FC2ブログ

自作ロクヨンフード最終型

軽量化を目的としたロクヨンフード自作第3作目、昨日の段階でほぼ完成。
今日は若干の手直し。

画像1

20180907005.jpg
当初は、フード(屑籠)はそれ自身の復元力でレンズ先端に嵌合する設計。
でも塩ビのヘナヘナな屑籠、復元力は非常に弱い。

レンズ先端の嵌合部

2017090701.jpg
幅5mm、深さ1mmの溝。
フード後端にエッジガードを取り付け、これがこの溝に食い込む。

2017090702.jpg

フード

この際、フード(屑籠)の復元力を補助するために、内部にゴムバンドを仕込んだ。
2017090703.jpg

フードを取り付ける際には、このゴムバンドに抗してフードを広げ、レンズ先端に被せる。
ゴムが縮んで、フードがレンズ先端の溝に噛み込み、がっちりと固定される。

これにて今回のロクヨンフード自作は完了。

ロクヨンフード自作第3弾

軽量化のためロクヨンのフードを自作したが、やはり細々としたところが気に入らない。
昨日ホームセンタで買い物をしていたら、ちょうど良いサイズの屑籠(168円)を発見。
よ~し、第3弾を作るか!

ということで早速、チョチョイのチョイと作ってみた。
あまり小細工はせず、且つ使用時に外光が入らないよう工夫。

20180904003.gif
レンズとの接合部はエッジガードを流用して遮蔽。
20180904001.jpg
オリジナルより3cmほど短くし、軽量化。
20180904002.jpg
運搬時の逆装着。
20180904004.jpg

3作目ともなるとそれなりに改良改善され、ほぼ満足のいくモノとなった。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】