分、本日の撮影を終了し撤収。

結局亜紀ちゃんは一度も飛来しなかった。
1時間から1時間半おきにダメ男が飛来し採餌、すぐに飛び去ってしまう。
う~ん、参りました~。
これから来月半ば頃までは、こんな状態が続くんだよなぁ。

21歳のとき、新しい自転車を買った。
その後も何台かの自転車に乗ったが、それらは全て「中古車」だった。
そして今日、35年ぶりに「新車」を購入した\(^o^)/

color_zoom_01.jpg
これで明日からの鳥撮り、バッテリーの心配をせずに済む♪

茨城県と福島県産の農産物の一部(ホウレン草・牛乳)から、食品衛生法の許容値を超える放射性物質が検出されたとのこと。
これで、許容値以下の農作物も含めて、全ての農作物が売れなくなるだろう。
前橋市の水道水から、許容値以下のヨウ素が検出されたとのこと。
これもまた大騒ぎになるんだろうなぁ。

東北地方太平洋岸で津波被害に遭った多くの人々は、これから何年もかけて少しずつ、強く逞しく復興して行くだろう。
でも福島原発事故、これはそうは行かないように思える。
想定を超えた津波だったとは言え、だからと言って原発事故が許されるものではない。これは天災ではなく人災だ。
今その原発事故を沈静化させるために必死で作業に当たっている人々は、これから先放射線被害で苦しむことになるような気がする。また、福島原発周辺(どこまでが周辺なのか解らないが・・・)に住んでいた人々も、同様に大変な被害を被ることになるかもしれない。

人間が文明を維持発展させていくためには、原子力利用は不可欠なことだ。
と、思っていた。今まで、そのことに何の疑問も抱かなかった。
でもこの事故を契機に考え方が変わった。
原子力に頼らない道を選択すべき時期が来たように思える。
原子力開発がいけないとは思わない。
だがまだ人間はその段階には達していないのではと思う。
TV報道での東電や原子力保安院からの説明を聞いていて、こんな連中が原子力を扱っているから事故が起こるんだと確信した。
不便だっていいじゃないか、進歩の速度が遅くなったっていいじゃないか。

明日の予報は朝方まで晴れ、その後曇り、遅くなって雨。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】