FC2ブログ

モチベーション、フルダウン

0350 起床、雨
34005KT 9999 -SHRA FEW012 SCT030 BKN150 24/23 Q1005 1CU012 4CU030 7AC150
    北の風5kts、視程10km以上 雨
    雲量1/8、雲高1,200ftの積雲 雲量4/8、雲高3,000ftの積雲
    雲量7/8、雲高15,000ftの高積雲
    気温24℃、露点温度23℃ 気圧1005Hp
    霞橋水位計:+9cm

    昨夜20時頃の雷雨で、霞橋の水位計は一気に30cm近く上昇した。
    連日の復旧作業で過労気味、またかとウンザリ・・・

0450、出撃。
    現像して2100x1400pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0455、河口現着。

2019082301.jpg
    おや?
    河口の水位は昨朝より10cm近く低下していた。
    昨夜の水位上昇はあったものの、急激に低下したようだ。
    また、フィールドの川幅が2倍になったことで水位の低下が早まったのだろう。
    ということで、フィールドには増水による被害は殆ど無く、復旧作業も要しなかった。

0505、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。
   (暗くて見えず、鳴き声だけ)

0532、竹枝に幼鳥飛来。
0539、竹枝直下で小魚をゲット。
0544、幼鳥は2番枝へ。
    どういうワケか、ピントが合わない。
    ファインダーど真ん中に幼鳥を捉えているにもかかわらず、そして止まりモノだというのに合焦せず(T^T)
0546、枝直下にダイブして水棲昆虫?をゲットし3番枝へ。

2019082302.jpg

2019082303.jpg

2019082304.jpg

2019082305.jpg

2019082306.jpg

2019082307.jpg

2019082308.gif
0557、3番枝直下で小魚をゲットし、2番枝へ。
2019082309.jpg

2019082310.jpg

2019082311.jpg
0558、2番枝直下、水面に接触しただけでダイブをキャンセルして1番枝へ。
2019082312.jpg

2019082313.jpg

2019082314.jpg
    この後幼鳥はすぐに竹枝へ、そして本流下流水路方向へ飛び去った。

0611、竹枝に幼鳥飛来。

2019082315.gif
0619、下流右岸ブロックへ。
0620、1番枝へ。

2019082316.jpg

2019082317.jpg
0623、1番枝直下にダイブ、微サイズのお魚をゲットして2番枝へ。
    ファインダーど真ん中で捉えたが水膜に遮られて撮れず(T^T)
    この次のカットは、振り下ろしたレンズの勢いを止められず翡翠頭切れで没(T^T)

2019082318.jpg

2019082319.jpg

2019082320.jpg

2019082321.jpg
0624、採餌失敗して水際の石へ。
2019082322.jpg

2019082323.jpg

2019082324.jpg
0625、3番枝へ。
2019082325.jpg
0626、竹枝へ。
0629、幼鳥は奔流下流へ飛び去った。

    雨脚は強まり始め、これ以上粘っても成果を得られないと判断。

0635、本日の撮影を終了し撤収。

雨、ローシーリング、光量不足・・・モチベーション、フルダウン。

明日の予報は終日曇り。
今夕も強い降雨が予報されており、明朝もまた振り出しは復旧作業・・・(T^T)

※今季の翡翠撮影は明日でお終い。
来週から半月ほど、例年通り夏休みの予定。

連日の復旧作業

0410 起床、霧雨。
35005KT 1800 -RADZ BR FEW001 BKN002 BKN006 22/22 Q1009 1ST001 6ST002 5ST006
    北の風5kts、視程1,800m 霧雨及び靄
    雲量1/8、雲高100ftの層雲 雲量6/8、雲高200ftの層雲
    雲量5/8、雲高600ftの層雲
    気温22℃、露点温度22℃ 気圧1009Hp
    霞橋水位計:+9cm

    北からの風の影響か、随分と涼しい朝だ。
    昨夜半の雷雨で、霞橋の水位計は一時的に+60cm近く上昇した。
    せっかく復旧させたばかりの河口、作業は元の木阿弥か・・・
    連日の復旧作業で気が重く、出撃意欲を低下させる。

0450、出撃。
    現像して2100x1400pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0455、河口現着。
    おや・・・
    全ての止まり木は流失することも倒れることもなく立っていた。
    昨日造成した人工堰も軽微な被害を受けただけ。
    河口における水位上昇は約30cm程度で済んだようだ。
    川幅が2倍近くなったことで、大量の雨水流入に対する許容量が大きくなったのだろう。

0500~0520、補修作業

0536、竹枝に幼鳥飛来するもすぐに本流上流へ飛び去った。

0601、再び竹枝に幼鳥飛来、すぐに竹林へ。

2019082201.jpg
0603、2番枝へ。
2019082202.jpg
0604、採餌失敗して青石へ。
2019082203.jpg

2019082204.jpg

2019082205.jpg

2019082206.jpg
0606、小魚をゲットして3番枝へ。
2019082207.jpg

2019082208.jpg

2019082209.jpg

2019082210.jpg
    お魚の唇を咥えてる・・・落っことしそうだなぁ・・・
2019082211.jpg

2019082212.gif
    あぁ・・・案の定、落っことしちゃった・・・
2019082213.jpg
0608、無事回収。
2019082214.jpg

2019082215.jpg

2019082216.jpg
    いつも思うんだけど、この垂直上昇能力、凄いよな。
    まるで最新鋭戦闘機並みだよ。

2019082217.jpg

2019082218.jpg

2019082219.jpg
    3番枝では叩きにくいのか、小魚を咥えて4番枝へ。
2019082220.jpg
0612、幼鳥は霞上流へ飛び去った。

0630、3番枝に幼鳥飛来。

2019082221.jpg
0631、採餌失敗。
    小石と水草をゲットして2番枝へ。

2019082222.jpg

2019082223.jpg

2019082224.jpg

2019082225.jpg

2019082226.jpg
0633、幼鳥は竹枝へ、そしてすぐに本流上流へ飛び去った。
2019082227.jpg

0714、本流上流から下流水路方向に向け翡翠通過。
    直後、竹枝に幼鳥飛来。

2019082228.jpg
0716、2番枝へ。
    先ほど飛来した幼鳥とは別個体のようだ。

2019082229.jpg
    すぐにダイブ、小魚をゲットして3番枝へ。
2019082230.jpg

2019082231.jpg

2019082232.jpg

2019082233.jpg

2019082234.jpg

2019082235.jpg

2019082236.jpg

2019082237.jpg

2019082238.jpg

2019082239.gif
0717、採餌失敗して青石へ。
    そしてすぐに、霞上流へ飛び去った。

    その後は1時間半以上全く飛来せず。

0900、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
合流点でザリガニをゲットしたアオサギ。

2019082240.jpg

昨日の爆発に比べりゃ貧果。
でもこのくらいの方が後処理が楽でいい。
これくらいがちょうど良いんだよ。
でも、もうちょっとダイブして欲しいかな(^^;)

明日の予報は終日曇りだけど、ちょうど鳥撮りの時間帯だけ雨が降るかも。

今シーズンはフィールドの復旧作業で明け暮れている。
疲れるので毎日ぐっすり眠れるんだけどさぁ・・・
いい加減にして欲しいよな。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】