十勝川温泉2日目

昨夜はとても寝苦しかった。
空調の調子が悪いのか、床についてから1時間くらいは暑くて暑くて・・・
その後は快適な室温になったんだけどね。
このあたりも、快適にもてなすという面からは不合格。

さて2日目、まずは朝食から。

DSC_0065.jpg
DSC_0066.jpg
DSC_0067.jpg
DSC_0068.jpg
朝食については特に言うこともなし、特段旨いとも不味いとも言えず。

食後のんびりしてから、近くにある公園へ。

DSC_0069.jpg
直径が10m以上もある大きな花時計が見事。
DSC_0072.jpg
でも他には何もない。
いや、足湯があったな。
公園を後にして展望台へ。
広大な十勝平野を一望。
晴れていたら良かったんだけど~。

DSC_0075.jpg

その後はクルマで2時間ほどの新得町へ。
ここはお蕎麦で有名とのこと。
小さな町の小さなお蕎麦やさんに入ったのだが、なんと満席!
しかも順番待ちのお客さんもいるほど。
確かにお蕎麦は美味しかった。
で、ひとつ気づいたことが・・・
だっくは天ざるを注文したのだが・・・天つゆがない!
北海道では、どうやら天つゆと蕎麦つゆの区別がないようだ・・・
熱々の天ぷらを冷たい天つゆにつけて食べるらしい・・・
お店が混んでいたので撮影は出来ず。

食後は新得町No3観光スポットの屈足ダム(くったりだむ)へ。
ここでも不思議なことが。
国道を走っていると、見逃してしまいそうな小さな標識が1個だけ。
その標識を頼りに右折したのだが・・・その先の農道には何の案内もなし。
道に迷ってしまった。
だめだこりゃ・・・諦めて帰ろうと元の道に戻ったが、ひょっとしてこっちかも?と勘を頼りに進むと・・・

DSC_0080.jpg
ふぅ・・・やっと見つけたよ。
観光スポットならそれなりに分かりやすくしておけよな~。

DSC_0081.jpg
DSC_0085.jpg
東屋があったり藤棚があったり、芝は綺麗に刈られ花壇もよく手入れされていた。
こんなに良いところなのに案内不足で、観光客は誰もいなかった。
公衆トイレが不潔だったのが残念!

この後は再び宿へ。
ほとんど誰も走っていない道路をスイスイ~!
一般国道なのに、まるで高速道路のようだった(^^;)

さて夕食。

DSC0088.jpg
DSC_0089.jpg
DSC0090.jpg
DSC_0091.jpg
この牡蠣は旨かった。
DSC_0094.jpg
DSC_0095.jpg
DSC_0096.jpg
黒毛和牛じゃないけど、このビーフシチューもとても美味しかった。
しかし・・・カップにたっぷり・・のように見えるけど、これがえらい上げ底!
そこまで上げ底にしなくてもいいだろうに・・・

DSC0097.jpg
DSC0098.jpg
ご飯はいくら丼とウニ丼の選択。
DSC0099.jpg
DSC0100.jpg
だっくはいくら丼を選択したのだが、これが間違い。
こんなレベルのいくら丼出して、恥ずかしくないんだろうかねぇ・・・
最後はデザート。中に入ってるキウイフルーツがイマイチだった。

DSC0101.jpg
一泊3万円以上なんだけど・・・こんなもんかぁ?
というわけで、たぶん二度とここには泊まらないな。

で、この日も空調が変なのか、暑くて寝苦しかった・・・あまりに酷いので、途中で空調を止めた。
外の空気の方がよっぽど快適だぁよ。

十勝川温泉第一ホテル豊洲亭

帰省の主目的である温泉旅行。
今回は帯広、十勝川温泉へ。
宿泊先は十勝川温泉第一ホテル豊洲亭。
実家からはクルマで約4時間ほど。
途中寄り道をしながら、約5時間ほどで到着。

まずはお部屋の紹介。

2015082828.jpg
2015082827.jpg
思ったほど広くはない。
というか、ちょっと狭いかも・・・
パウダールームは

2015082829.jpg
2015082831.jpg
ここも去年の層雲峡のホテルに比べると半分以下。
そして部屋付きの露天風呂は

2015082830.jpg
2015082824.jpg
やはり去年のホテルに比べると半分以下の広さ。
お湯は、少々黒いモール泉。
柔らかいお湯で、これはこれで結構良かった~。
一応源泉掛け流しということになっているが、湯温調整は加水で行う。

部屋やお風呂については、とくに不満があるわけではないが、一昨年の登別、去年の層雲峡から比べるとちょっと格下という感じかなぁ。お値段だけは格上だけど(^^;)

この日の夕食

2015082812.jpg
お品書きはとても立派。
接客は・・・ちょっと慣れていない感じ。
料理は、それなり・・・かな。

2015082801.jpg
2015082804.jpg
2015082805.jpg
2015082806.jpg
2015082807.jpg
2015082808.jpg
2015082809.jpg
2015082810.jpg
2015082811.jpg
一つ一つの素材の味はとても良いんだけど、いまひとつ工夫が足りないというか、味が偏っているというか・・・う~ん・・・美味しいんだけどねぇ・・・

そうそう、豊洲亭の3Fにはプレミアムラウンジがあって、宿泊客は飲み物やケーキ等が無料。
珈琲党のだっくに言わせると、ここの珈琲はコンビニ以下。
部屋備え付けの珈琲メーカーで淹れた珈琲はまずまずだったけど。

ホテル全体としては「頑張ってる」という感じはするんだけど、まだまだ望まれるレベルには達していないというのが、だっくの感想。
ちょっと辛口評かもしれないけど~(^^;)

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】