FC2ブログ

少しずつ、少しずつ

0425 起床、曇り。
18004KT 9999 FEW015 BKN040 19/15 Q1014 RMK 1CU015 7SC040
    南の風4kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高1,500ftの積雲 雲量7/8、雲高4,000ftの層積雲
    気温19℃、露点温度15℃ 気圧1,014Hp
    霞橋水位計:67.07m

    昨日、傷んでいたCM席ブラインドフェンスを常連の皆さんの努力で完全修復した。
    今日から6月、気持ちを新たにして鳥撮りに取り組みたい。
    と言っても鳥撮りはほぼ他力本願、翡翠の機嫌を損ねないよう、静かに待つしかないんだけど(^^;)

0515、出撃。
    現像して2100x1400pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0520、現着。
    AND氏先着済み、フィールドの準備が整えられていた。
    綺麗に掃き清められたCM席、何だか良い予感が\(^o^)/

0545、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0547、本流下流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ通過。

0636、対岸土手越えで♂飛来、2番枝に瞬停して下流ブロックへ。
    カメラから離れていたため間に合わず。
    ♂はすぐに本流下流へ飛び去った。

0645、下流右岸の草に♂飛来。

1
2020060101.jpg
0646、下流側に飛び出しホバリング、ダイブして水棲昆虫?をゲットしブロックへ。
2
2020060102.gif
3
2020060103.jpg
4
2020060104.jpg
5
2020060105.jpg
    この後飛び去ってしまうかと思ったら・・・
0648、♂は2番枝へ。

6
2020060106.jpg
    しかしすぐにまた下流ブロックへ。
7
2020060107.jpg
8
2020060108.jpg
0649、合流点の柳へ。
0650、♂は本流上流へ飛び去った。

0700、下流右岸の草に♂飛来。

9
2020060109.jpg
0703、ダイブして水棲昆虫?をゲットし下流右岸ブロックへ。
0704、眼前を通過して堰下ブロックへ。
0708、♂は霞上流へ飛び去った。

0709、1番枝に♂飛来、すぐに下流ブロックへ。
0710、下流右岸の草へ。
0713、♂は1番枝へ、そしてすぐに2番枝へ。

10
2020060110.jpg
11
2020060111.jpg
    至近ダイブを期待したが・・・堰下ブロックへ。
0715、♂は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0739、下流水路から翡翠飛来、CM席前を通過して霞上流へ。

0755、合流点の柳に別♂飛来。
0757、直下にダイブするも採餌失敗。
0815、再び直下にダイブ、水棲昆虫?をゲットして本流下流へ飛び去った。

0834、下流右岸の草に♂飛来。

12
2020060112.jpg
0841、小魚をゲットして左岸水際の石へ。
13
2020060113.jpg
14
2020060114.jpg
15
2020060115.jpg
16
2020060116.jpg
17
2020060117.jpg
0842、♂は霞上流へ。
18
2020060118.jpg
19
2020060119.jpg
    と思ったら急旋回して2番枝へ。
20
2020060120.jpg
    小魚ロックオン!
    ダイブっ!・・・せず・・・(T^T)
0843、♂は霞上流へ飛び去った。

21
2020060121.jpg
22
2020060122.jpg

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
まだ帰らないホオジロ。

23
2020060123.jpg
目の前で小魚をゲットしたササゴイ。
24
2020060124.jpg
25
2020060125.jpg
26
2020060126.gif

超ビビり屋の♂だが、僅かずつながら人慣れしてきているのだろう。
この調子なら、さほど遠くない将来、カメラの前で超至近ダイブを披露してくれるに違いない。
焦らなくて良い、少しずつ、少しずつ。

明日の予報は曇りで、日中には陽が射すようだ。

さて、午後は何をしようか。
とりあえず階段昇降だな。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】